三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

熊野川河口大橋記念碑除幕式にお邪魔しました

2020.09.06

9年前に私たちに大きな被害をもたらした紀伊半島大水害。改めて亡くなられた方々に哀悼の意を表します。あの時、三重県と和歌山県の境である熊野川が暴れまくりました。二本あった熊野大橋は通行止めとなり、私たちは分断されました。私も知事就任1年目でしたし、あの時のことは様々なシーンを今も鮮明に覚えています。
あの時のような事態を二度と起こさないためにも、地域みんなの悲願であった熊野川河口大橋が現在建設中です。その建設の記念碑の除幕式にお邪魔しました。題字を揮毫していただいた二階幹事長にもご出席いただき、少人数でしたが、盛大に開催され、私も感慨深い気持ちでいっぱいでした。
また、強い勢力の台風が近づいています。私たちは、経験した災害の教訓を活かし、防災対策を深化させていかねばなりません。命あってこそ。引き続き全力で取り組みます。

記念碑除幕式の写真1

記念碑除幕式の写真2

記念碑除幕式の写真3

記念碑除幕式の写真4

「みんつく予算」へ多数の事業提案をいただきました!

2020.09.06

三重県独自の県民参加型予算「みんなでつくろか みえの予算」(みんつく予算)について、今年度は新型コロナに関することに特化して、8月31日まで事業提案を募集したところ、昨年度の提案数(229件)を大きく超える320件の提案をいただきました。多数のご応募をいただきましたことに、心から感謝申し上げます。

提案していただいた方をみますと、20代から50代を中心に、最年少は18歳、最高齢は82歳の方から提案をいただいており、また県内の方だけでなく、県外、国外の方からも提案をいただき、幅広い層の皆さんに関心を持っていただいたものと考えています。
提案内容としては、「地域経済の再生と進化」に関する提案を多くいただきました。新型コロナウイルス感染症による経済への影響が深刻化する中、経済の再生・活性化について、皆さんの関心が高まっていることが反映されているものと受け止めています。

提案件数が昨年度と比較して100件程度増加したことについては、
・新型コロナウイルス感染症に対する皆さんの関心が高いこと
・みんつく予算が2年目となり、定着しつつあること
・積極的な周知(職員が大学等に足を運ぶ、関係団体等への声掛け)
などが考えられます。
 現在、所管部局において、事業構築に向けた検討をしていますので、所管部局の頑張りに期待したいと思います。

記者会見の写真
 

新型コロナウイルスについてNo.111

2020.09.06

5日発表の400〜424例目についてです。
400例目は鈴鹿市の特別養護老人ホーム伊勢マリンホーム関連のクラスター、401〜423例目の23件は鈴鹿厚生病院関連のクラスターで、新規事例は424例目の1件のみです。鈴鹿厚生病院のクラスターは合計34名となり、三重県で発生したクラスターとしては最大規模となり、大変深刻に重く受け止め、危機感を強く持っています。引き続き、国のクラスター対策班とも連携し、今後県内医療機関等における感染防止対策につなげていきたいと考えています。他方、1日あたりの発表件数が2日続けて2桁を超えていますが、2日間合計36件のうち、35件が2つのクラスターに関するもので、限られた施設や病棟内での感染となっていますので、県全体の感染状況としては、減少傾向にあります。県民の皆様には、引き続き日頃からの基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

特別養護老人ホーム伊勢マリンホームについては、検査対象の方の検査は全て実施済みでしたが、健康観察を行っている中で、発熱等の症状があった方に対して改めてPCR検査を行ったところ、新たに1名陽性が確認されたものです。

鈴鹿厚生病院については、現時点で病院職員等と入院患者を合わせ、現時点で対象者全員となる119名の検査を行い、陽性34名、陰性85名(未検査はゼロ)となっています。今後、当該病棟及び他の病棟で勤務する職員や入院患者についても、体調等を中止しつつ、引き続き保健所が調査を進め、随時検査を実施するとともに、健康観察を行っていきます。なお、面会は制限されており、入院患者は原則外出できませんので、入院患者から外部への感染拡大の可能性は非常に低いと考えています。

424例目の方は、三重大学医学部の学生で、実習前の検査で陽性が確認されたもので、現時点では同大学で発生したクラスターとの関連はないと考えています。

個別事例の詳細は下記からご確認いただけます。
https://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/m0068000066_00014.htm

特別養護老人ホーム伊勢マリンホーム関連
 <400例目>
 〇90代、男性、鈴鹿市、無職
 〇症状・経過
・8/30検体採取、陰性を確認
・9/3発熱37℃台、検体採取
・9/4発熱36℃台、陽性判明
 〇外部との接触はなく、感染拡大のおそれのある行動歴は確認されていません。

鈴鹿厚生病院関連
 <401例目>
 〇40代、女性、鈴鹿市、看護師
 〇症状・経過
・9月2日 嗅覚障害
・9月3日 検体採取
・9月4日 陽性判明
 〇感染の可能性のある期間は、出勤以外の外出はなく、公共交通機関の利用もありません。
 〇同居家族3名が濃厚接触者で、検査の結果、すべて陰性でした。

 <402例目>
 〇50代、女性、津市、看護助手
 〇症状・経過
・症状なし
 ・9月3日 検体採取
・9月4日 陽性判明
 〇感染の可能性のある期間は、出勤以外の外出はなく、公共交通機関の利用もありません。
 
<403〜423例目>
 〇いずれの方々も60代〜80代、鈴鹿市、無職です。症状・経過は県HPをご覧ください。
 〇医療機関に入院されていることから、外部との接触はなく、感染拡大のおそれのある行動歴は確認されていません。

<424例目>
 〇20代、男性、津市、学生
 〇症状・経過
 9月3日 検体採取
 9月4日 陽性判明。県内の医療機関に入院。
 <現在の症状>症状なし
〇行動歴等
・県外訪問歴 なし
 ・県外の方との接触歴 なし
 ・行動歴 
  9月1日〜3日 自宅
・公共交通機関の利用 なし
 ・マスクの着用 あり
〇接触者調査(9月5日時点)
・濃厚接触者 なし
 ・接触者 なし
 

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2020年09月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ページのトップへ戻る