三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

警戒を緩めず、感染防止対策を徹底しましょう

2021.07.16

6月30日に「三重県リバウンド阻止重点期間」を終了し、2週間が経過しました。14日には新規感染者が33人と増加し、引き続き注意を要する状況です。他方、病床占有率等は落ち着いており、現時点では直ちに何らかの措置を講ずるような段階ではありません。一方で、全国的には、東京都に4回目となる緊急事態宣言が発出され、近隣の愛知県や大阪府においても、感染者数が前週を超える日が続くなど、本県としても警戒を緩めることができない状況が続いています。
こうした状況をふまえ、記者会見を通して県民の皆さんに改めて感染防止対策の徹底についてお願いをさせていただきました。

(感染傾向)
直近の感染傾向を見ると、30代以下の方の感染が増加しており、直近1週間(7/8〜7/14)では、新規感染者の約3分の2(65.7%)が30代以下の方となっています。
また、外国籍と思われる方や外国につながりのある方が約半数(46%)を占めています。
感染経路については、家族での感染が43.6%、職場での感染が15.4%、友人間の感染が12.8%、食事会での感染が9%となり、家族や友人など身近なところで感染が広がる傾向があります。
感染された方の症状をみると、7月1日以降に公表した事例において、発症した日に発熱のみの方が11.8%、咳や全身倦怠感、鼻づまりなどの症状のみが出ていた方が28.4%、無症状の方が16.6%と、半数以上の方が軽い症状でした。

(感染防止対策)
こうした状況をふまえ、県民の皆様にご注意いただきたいこととして、ご家族や友人など身近な人たちに感染を広げないために、発熱だけでなく、のどが痛い、体がだるい、鼻水など軽い症状であっても、外出を避けるなど人との接触を減らし、家庭内でもマスク着用や別室で過ごすなどの対策をとり、かかりつけ医など身近な医療機関への早期の相談をお願いします。
若い世代の皆様におかれましては、これから夏休みなどで、普段会わない人と会う機会も増えると思われます。友人や親族と久しぶりに会う際には気が緩み、感染防止対策がおろそかになってしまうことも考えられます。また、イギリスの事例では、ワクチン接種を行っていない若い世代で、感染者の増加が報告されています。
会話をする場合は食事中であってもマスクをする、屋内はもとより屋外であっても大人数や長時間となる飲食は避けるなど、今一度、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。
併せて、ワクチンを既に接種された皆様におかれましても、ワクチン接種による感染予防効果を示唆する報告もありますが、多くの人がワクチンを接種するまでには、いましばらく時間を要しますので、引き続き、マスク着用、手指消毒など感染防止対策をお願いします。
感染防止対策として、マスクの着用や換気は非常に効果的で重要ではありますが、今後、気温が高い日が続くことが予想されますので、屋外では人との距離をとってマスクを外す、室内ではエアコンや扇風機などを適切に使用しながら換気を行うなど、熱中症にも十分注意してください。
また、外国籍と思われる方や外国につながりのある方の感染が増加しています。第4波の際には、事業所などにおいて構造的に対策が実施できておらず、感染が広がったケースがありましたが、現在の感染状況においては、事業所以外での感染もみられます。言語の違い等により感染防止対策にかかる情報が届かないことのないよう、改めてコミュニティやSNSを通じ、感染防止対策について多言語での情報発信を行ってまいります。

(ワクチン接種について)
ワクチンの接種については、公的機関が発信する情報の他にも、SNS等において科学的根拠や発信者の不明な情報が多くみられます。ワクチンの安全性や効果は臨床試験などにより確認されており、アメリカにおいて、感染者のうち入院が必要な人の99.9%、亡くなった方の99.2%がワクチンを接種していなかったという報告もあり、ワクチンの効果が表れているものと考えられます。高齢者接種に続き、若い世代の皆様への接種の機会も広がっていますので、ご自身や大切な方を守るためにも、希望される方はワクチン接種の機会を積極的にご活用いただきますようお願いします。
また、SNSやインターネットなどで不安を掻き立てるような情報を見聞きした場合でも、そのまま信じるのではなく、科学的根拠があるか、情報源は信頼できるものであるかなど、確認をお願いします。県や国でもホームページ等で情報発信するとともに、相談窓口も設置していますので、ご活用をお願いします。

(人権への配慮)
繰り返しとなりますが、感染された方、そのご家族、クラスター発生施設やその関係者の皆様、医療機関の皆様、県外からお越しになられた方、外国人住民の方などに対する誹謗中傷、偏見や差別につながる行為は絶対に行わないでください。また、ワクチン接種は希望者の同意に基づき行われるものであり、職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に対する誹謗中傷、偏見や差別につながる行為は絶対行わないでください。

感染力が強いとされるデルタ株への置き換わりや、感染者が増加している東京都からの拡がりが懸念される中、7月22日からの4連休、夏休み、お盆など人の移動が増加する時期となります。また、オリンピックの開会が迫り、続いてパラリンピックも開催されます。
まずは、普段の生活の中で、ご自身の体調にはこれまで以上に気を配るとともに、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。
そのうえで、感染が拡大している地域への移動を避けることや、密集、密接、密閉のどれか一つにでも当てはまる場面は避けることなどを意識し、特にオリンピックやパラリンピックをご家族以外で大人数、長時間観戦することは極めて慎重に検討をお願いします。

県としても感染防止対策とワクチン接種を両輪として対策に取り組んでまいりますので、引き続き一緒に取り組んでいただくようお願いします。



三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2021年07月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


ページのトップへ戻る