三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

伊勢志摩サミット閉幕からちょうど半年

2016.11.27

サミットをきっかけとして、県民の皆様お一人お一人が、今後どういう行動をしていこうか、ということについて考えるシンポジウムを開催しました。その際、伊勢志摩サミットをやり遂げ「やればできる」という経験を得た私たち三重県民の、未来に向けた挑戦の思いを共有する「伊勢志摩サミット三重県民宣言」を発表いたしました。

シンポジウム前には、G7各国首脳が伊勢神宮で植樹をした「神宮スギ」のうちの1つで、安倍総理とオバマ大統領に植樹していただいたものの定植式を三重県総合博物館で行いました。

シンポジウムでは、サミットの有形・無形の資産(レガシー)として、「きっかけ」「きづき」「つながり」「対話」「モチベーションアップの機会」「子ども達への教育的影響」「三重の魅力の再確認」などがあげられました。

鈴木伊勢市長から、サミットで使われたコーヒーを提供した伊勢市内のショップの店主の方が、サミットをきっかけにモチベーションアップし、より技術を向上させようと、サミット後、コーヒーの技術に関する大会に出場したエピソードの紹介がありました。

外国語案内ボランティアをやっていただいた尾崎さんからは、ラジオを聞いていてボランティア募集を知って応募したが、こういう「小さいきっかけ」を大事にして積極的に行動した結果、新たなつながりができたり、素晴らしい経験をすることができたとのお話がありました。

配偶者プログラムで、精神障害者の皆さんで作るシフォンケーキを提供したNPOの坂井さんは、サミット後、市内の耕作放棄になりそうなミカン畑を、障害者や高齢者で利用し、ミカンジュースを製造するという新たなチャレンジをしたという話をしていただきました。

経済的な効果については、県全体では一定出ているものの、県内各地で濃淡がまだまだあります。一方で、長い目で地域の未来を見据えれば、地域をつくる主役である県民の皆様に「きっかけ」「つながり」「モチベーションアップ」というチャンスがもたらされたということが、極めて重要であると、改めて感じました。こういう県民の皆様の気持ちを大切に、また一人でも多くの方々が、きっかけを得て、つながり合って、チャンスを活かしていだけるように、県としてもこれからも全力で頑張っていきたいと思います。

 

ふれあいグリーンキャンペーンに参加しました

2016.11.27

昭和51年から続く「ふれあいグリーンキャンペーン」に参加しました。
累計4130本の苗木を植樹していただいています。

 

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ページのトップへ戻る