三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

三重県新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し方針を決定しました

2021.01.08

首都圏1都3県に緊急事態宣言が再び発出されたことを受け、8日朝、三重県新型コロナ対策本部を開催し、方針を決定しました。
県内では、8日は42名の感染者が発生するなど、過去最多をたびたび更新しており、大変厳しい状況が続いています。感染状況の特徴として、年末の忘年会や親族の食事会といった飲食の場や帰省を通じて感染し、広がったと見られる事例が発生しています。7月や11月には、まず県外由来や若い世代の感染の割合が高くなり、その後に高齢者の方などに広がり、波が大きくなりました。年末年始も同じように県外由来や若い世代の感染が増えています。
これらのことから、現在の感染者数はピークではなく、今後さらに増加する懸念もあり、爆発的な感染拡大を阻止するためには今がまさに瀬戸際です。県では必要な対策は躊躇なく全力で取り組んでまいりますので、県民の皆さんのお力添えをよろしくお願いします。
(特措法に基づく協力要請) 
このため、最大限の警戒感をもって「持ち込まない」「広げない」感染防止対策を徹底し、感染拡大を抑制するため、『三重県指針』をver.8へと改定するとともに、次の3点について、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく協力要請をさせていただきます。
・飲食時においては、職場の同僚や親しい友人との楽しい交流の時間が少しの気の緩みで取り返しのつかないことになってしまわないよう、感染防止対策を徹底していただき、親族間の集まりであっても「大人数や長時間におよぶ飲食」は避けてください。
・緊急事態宣言が発出されている東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県及び飲食店等への営業時間短縮等の要請がなされているエリアへの移動は生活の維持に必要な場合を除いて避けてください。
・県内でもクラスターが多数発生している医療機関、社会福祉施設や、全国でクラスターが発生しているような施設では改めて感染拡大予防ガイドライン等による感染防止対策の徹底、従業員や利用者の皆様への注意喚起を強くお願いします。
これらの要請期間については、緊急事態宣言の期間にあわせて2月7日までとさせていただきますが、このまま感染者の増加が続く場合、期限を待たずにさらに強い措置、例えば飲食店等への営業時間短縮要請やそれに伴う夜間の外出自粛などをお願いせざるを得ない可能性もありますので、そういった状況にならないようお力添えをお願いします。
(1月9日からの3連休)
9日からの3連休には県内各地で成人式が開催され、時期をずらした帰省を予定されている方も多くいらっしゃるかと思います。式典に参加される際には感染防止対策を徹底していただき、前後の懇親会について大人数や長時間にわたるものは避けてください。また少しでも体調が悪い場合には移動、そして参加自体を避けていただきますようお願いします。
(医療提供体制)
医療機関にこれ以上負荷がかかり、必要な方が必要な治療が受けられない状況にならないよう、医療機関にご協力いただき、確保病床を349床から357床に増床したところであり、さらに増やすよう努力していきます。また宿泊療養施設の積極活用と自宅療養の併用を図るなど、医療提供体制を確保していきます。また最前線で頑張っていただいている医療機関に対する財政支援も行っていきます。
(経済対策)
県民の皆さんの命とともに、暮らしも守らなければなりません。緊急事態宣言の発出やGoToトラベル事業の一時停止の延長によって多くの中小企業、小規模事業の皆さんに影響が出ることが想定されます。県としても、資金繰りや雇用を守る支援が行えるよう、14日に緊急経済会合を開催し、事業者の皆さんに寄り添った取組を検討、実施してまいります。
(偏見や差別の根絶)
繰り返しとなりますが、感染された方、そのご家族や勤務先、クラスターが発生している施設の職員や利用者、医療従事者やそのご家族、外国から帰国された方や日本に居住する外国人の方、県外在住の方に対して、偏見や差別につながる行為、人権侵害、誹謗中傷は絶対に行わないでください。
(結びに)
コロナで悲しい思いや不安な思い、辛い思いをする人をこれ以上増やしたくありません。県民の皆さんにはこれまでもご努力についてお願いしてきましたが、その努力は必ず報われる、そう信じています。
今がまさに爆発的な感染拡大を阻止するための瀬戸際の状況です。苦しい期間が続きますが、県として全力で取り組んでまいりますので、県民、事業者の皆さんにおかれましても、ご自身や大切な人の命と健康を守るため、感染防止対策の徹底について、引き続きご理解とご協力をお願いします。
(8日の呼びかけは下記からご覧いただけます)

1都3県への緊急事態宣言発出を受けて

2021.01.08

7日、政府より東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に対し、緊急事態宣言が発出されました。東京都では過去最多となる2,447人の新規感染者が発生しており、宣言の対象となった1都3県で全国の感染者数の半数近くを占めています。都市部での感染拡大が続くと、地方へも波及し、これまで以上に感染が拡大することが懸念されます。
本県においても、新規感染者が増加しており、5日、6日は30名を超え、7日も27名の新規感染者を公表させていただくこととなり、大変厳しい状況が続いています。こうした状況をふまえ、県としては8日朝、新型コロナ対策本部会議を開催し、主に以下の対応について決定、指示をいたします。
しかし、現在のような状況が続けば、更に強い措置をとらざるを得ない局面になります。県民の皆様におかれましては、これ以上の拡大を食い止めるため、ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。

(特措法に基づく協力要請)
特措法に基づく要請として、現在の「三重県指針ver.7」を改訂し、
・緊急事態宣言の対象区域となる東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県への生活の維持に必要な場合を除く移動を避けていただくこと
・大人数や長時間におよぶ飲食については、感染リスクが高くなるため参加を避けていただくこと
・医療機関、社会福祉施設やその他全国でクラスターが発生しているような施設における感染防止対策の徹底
を、お願いいたします。

(医療提供体制等)
今後、感染が拡大していくことも懸念される中、病床の更なる確保や国の事業なども活用した医療機関への財政支援について検討しており、具体的な内容について本部員会議で公表させていただきます。

(経済対策)
GoToトラベル事業の一時停止に加え、緊急事態宣言が発出されたことなどから、観光地においては大きな影響があり、旅行業、宿泊業、公共交通機関だけでなく飲食店や食材を提供する農林水産業、土産物店など周辺の産業へも大きな影響が生じています。こうしたことから、近日中に緊急経済会合を開催し、現場の声も聞きながら、観光業のみならず様々な業種の中小企業に対する具体的な支援策を検討し、実施するよう指示を行います。    

(教育) 
冬季休業が終了し、学校が再開されることに伴い、部活動を含む学校での生活や、普段の生活について、児童・生徒・教職員に対し感染防止対策の徹底や注意喚起などについて指示を行います。

pic001


三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2021年01月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ページのトップへ戻る