三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

アコヤガイの稚貝のへい死率は44%で、昨年同時期の70%比較すると低い結果となっています

2020.09.01

三重の宝である真珠の養殖貝、アコヤガイ。
8月に実施した調査によると、稚貝のへい死率は44%で前回7月より若干上昇しているものの、昨年同時期の70%比較すると低い結果となっています。
へい死等が落ち着いている理由としては、真珠養殖業者の皆さんが取り組んだアコヤガイに対するストレス軽減を図る取組、例えば高水温対策としてカゴを深く吊るすことや、揺れ対策として超スロー航行を徹底するなどの各種対策が功を奏したためと考えています。
しかしながら、海水温がいまだ高く、貝が衰弱しやすい状態にあると考えられます。こうした状態で貝に揺れや濁り等のストレスが加わるとへい死することも考えられますので、予断を許さない状況にあることに変わりはありません。
ここで気を緩めることなく、大量へい死の阻止に向け、今後も引き続き、各種対策を実施していくことで、現場の皆さんとともにこの難局を乗り越えていきたいと考えています。
なお、へい死等に関する研究報告会は、9月9日に志摩市において、真珠養殖業者全員を対象に、三重県真珠養殖連絡協議会と県水産研究所の共催で開催し、水産研究所が進めてきたへい死等の原因究明に関する試験結果を報告します。
現場の皆様とともに、世界に誇る「三重の真珠」を全力で守っていきます!

pic001

8月3日に発出した県独自の「緊急警戒宣言」を解除させていただきました

2020.09.01

31日、県民や事業者の皆様のご協力によりまして、25日や29日には発表事例がゼロとなるなど感染者数が漸減傾向にあることなどをふまえ、8月3日に発出した県独自の「緊急警戒宣言」を解除させていただきました。一方で、県内でも社会福祉施設においてクラスターの発生が確認されるなど予断を許さない状況にあり、警戒を続ける必要があることから、特措法24条第9項に基づく協力要請を一部継続するとともに追加させていただきました。
あらためて、県民の皆様におかれましては、猛暑の中、適切にマスクを着用するなどの対策、事業者の皆様におかれましては席数を減らすなどの工夫による営業、在宅勤務を活用した接触機会の低減など、お一人おひとりが、ご自身にできる感染防止対策を徹底し、この暑い夏をともに乗り越えていただいたことの賜物であると感謝しています。
そして何よりも、感染症対策の最前線でご尽力いただいている医療関係者の方々には、心の底から敬意を表するとともに、深く感謝いたします。
県としましても、感染者の増加傾向を的確にとらえ、病床数、宿泊療養施設の確保を着実に進めるとともに、地域外来・検査センター、いわゆるPCR外来の設置を進めるなど、検査体制も拡充させています。また、引き続き市町とも情報共有を進め、感染防止対策に連携して取り組むとともに、愛知県、岐阜県、大阪府、滋賀県、奈良県など近隣府県とも、感染状況、感染防止対策について積極的に情報共有を進めていきます。

(特措法に基づく協力の要請)
・県民の皆様におかれましては、県外における繁華街など感染者が多数発生しているエリアにおいて、感染防止対策が不十分な飲食店、クラブ、カラオケ等の利用は自粛してください。
・事業者の皆様におかれましては、全国でこれまでにクラスターが発生している接触を伴う飲食店、クラブ、カラオケ等はガイドライン等に基づき感染防止対策の徹底をお願いいたします。
・医療機関や社会福祉施設、高等教育機関の皆様におかれましては、県内でもクラスターが発生していることから、これまで以上の感染防止対策の徹底をお願いいたします。
(県外への移動について)
・感染者が多数発生している都道府県(※)への移動については、その必要性や移動先について今一度立ち止まって慎重に検討をお願いします。
なお、感染者が多数発生とは、国が示す人口10万人あたりの患者数2.5人を目安と考えており、下記県ホームページからも地図で分かりやすく御覧いただけます。
https://www.pref.mie.lg.jp/covid19.shtm

(直近の感染状況をふまえたお願い)
・40代以上の方の感染も増加していることから、若い世代の方に限らず、すべての世代で感染防止対策を今一度徹底してください。
・食事や宿泊の際は大人数を避ける、会食の際は向かい合って座ることを避け短時間にするなど、長時間、近距離で会話を行う環境をさけてください。
・県外の企業との取引が多い事業所や不特定多数の方の訪問が多い事業所においては、従業員の健康管理や事業所内の感染防止対策を徹底してください。
(偏見や差別の根絶)
戦うべき相手は「ウイルス」であり、「人間」ではありません。皆さまの隣人を差別、誹謗中傷してもウイルスは無くなりません。県民の皆様におかれましては、個人や企業への偏見や差別につながる行為、人権侵害、誹謗中傷等は絶対に行わないでください。
新たな「三重県指針ver.4」の期限は9月30日としています。詳細は下記をご覧ください。
https://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000908225.pdf

pic001

 

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2020年09月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ページのトップへ戻る