三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

熱中症予防について、県民の皆さんに注意喚起をさせていただきました

2021.07.14

 日に日に暑さが厳しさを増しています。13日の中で15時までの最高気温は三重県桑名市で35.4℃と日本で一番暑い瞬間で、猛暑日になりました。改めてになりますが、13日の記者会見において、県民の皆さんに注意喚起をさせていただきました。熱中症を予防するため、次の3点について、特にご留意ください。

@外出時は、日傘や帽子を使用し、通気性の良い服装を心掛け、こまめに休憩をとってください。
Aどこでも水分補給ができるよう飲み物を持ち歩き、のどが渇く前にこまめに水分を補給してください。
B室内では、扇風機やエアコンを使用して温度を調整してください。新型コロナウイルス感染症を予防するために、冷房時であっても換気を確保する必要がありますが、この際に室温が高くならないよう、注意してください。

 熱中症は、暑さを避け、水分や塩分を適宜補給するなどの適切な行動により、十分に防ぐことが可能ですが、マスクを着用することで、体内に熱がこもりやすくなるとともに、のどの渇きを感じにくくなります。
屋外で人と2メートル以上離れているときは、マスクを外すなど「熱中症予防」と「新型コロナウイルス感染対策」の両立をお願いします。
 また、熱中症への注意が必要な幼児や高齢の方には、周囲の方の見守りも重要であり、外出するときはもちろん、室内にいるときも自分自身や周囲の人に気を配り、熱中症予防に努めてください。

 なお、本年4月から、熱中症の予防行動を促すことを目的として、環境省と気象庁による「熱中症警戒アラート」が運用されており、13日には愛知県、広島県、 島根県、大分県、長崎県、沖縄県八重山地方に発表されました。
 「熱中症警戒アラート」が発表された場合には、報道機関の天気予報などで知ることができます。
発表された際は、不要不急の外出は避け、昼夜を問わずエアコンを使用するなど、普段以上の熱中症予防行動を実践してください。

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2021年07月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


ページのトップへ戻る