三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

青山社中第50回フォーラム

2020.07.30

先日、経済産業省時代の先輩である朝比奈一郎さんが代表をつとめる「青山社中」の、記念すべき50回目のフォーラムにて、オンラインですが講演をさせていただきました。これまで、安倍総理はじめ名だたる方が講演されたフォーラムでしたので、大変僭越でしたが、引き受けさせていただきました。冒頭、小泉進次郎環境大臣に祝辞をいただき、花を添えていただきました。
三重県での新型コロナ対策や、東京一極集中是正に向けた地方分散について、海外の事例も交えてお話させていただきました。また、「コロナショック後の日本列島改造論」は、地方における、通信インフラ、防災・減災・強靭化、医療、教育であることも申し上げました。
朝比奈 一郎さんは、1つ上の先輩で大変お世話になった方ですが、公務員改革についてともに取り組んだ同志で、今は日本随一の、坂本龍馬のような政官民をつなぐコーディネーターであり、吉田松陰のような次世代育成に取り組む、素晴らしい方です。

新型コロナウイルスについてNo.70

2020.07.30

29日発表しました延べ91例目の方についてです。名古屋市内を訪問した3日後に発症されており、職場において県外から来られた方との接触がなかったかどうかも含め、現在調査を行っているところです。
また、これまで感染が確認された方のうち、57、58、65、67〜74、76例目の県内における接触者の検査を終了し、陽性が確認された事例を除いてすべて陰性を確認しました。
引き続き、事例一つ一つについて、感染経路の把握に努めるとともに、接触者調査を徹底的に行ってまいります。
事例の詳細は下記の県ホームページからご確認いただけます。
https://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/m0068000066_00002.htm
<91例目>
○30代、女性、鈴鹿市、会社員
○症状・経過
7月18日(土)咽頭痛、咳、鼻づまりの風邪症状出現
  20日(月)症状継続し医療機関Aを受診
  24日(金)発熱(40℃)のため医療機関Bを受診
  25日(土)〜26日(日)咳、頭痛、倦怠感
  27日(月)発熱(37℃)、風邪症状継続のため医療機関Aを再受診、医療機関Cを紹介され受診、検体採取
  29日(水)検査の結果、陽性判明
  30日(木)県内の医療機関に入院調整中
※現在の症状は、軽症〜中等症(咳、頭痛、味覚障害、嗅覚障害)
○行動歴
7月15日(水)家族と自家用車で名古屋市内を訪問
  16日(木)、20日(月)、22日(水)出勤
  21日(火)医療機関Dを受診
  22日(水)家族の付き添いのため医療機関A訪問
  25日(土)家族行事を観覧
・16日以降の外出は、上記行動歴と医療機関の受診時以外は、近所への買い物のみです。
・7月24日の医療機関B受診時にタクシーを利用しています。
・公共交通機関の利用はありません。
・日頃からマスクを着用しています。
○接触者調査
・現時点で特定されている濃厚接触者は同居家族1名、接触者は医療機関Aのスタッフ1名であり、引き続き調査を進めていきます。濃厚接触者については保健所が調査し、検査を実施するとともに、健康観察を行います。

アコヤガイのへい死を食い止めるための更なる対策を講じます

2020.07.30

三重の宝である真珠養殖貝、アコヤガイのへい死を食い止めるため、更なる対策を講じます。
7月9日から実施したアコヤガイのへい死等を把握するアンケート調査では、真珠養殖業者の皆さんのご協力により、回答率が6月に実施した調査の2倍以上となる85%になりました。
アコヤガイのへい死率については、稚貝のへい死率が41%と前回調査(36%)から大幅な上昇がみられていないことから、現在のところ、稚貝のへい死等は小康状態にあると考えていますが、予断を許さない切迫した状況にあることに変わりはありません。
へい死等が落ち着いている理由としては、6月下旬からの海水温の低下や、餌となるプランクトン量の増加により環境条件が改善したほか、真珠養殖業者の皆さんが取り組んだアコヤガイに対するストレス軽減を図る各種対策が功を奏したためと考えています。
通常のへい死率の範囲内にあった、2年貝(9%)や3年貝(15%)についても、異常なへい死は見られていないものの、切迫した状況にあると考えています。
県では、これ以上へい死等を拡大させないため、「三重県真珠養殖対策会議」において、生産現場で実施可能なストレス緩和対策等の徹底をお願いするとともに、水産研究所において、へい死等の原因究明のための研究を進めています。
具体的には、淡水・塩水処理、飼育密度、振動(引き波)、光刺激などの飼育状況や環境がアコヤガイに与える影響を調査するとともに、感染性確認試験や病理組織検査を行っています。
研究結果については、一部の研究は9月以降も引き続き行うこととしていますが、多くの研究及び検証結果を、8月末にはお示しできるよう進めています。
また、7月22日に発表された気象庁の3か月予報では、「8月〜10月の平均気温は、高い確率50%」と予報されており、昨年同様、今年も暑くなる可能性が高いため、今後、海水温の急上昇が予想されます。
そのため、酸素量を確認しながら、水深10m以上の深い漁場に貝を移動させるなど、過去の観測値から海水温が28℃以上になりにくい5mほどの深さに垂下(すいか)する対策について準備を進めていただくよう、7月22日に発行した「アコヤ養殖環境情報」で情報提供を行いました。また、同対策については、本日、改めてLINEやFAX、水産研究所のホームページを活用し、県内全真珠養殖業者に周知します。
これからが夏本番で海水温も高くなり、貝にとって過酷な環境になってきます。気を緩めることなく、大量へい死の阻止に向けた様々な対策や原因究明のための研究を、今後も引き続き実施していくことで、現場の皆様とともにこの難局を乗り越え、世界に誇る「三重の真珠」を全力で守っていきたいと考えています。
https://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0025100050.htm


