三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

まん延防止等重点措置区域の一部変更を検討しています

2021.06.11

まん延防止等重点措置が適用され、1か月が経過しました。この間、厳しい要請に対しご協力をいただいている県民の皆様、事業者の皆様に感謝申し上げます。
県内における感染状況はまん延防止等重点措置の適用時点と比較すると、新規感染者は減少傾向が続いているものの、いまだ多数の感染者が発生している地域もあります。また、病床占有率は政府分科会の示すステージVを下回るまでには至っておらず、重症者も引き続き発生しています。
本県においては期限である6月20日までしっかりと対策に取り組み、生活、経済で関わりの深い愛知県、岐阜県との面的、広域的な対応により、3県が一体となって徹底的に感染を抑えこんでまいります。
なお、地域における感染状況などをふまえ、重点措置区域について一部変更をさせていただく予定です。具体的には、四日市市については、人口10万人あたりの新規感染者数の直近2週間の平均がステージVの目安である15人を上回り、直近1週間の県内の新規感染者の約35%を占めていることから、これまでと同様に重点措置区域とします。桑名、鈴鹿、伊賀各保健所管内の6市5町については重点措置区域から除外したいと考えています。変更については、11日のコロナ対策本部員会議で決定します。

(感染防止対策)
まん延防止等重点措置は三重県全域が対象です。6月20日までの期間内に何としても感染を抑え込むため、暑い時期となってまいりましたがマスクの着用、換気など基本的な感染防止対策の徹底をお願いいたします。併せて、県境を越える移動は避ける、20時以降にみだりに飲食店に出入りしないなどご自身の行動についても今一度徹底していただくようお願いいたします。また、事業者の皆様におかれましては、地域や業種の特性に合わせ在宅勤務を進めていただくなど人と人との接触機会の低減にご協力をお願いいたします。

(人権への配慮)
繰り返しとなりますが、感染された方、そのご家族、クラスター発生施設やその関係者の皆様、医療機関の皆様、県外からお越しになられた方、外国人住民の方などに対する誹謗中傷、偏見や差別につながる行為は絶対に行わないでください。また、今後は職域での接種も開始されるなどワクチン接種が進んでまいりますが、ワクチン接種は希望者の同意に基づき行われるものです。職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に対する誹謗中傷、偏見や差別につながる行為は絶対行わないでください。

病床占有率や重症者用病床占有率は、減少してはいるもののまだまだ楽観視できる状況ではなく、ここで、しっかりと対策を続けることにより、医療体制への負荷を軽減し、ワクチン接種を着実に進めなければなりません。県としてもしっかりと対策を行ってまいりますので、あと一息、ぜひオール三重で一緒に感染防止に取り組んでいただきますようお願いいたします。

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2021年06月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


ページのトップへ戻る