三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

今年も、感染防止対策を万全にした上で、東日本大震災追悼式を開催しました

2021.03.12

「もう10年」なのか、「まだ10年」なのか。
改めて、東日本大震災で犠牲になられた皆様に心から哀悼の誠を捧げるとともに、被災された全ての方々に心からお見舞いを申し上げます。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりましたが、三重県は犠牲者の方がいない県として唯一、追悼式を行っており、今年も、感染防止対策を万全にした上で、被災されて県内に避難されている方や支援されている方々などの参列を得て開催しました。

10年の節目を迎え、感じ方はそれぞれであると思います。
しかし、変わらない事実が2つあります。
一つは、東日本大震災は一瞬にしてたくさんの大切な人や大切なものをうばってしまったこと。
もう一つは、大規模な災害はいつか必ず私たちの目の前に来るということです。
だからこそ、私たちは、
絶対に風化させない、
そして、生きるために備える、
この2つをしっかりと実践していかなければなりません。
10年という年月が経過する中で、被災地にも変わったことと変わっていないことの両方があります。
美味しいトマトや桃、お米、魚。安全で美味しいものがたくさんできるようになりました。
一方で、全国ではまだ、4万人もの方々が避難をされていますし、原発の廃炉作業も終わっていません。
私たち一人一人が被災地の今を正しく知り、正しく伝え、行動していくことが大事です。被災地の様相が多様化してきたからこそ、私たちが支援や交流でできることも、これまで以上に色々とあるのではないでしょうか。

そんな中、新型コロナに見舞われ、被災地の皆さんを支援することや交流することに多くの制約がでてしまいました。しかし、そういう状況にあっても、私たちは支援や交流の手を止めてはなりません。みんなで困難に立ち向かい、心を寄り添わせ、被災地の皆さんとともに歩んでいくことが大切です。

 

改めて、10年の節目に、皆さんと一緒に、
風化させない、
生きるために備える、
この2つを誓い合いたい。
この気持ちを胸に、私の「初心」である防災・減災対策を徹底して行い、県民の皆様の命や暮らしを守る取組を全身全霊をかけて進めてまいります。

pic001

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2021年03月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ページのトップへ戻る