三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

「三重県における観光による地域活性化に関する連携協定」を締結しました

2020.11.17

全国初の協定締結、そしてモデル事業により、観光による地域活性化の取組を具体化、加速化します。
16日、百五銀行、第三銀行、桑名三重信用金庫、地域経済活性化支援機構(REVIC)と三重県の5者で、「三重県における観光による地域活性化に関する連携協定」を締結しました。
三重県が世界に誇る地域の魅力を次の世代に引き継ぎ、観光の活力を国内外から地域に取り込むことで地域の持続可能な発展につなげていくためには、将来を担う人材を育て、地域が主体となって観光地づくりに取り組むサイクルを構築する必要があります。
特に、新型コロナの影響で観光産業は深刻な影響を受けている中において、地域経済が直面する構造的な課題に向き合い、具体的な事業化を後押ししていくことが急務となっています。
このため、8月には私自身がREVIC本社を訪問するなど調整を進め、鳥羽相差地域を対象として全国初となるモデル事業を実施することを決定いたしました。
また県内の3つの金融機関にもこのような観光地づくりに賛同いただき、総額2.5億円の「観光遺産産業化ファンド」への出資を決定いただいたことで「オール三重」の体制が整い、連携協定の締結に至ったものです。
協定は、REVICの「観光遺産産業化ファンド」のスキームによる支援を通じて、持続可能な観光地づくりによる地域活性化のモデル構築を目指すことを内容としており、このような協定を結ぶのは都道府県で初めてとなります。
まずは、伊勢、鳥羽、志摩の関係者とともに協議会を1月に立ち上げ、「観光遺産産業化ファンド」による第1号の県内投資を年度内に行うことを目指して、スピード感を持って取り組んでいきます!





三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ページのトップへ戻る