三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

伊勢志摩サミットが閉幕しました

2016.05.28

伊勢志摩サミットが閉幕し、一夜があけました。何より大きな混乱や事故なく、そして奇跡的な天気で、大成功となったこと安堵にしています。

とにもかくにも感謝感謝。どれだけお礼を言っても言い尽くせません。私も立ち会わせていただいた最後の安倍総理の議長国会見では「今回のサミット開催にあたって、大変なご協力をいただいた、伊勢志摩の地元の皆さん、三重県の皆さんに、心から感謝申し上げたいと思います」と締めくくっていただきました。この言葉を聞いたとき、グッときました。

交通や生活面などでご不便をかけながらも、最後まで開催成功に向けてご協力頂きました県民の皆さん、沿道で各国首脳を大歓迎してくれた県民の皆さん、配偶者への食事や植樹や伊勢音頭で頑張ってくれた子どもたち、各国首脳から高い評価を得たおもてなしをしていただいたホテルや料理人のみなさん、今回極めて好評だった食材などを提供してくださった皆さん、贈呈品やテーブルなどを製作していただいた皆さん、警備の皆さんをもてなしてくれた旅館の皆さん、応援ソングを作っていただいた平井堅さんなどなど、あげればキリがありません。このオール三重での、一人一人の力を積み重ね、三重県の底力を発揮できたこと、嬉しく思います。

そして、総理や昭恵夫人はじめ官邸の皆さん、相当地元に配慮していただいた外務省の皆さん、過去最大規模の警備を完遂していただいた全国警察の皆さん、海上保安庁や自衛隊の皆さん、全国から精鋭が集っていただいた消防関係の皆さん、こちらもあげればキリがないですが、本当にありがとうございました。

閉幕までは「三重県に新たな歴史が刻まれた」という過去形の気持ちでしたが、閉幕した直後から「三重県が新たなスタート地点に立った」という気持ちです。

オバマ米国大統領は、伊勢神宮でこのように記帳されました。
「幾世にもわたり、癒しと安寧をもたらしてきた神聖なこの地を訪れることができ、非常に光栄に思います。世界中の人々が平和に、理解しあって共生できるようお祈りいたします。」

安倍総理は、議長国会見冒頭で、
「神宮は、五穀豊穣を祈り、平和を祈り、人々の幸せを祈りながら、2000年もの悠久の歴史を紡いできました。今日の平和と繁栄は、そうした人々の祈りの上に築かれたものであります。その神宮から、今年のG7サミットはスタートしました。」

私たち三重県の思い。本質。このサミットをきっかけに、改めて気づき胸に刻みました。いま、ここからスタートしたいと思います。

改めて感謝申し上げます。



三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2016年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ページのトップへ戻る