三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

臨時の記者会見を開き、県民の皆様に再度の感染防止対策の徹底などの協力を呼びかけました

2021.04.23

 22日に公表した新規感染者数は、前日を上回り過去最多となる68人となりました。60人を超えるのは初めてのこととなり、極めて厳しい、最大級の警戒が必要な状況と認識しています。臨時の記者会見を開き、県が実施する更なる対策について申し上げるとともに、県民の皆様に再度の感染防止対策の徹底など協力を呼びかけをいたしました。

(県が実施する対策)
@直近の感染状況をふまえて21日、副知事が県内受入医療機関とWEB会議を開催し、重症者を含めたより一層の受入体制の強化について依頼し、当面の医療提供体制を強化する観点から、4月下旬から5月上旬にかけて、現在の392床から順次増床していきます。
A宿泊療養施設について、現在確保している100床をすでに120床まで増強したところですが、4月中にさらに増室を図るとともに、新たな施設を5月中に確保します。
B昨年度策定した病床確保計画を見直し、5月中を目途に、さらなる感染拡大に備えた医療提供体制を整備します。
C検査体制の強化について、これまで以上に幅広く接触者等に対して検査を実施していきます。また、社会福祉施設や医療機関等の従事者に対する「社会的検査※」を行っていきます。
※感染が増加している地域において、感染者が発生していない施設でもスクリー ニングのために行う検査
D仮に、まん延防止等重点措置を要請していく必要がある場合に、迅速に対処できるよう、感染症、経済、市町の関係者からなる検討会議を今週中に設置します。
E検査体制の強化などを円滑に行えるよう、庁内の体制を整備することとし、クラスター対策情報分析グループについて保健師2名を増員するとともに、保健所にさらなる人的支援を行うため、全庁的な支援体制の構築を進めます。

 県としましても早急に、全力で対策を講じてまいります。
 県民の皆様には、連日のお願いとなり多変恐縮ですが、特にお願いしたい感染防止対策について、改めてご協力をよろしくお願いします。

(感染防止対策の徹底)
 県民の皆様の大切な命に関わる重症者用病床の占有率は、30%台と高水準で推移しており、病床占有率も50%台と引き続き高水準となっています。感染状況がこのままの水準で推移した場合、医療提供体制への負担はさらに増大し、新型コロナウイルス感染症の治療のみならず、通常の医療にも影響する恐れがあります。
 22日に公表した68人のうち、64%(43人)が濃厚接触者や接触者、クラスターに関係する感染であり、また家庭内での感染が約24%(16人)となっています。年代は未就学児から80代までと幅広く感染が確認されています。

 従来株よりも感染力が強いと言われる変異株が増加していることから、県民の皆様におかれましては、今一度、ご自身の感染防止対策の再確認や強化をしていただきたいと思います。家庭や職場など身近なところでの感染が広がっていますので、少しでも体調が悪い場合は人との接触を避け、家の中でもマスクを着用するなど、ご自身や、ご自身の大切な方を守るため、「持ち込まない」「広げない」対策の一層の徹底をお願いいたします。

(人権への配慮)
 繰り返しとなりますが、感染された方、そのご家族、クラスター発生施設やその関係者の皆様、医療機関の皆様、県外からお越しになられた方、外国人住民の方などに対する誹謗中傷、偏見や差別につながる行為は絶対に行わないでください。

(結びに)
 全国的に感染状況が悪化しつつある中、これから移動が活発になるゴールデンウィークを迎えようとしています。4月19日に「緊急警戒宣言」を発出しましたが、このような厳しい状況が続けば、県としてさらに強い措置が必要です。県としても対策の強化を全力で進めてまいりますので、県民、事業者の皆様におかれましても、 引き続き、ともに感染防止対策の徹底に取り組んでいただきますよう、ご理解ご協力をお願いいたします。
会見の様子は下記からご覧いただけます。
https://www.pref.mie.lg.jp/MOVIE/l1000200243.htm

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2021年04月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ページのトップへ戻る