三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

G1次世代リーダーズサミット

2013.08.31

昨晩から、軽井沢で開催された「G1新世代リーダーズサミット」に参加。各界で活躍する40歳未満のリーダーが約120名一同に会しています。僕はこのボードメンバーをやらせてもらっています。

高校時代の友人に20年ぶりに再会するというハプニングがあったりしましたが、本当に各界で活躍する方々ばかりなので、様々な会話、一瞬一瞬が刺激的でした。

その中で、昨日の懇親会の〆の挨拶を仰せつかり、「伊勢うどん」の宣伝をしました。伊勢うどん大使の石原壮一郎さんもネットで書いていたように、今話題沸騰ドラマ「半沢直樹」の主演である堺雅人さんは伊勢うどんが好きであるとテレビで言っていただいた話も紹介しました。うどんはコシがあるべきという一種の固定概念にとらわれず、やわらかいうどんでもうまいという多様な価値観を社会に組み入れて、社会の活力を増大していくということも私たちのような新しい世代の使命であるという話をしました。

そして、今日からプログラムが本番となったわけですが、全体会一発目は、
「10年後の政治・外交 〜僕らが今なすべきこと〜」をテーマに
小泉進次郎衆議院議員、越直美大津市長、神保謙慶応大学准教授をパネラーに、僕がモデレーターとして、ディスカッションを行いました。

1時間のセッションでしたが、とても内容が濃く、3分ほど時間オーバーしましたが、結果として、参加者に気付きを感じてもらえる内容となったのではないかと思います。

キーワードは、10年後の政治、地方の状況、世界の状況は、予想もつかない部分もあるけれども、
「(何か10年後に新しいこんなものを創るというよりは、)社会における課題解決を積み重ねていくことで夢や希望を実現していく、という手法への転換」
「自らの力を社会に還元していく」
「先進国と新興国がイコールになる中で、有利な制度構築をどう進めるか」
「自覚」「コミットメント」「若い人が政治に参画できる環境を」
などでした。

いずれにしても、私たちの世代が、自覚と覚悟をもって、批判ではなく提案を、思考だけではなく行動を起こせるか。こういう仲間であり、ライバルを大切にしながら、これからも頑張っていこうと改めて気持ちを強くしました。

懇親会のお店に、三重県桑名市出身の大学生の子がいて、「私三重県なんです」と嬉しそうな笑顔で声をかけてくれたこと、そのお店でアルバイトをしている20歳の大学生が「僕政治家になりたいんです」と真剣に話してくれたこと、メンバーとの交流以外にもうれしい経験をできた一日でした。

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2013年08月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ページのトップへ戻る