三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

県独自の対策として、飲食店に対する営業時間の短縮要請を行うこととしました

2021.04.24

23日の新型コロナ感染者数は前日の過去最多に迫る67人となり、重症病床占有率も32.1%に上昇するなど、非常に厳しい状況が続いています。このため、これまで緊密に連絡を取り合っている西村大臣と協議した上で、まん延防止等重点措置について事務方での協議を開始しました。これに関連して、有識者で構成する「三重県まん延防止等重点措置対策検討会議」を新たに設置し、25日に第1回会議を開催いたします。
そして、いわゆる第4波を長くしない、これ以上大きくしないために、まん延防止等重点措置を含む、より強い措置を検討するため、26日10時から県コロナ対策本部会議を開催します。

より強い措置として、感染の入口を食い止めるため、県独自の対策として、飲食店に対する営業時間の短縮要請を行うこととしました。対象は県全域で、営業時間は20時まで、期間は26日から5月11日までとする予定です。開始日については、28日まで猶予期間を設ける予定です。協力金は1日あたり2万5千円から7万5千円とする方向で、詳細は26日の会議で決定します。また、飲食店以外の事業者の皆様も、緊急事態宣言が全国で出されることなどにより、更に深刻さを増すことから、事業者支援の抜本的強化を国に要請していきます

また、人口10万人あたりの感染者数が国が示すステージW(25人)を超えて32.6人となった四日市市の森市長と非公式でWEB会議を行い、次の2点について一致しました。

@まん延防止等重点措置を含む、より強い措置が必要なこ
A四日市保健所の人的支援を行うこと

特に保健所体制は、感染者数増加とともにワクチン接種が本格化することから、ひっ迫しており、これまで抑え込みができていた案件ができなくなる恐れが危惧されることから、県として支援について検討を進めています。

引き続き、関係団体、国や市町、近隣県などと緊密に連携を取りながら、スピード感を持って対策を講じていきますので、県民の皆様におかれましては、引き続き感染拡大防止にご理解とご協力をよろしくお願いします。


津市における豚熱の発生事案について、全ての防疫措置を完了しました

2021.04.24

津市における豚熱の発生事案については、途中大雨などもありましたが、自衛隊、農林水産省、津市、建設業協会、JA、三重交通など、延べ4,198名の方々に多大なるご支援、ご協力をいただき、殺処分を19日17時58分に、当初の予定よりも5日前倒しで終了し、また、埋却処分及び清掃・消毒を23日16時00分に終え、予定よりも7日前倒しで、全ての防疫措置を完了することができました。

発生以来、県民の皆様、とりわけ発生農場付近の皆様には、防疫措置の実施に伴い、交通面など大変ご迷惑やご不便をお掛けしました。改めて、ご協力いただきました全ての関係者の皆さまに心から御礼申し上げます。

県内の豚やいのししを飼育しているすべての皆様には、次なる感染の防止に向け、豚熱ウイルスを絶対に農場に入れないため、農場の消毒、野生動物の侵入防止など、飼養衛生管理基準の遵守徹底に一層努めていただきますようお願いします。

そのような中でも万が一、飼養している豚等に異状が認められる場合には、家畜保健衛生所は、24時間迅速に対応できる体制を取っていますので、直ちに最寄りの家畜保健衛生所へ通報いただきますようお願いします。

県としましては、引き続き、国や市町等とも連携し、養豚農家の皆さんの不安感や危機感にしっかりと寄り添い、全力で対応を進めて参ります。

なお、豚熱は、豚といのししの病気であり、人に感染することはありません。また、感染した豚の肉が市場に出回ることもありませんし、万が一、感染した豚の肉を摂取しても、人体に影響はありません。県では、食の相談窓口も設置していますので、不安等がある場合は、小さなことでも構いませんので、ご相談ください。

県民の皆様におかれましては、豚肉の購入などに関し、国や県が提供する正しい情報に基づき、冷静に対応していただきますよう、重ねてお願いいたします。


三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2021年04月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ページのトップへ戻る