新型コロナウイルスについてNo.69

2020.07.30

29日、1日あたりの感染者数が過去最多の10名となりました。医療提供体制の確保状況が3月や4月の「第1波」の時とは違うものの、感染者数では間違いなく「第2波」と考えられます。毎日の記者会見でも申し上げておりますが、県行政も強い危機感と高い緊張感をもって感染拡大防止に取り組みます。県民の皆様におかれましても、夏季休暇などで気が緩みがちの季節になりますが、改めて「うつらない」「うつさない」対策の徹底をお願いします。
特に、直近5日間の感染者26名のうち、約8割が、名古屋の繁華街を訪問された方やその接触者です。10・20代の割合も8割を超え、30代も入れれば約9割になります。改めて、名古屋市の繁華街などの感染が拡大しているエリアの往来を避け、それらにおける感染防止対策が十分でない店舗等の利用の自粛をお願いします。

29日発表の86〜90例目についてです。
86,87例目の方は、名古屋市内で飲食店の利用などの訪問歴があります。88、89例目の方は、79例目(30代、女性、四日市市、飲食店(送迎業務、名古屋市内)及び80例目(10代、女性、四日市市、中学生)のご家族です。90例目の方は、79例目及び80例目の濃厚接触者です。

<86例目>
○20代、男性、四日市市在住、会社員
○症状・経過:
7月26日 咽頭痛、頭痛、味覚・嗅覚障害あり。
   27日 症状持続、市内医療機関を受診、検体採取。
   28日 全身倦怠感、味覚・嗅覚異常持続。
   29日 PCR検査結果、陽性と判明。
      県内医療機関への入院。現在、味覚・嗅覚障害のみ継続。

○行動歴
7月17日 名古屋市内の飲食店利用。
   20日〜7月22日 職場で勤務。
   25日 市外の親族宅へ自家用車にて訪問。
・日常的にマスク着用。通勤は自家用車利用。

○接触者調査
 現時点で特定されている濃厚接触者は、患者の親族9名(うち1名は同居家族)です。濃厚接触者については調査を行い、検査を実施するとともに、健康観察を行います。
https://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/patient060_00004.htm

<87例目>
○20代、女性、四日市市在住、会社員
○症状・経過:
7月26日 頭痛あり。
   27日
 発熱、咳、咽頭痛、頭痛、倦怠感、下痢あり。市内医療機関を受診、検体採取。
28日 症状持続。自宅療養。
29日 PCR検査結果、陽性と判明。
    県内医療機関への入院。現在、倦怠感、下痢症状継続。

○行動歴
7月20日〜23日まで職場勤務。
   18日、23日、24日 名古屋市内の飲食店を利用。
25日 市内飲食店を利用。
26日 県内のショッピングセンター、飲食店を利用。
  日常的にマスク着用。通勤時、公共交通機関の利用なし。

○接触者調査
 現時点で特定されている濃厚接触者は、患者の同居の家族2名、友人3名です。濃厚接触者については調査を行い、検査を実施するとともに、健康観察を行います。
https://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/patient060_00005.htm

<88例目>※79例目、80例目の家族
○30代、男性、四日市市在住、飲食店従業員(名古屋市内)
○症状・経過
7月28日 市内医療機関を受診、検体採取。
   29日 PCR検査結果、陽性と判明。
     現在県内医療機関への入院調整中。現在、症状はなし。

○行動歴
・日常的にマスク着用。通勤は自家用車を利用。
・その他、詳細については、現在調査中です。
https://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/patient060_00006.htm

<89例目>※79例目、80例目の家族
○10代、男性、四日市市在住、中学生
○症状・経過
7月28日 市内医療機関を受診、検体採取。
   29日 PCR検査結果、陽性と判明。
     現在県内医療機関への入院調整中。現在、症状はなし。
○行動歴
7月22日 学校登校。
   23日 クラブ活動に参加。
24日 クラブ活動に参加後、家族の送迎で習い事等。
   25日 クラブ活動の参加。
   26日、27日、28日、29日は自宅にて過ごす。
・日常的にマスクを着用。
・その他、詳細については、現在調査中です。
https://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/patient060_00006.htm

<90例目>※79例目、80例目の濃厚接触者
○10代、女性、四日市市在住、中学生
○症状・経過
7月26日 夜間鼻汁あり。
   27日 発熱、頭痛、鼻汁出現。
28日 発熱、咳あり、市内医療機関を受診、検体採取。
29日 PCR検査結果、陽性と判明。
     現在県内医療機関への入院調整中。現在、症状なし。

○行動歴
7月24日 自宅に友人が遊びに来る
  25日 友人宅を訪問
   27日 学校登校
   28日、29日は自宅にて過ごす。
https://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/patient060_00006.htm

県民への呼びかけの写真1

本部員会議の写真

県民への呼びかけの写真2

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2020年07月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ページのトップへ戻る