三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

全国トップクラス秋田県の学力向上の取組を視察してきました

2015.06.26

一昨日、全国学力・学習状況調査において、毎年全国トップクラスの成績を収めている秋田県に視察に行ってきました。由利本荘市の西目小学校と西目中学校にお邪魔しました。加えて、秋田県が出資する国際教養大学にもお邪魔しました。
秋田県が学力向上の取組を進めたきっかけも、43年前、全国学力調査で低位となり、関係者みんなの「危機感」から。三重県も、みんなで徹底して取り組めば、絶対にやればできると信じています。
さて、たくさん素晴らしい点はありましたが、まずは授業スタイルの統一。
全ての小中学校において統一されているスタイルは、
先生が課題を提起→自力で解決を図る→チームで話し合い→それらを発表する(その際先生が生徒たちに多様な視点を示し「ゆさぶり」)→振り返り→まとめ、と進みます。この過程において、先生が、子ども達にたくさんの「問」を発し、どんどん考えさせる工夫をしています。そして、教頭先生もチームティーチングの一員となって、その場で子ども達の机に行って、正解に丸ツケをし、褒め、できていない子にはその場で支援をします。...
その他、その地域の先生の授業関係の指導役となる「教育専門監」や「コアティーチャー」制度、教育事務所(地域の出張所)が市教委や学校を頻繁に訪問し適切な支援、教育長や校長のリーダーシップなど。
いずれにしても、県教委も市教委も学校も先生も、みんなが子どもたちのために一丸となって、あらゆることを、共通理解・共通実践する努力をしている、そしてとにかくそれらを徹底するという姿勢を持っている、それらを強く感じました。
最後には、子ども達と給食を一緒に楽しく食べました。メニューはカレーライス。
国際教養大学は、全ての授業が英語、3年生時に全ての生徒が海外留学、就職率100%の大学です。開学後10年を経過し、経済効果は約40億円と言われています。地方でも国際的な学術研究や人材育成ができるということを実感しました。学長は、「大学は地域のための産業だ」という言葉が印象的でした。写真は、24時間365日、生徒のために開放されている図書館です。
大変勉強になる有意義な視察でした。地元メディアもたくさん来ていただき、取り上げていただきました。今後の三重県の教育・人づくりにしっかり活かしたいと思います。

 

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2015年06月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ページのトップへ戻る