三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

改めて感染防止対策の徹底や感染が急速に拡大しているエリアとの往来について注意喚起を行いました

2020.07.27

26日感染者5名の発表をし、前日に続いて臨時記者会見を開き、今後も含めた医療体制の状況等について説明するとともに、新規感染者の中で多くを占める若い世代の方向けに、改めて、感染防止対策の徹底や感染が急速に拡大しているエリアとの往来について注意喚起を行いました。直近5日間の感染事例のうち、10・20代の割合が91.7%、県外由来が100%となっています。

(県内の新規感染者の発生について)

三重県では、モニタリング指標を定め、感染拡大の予兆を察知した場合に対策を講じる判断基準としています。直近5日間、新規感染事例、新規感染者の2つについて、水準を上回っています。しかしながら、7月10日以降に発生した県内新規感染については、概ね感染経路が推定できていること、また64例目までの接触者の検査を速やかに実施し全て終了し、既に陽性確認として発表した方以外はすべて陰性であったことから、県内で市中感染が広がっているという状況にはないと考えられます。

入院患者数も19人となり、モニタリング指標の水準に近付きつつあることから、7月23日には、各医療機関に対し受入病床を、緊急事態宣言期間中に確保していた約170床を超えるレベルまで戻すことをお願いし、既に着実に準備が進んでいます。また、今後感染がさらに拡大した場合に備え、それ以上の病床の確保に向けて取組を進めています。

軽症者や無症状者向けの宿泊療養施設についても、提携先のJTBと密に連携し、受入体制の整備に向けて準備を進め、緊急事態宣言期間中を超える約100室確保の目途が立っています。

これらのことから、県民の皆様に対し、今すぐにすべての外出を自粛していただくような段階にはないと考えていますが、新規感染者の発生が続いていることから、引き続き行動にご留意をお願いします。

(県民の皆様へ 移動について)

県民の皆様におかれましては、引き続き、東京都心部等をはじめとする首都圏、愛知県、大阪府のそれぞれの繁華街など、感染者が急増しているエリアとの往来については、極力控えていただきますようお願いいたします。

また、地方都市においても、静岡県浜松市、岡山県岡山市などにおいて、接待を伴う飲食店でのクラスター発生が複数報告されていることから、首都圏等に限らず、県外を訪問される際には、感染防止対策が不十分な飲食店、クラブ、カラオケなどの利用は控えていただくよう、改めてお願いします。

(若い世代の皆様へ)
本県で直近5日間に確認された新規感染者は12人となっており、その感染経路についても、全てが愛知県や大阪府など、県外に由来するものであると推定されます。更に、本県の新規感染者の特徴として、特に10代、20代の若い世代の方が多く、直近5日間の新規感染者のうち、91.7%(7月10日以降の感染者では66.7%)が10代、20代の方となっています。

このため、特に若い世代の皆様におかれましては、軽症や無症状のまま、知らないうちに感染を拡大させないよう、感染を決して人ごとと思わずに、日常生活において「うつらない、うつさない」慎重な行動や、徹底した感染防止対策をお願いします。

また、通勤、通学などで県外との往来が多い方やそのご家族は、感染が急速に拡大している地域との往来で、感染するリスクがあることから、引き続き感染防止対策にご留意をいただきますようお願いします。

皆様ご自身、そして大切な家族や友人、同僚の「命と健康」を守るためには、ウイルスを「持ち込まない」「広げない」ことが大切です。新型コロナウイルスは誰もが、いつ、どこで、感染するかわからないことから、今こそ、ひとりひとりが徹底した感染対策を行っていただきますよう、お願いいたします。

県民への呼びかけの写真1

県民への呼びかけの写真2

県民への呼びかけの写真3

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2020年07月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ページのトップへ戻る