三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

リニア中央新幹線の早期開業に向けた、三重県、奈良県、大阪府の自治体や経済界による建設促進大会でした

2019.12.27

リニア中央新幹線の早期開業に向けた、三重県、奈良県、大阪府の自治体や経済界による建設促進大会でした。

JR東海金子社長、古屋圭司自民党リニア委員長、国交省などたくさんの方にご参加いただき、早期開業の必要性を共有し、「one team」での結束を確認しました。

pic001 pic002

夢眠ねむさん!!ご結婚おめでとうございます

2019.12.25


三重県伊賀市出身で、三重県の観光大使もつとめていただいている、夢眠ねむさん!!
ご結婚おめでとうございます!!
末永くお幸せに!!

全国高校駅伝大会、三重県から出場した、四日市工業、伊賀白鳳、四日市商業、頑張りました

2019.12.23

全国高校駅伝大会、三重県から出場した、四日市工業、伊賀白鳳、四日市商業、頑張りました!!
四日市工業は、三重県新記録でした!!

三校とも、成果も、悔しさもあったと思いますが、これからも頑張ってください!!
伊賀白鳳は、前身の上野工業が、東京オリンピック・マラソン代表の中村匠吾選手の母校です。

本田望結さんにお越しいただきました!

2019.12.18

11月下旬から8日間にわたり伊勢市でロケ。三重県に来られるのは初めてとのことでしたが、気に入っていただけたようで、また家族で来たいとのこと。
 
来年1月2日午後2時〜3時半放送。伊勢神宮・外宮の近くで、昔ながらの風情がある河崎地区にたたずむゲストハウス「とこわか」を舞台にしたドラマ。本田さんは主人公の高校生役、大塚寧々さんやがお母さん役、三重県出身の小倉久寛さんも出演します。 

ご覧になられて、「令和最初の初詣」はぜひ三重県にお越しください。


不妊治療と仕事の両立を応援しようと、全国初の連携協定を締結しました

2019.12.17

不妊治療と仕事の両立を応援しようと、三重県、経営者協会、連合三重、医師会、産婦人科医会、三重労働局で、全国初の連携協定を締結しました。
 
今年夏に実施したアンケートで、本当に切実な声がたくさんありました。913名の治療中の方がご協力いただき、4割以上の方が自由記載に思いを書いていただいてました。10.9%の方が治療のために仕事をやめたと回答され、治療のために正規から非正規に変わった、転職した、働きたいが就労できないなど、治療のために希望通りに働けていない人を含めると少なくとも14%に上りました。治療と仕事の両立が難しいと感じている方も66%。
 
今後は普及啓発のためのシンポジウム、医師による企業向けのセミナーや相談会、当事者同士が支え合うピアサポートの仕組みづくりなど、積極的に取り組んでまいります。

三重県スポーツ特別奨励賞を授与させていただきました

2019.12.10

ラグビーワールドカップの日本代表として、日本として初めてのベスト8に輝いた、三重県鈴鹿市を拠点とするトップリーグのホンダヒートに所属する、具智元(グ・ジォン)選手とレメキ・ロマノ ラバ選手に、三重県スポーツ特別奨励賞を授与させていただきました。副賞は、松阪牛1キロ。来年1月から始まるトップリーグでは、今年記録した過去最高9位より上を目指して頑張ってくれます。しっかり応援します。


第6回「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」の表彰式

2019.12.09

第6回「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」の表彰式で、3人のお子さんの子育てをされてる、ココリコの遠藤章造さんとトークでした。子ども大好き感いっぱいで、テレビと変わらないトークで、とても共感しました。599名からのたくさんの応募の中から受賞された皆さん、おめでとうございました。

子育ては、それぞれの子ども、それぞれの家庭、それぞれの夫婦関係などによって全く違うもので、ひとつの正解はありません。それぞれのお話をヒントに、それぞれのやり方を考えていきたいです。



小泉進次郎環境大臣との対談でした

2019.12.08

2050年までの温室効果ガス排出ゼロを目指す「脱炭素」宣言を行いました。
もちろん、男性の育休のお話もしてきました。

今年だけで三重県で記録的短時間大雨が9回があったり、真珠養殖のアコヤガイの稚貝が海水温上昇の影響とみられる原因でのへい死など、地球温暖化の影響で県民生活に危機も迫ってきています。更に、三重県は、既に国や他都道府県と比較しても温室効果ガスの削減が進んでいること(基準である2005年と比較して約11%削減)や、公害経験、全国に先駆けた全市町でのレジ袋有料化など、環境問題に先進的に取り組んできたこと、G7伊勢志摩サミットでのパリ協定にコミットメントする首脳宣言が行われたこと、そんな思いから、来年からスタートするパリ協定を目前に控え、宣言しました。

ぜひ県民の皆様のご協力をお願いします。

福島県を訪問してきました

2019.12.07

 東日本大震災からの復興状況、三重県と福島県の農業高校生達が切磋琢磨して取り組むGAP、福島県と協定を締結して取り組む「空飛ぶクルマ」を開発する福島ロボットテストフィールド、台風19号による河川決壊場所などを視察してきました。

松川浦の漁港と卸売市場では、若手や女性も元気よく働いている姿を見させていただき、震災で生産をストップしていたアオノリが、昨年2月から懸命の努力で試験操業を再開できたお話を聞きました。震災前までは、三重県にも出荷し、三重県漁業関係者と連携して共販していたそうで、三重県への出荷も再開したいと要請をいただき、三重県漁業関係者の皆さんとお話をぜひしてみたいと思います。農業はだいぶ回復してきたものの、水産業は、放射線検査でも基準値を超えるものはずっと出ていないという「安全」を、「安心」につなげていき回復を果たしていきたいと強い思いをお聞きし、しっかり応援していきたいと思います。

 改めて、福島県の今を知り、厳しい現状もあるものの、学ぶべきことや、グッドニュースもたくさんあるので、どんどん伝えていきたいと改めて思いましたし、これからも寄り添った支援をしていきたいと思います。












 

公立校で全国初の取組です

2019.12.01

公立校で全国初の取組です!

発達障害の子ども達は、他者の言葉や行動の意味を理解したり、周囲に合わせて臨機応変に行動することが苦手なことがありますので、対人関係やコミュニケーションの不安をやわらげるため、これまで、イラストやカードゲームを使ってトレーニングを行ってきました。しかし、それは、リアリティがなかったり、教員の経験に左右されてしまうなどの課題がありました。

そこで、県立子ども心身発達医療センターに併設し、三重県の特別支援教育のセンター的機能を担う、県立かがやき特別支援学校あすなろ分校で、VR(仮想現実)を活用したトレーニングを始めました。うまくいかなくても何度でもできるし、何より楽しく取り組めます。

今回導入するVRシステム「emou(エモウ)」を開発し、提供してくださった、東京のベンチャー企業の「ジョリーグッド」様に感謝感謝です。

pic001

pic002

pic003

 

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ページのトップへ戻る