三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

水木しげる記念館

2012.05.30

今日は、近畿ブロック知事会議に出席するため鳥取県に行ってまいりました。
 
 会議では、再生可能エネルギー推進のため、制度改革、財政支援、技術開発について、参加県で持ち寄って国に要望しようと決まりました。私からは、現在進めている木曽岬干拓地へのメガソーラー誘致、離島での展開を考えているスマートアイランド構想を紹介しながら、国の制度改革や技術開発支援の必要性を述べました。

 ちなみに、近畿ブロック知事会のうち、福井県、奈良県、三重県は関西広域連合のメンバーではありませんので、本日細野環境大臣が来られて大飯原発の再稼働について議論された関西広域連合の場には立ち会っていません。

 さて、会議開催前、前日夜が東京でしたので、米子鬼太郎空港まで飛行機でまいりました。
飛行機の到着時刻から開始時刻まで若干時間がありましたので、お隣の境港市に行きました。
 
  実は、私が公務員生活を始めた1998年、人事院の研修で1週間地方自治体で研修というのがあったのですが、その研修地が境港市でありましたので、十数年ぶりにお邪魔しました。
 
 おりしも、鳥取県が、漫画による地域活性化に力を入れていて、境港市はあの「ゲゲゲの鬼太郎」の作者で有名な水木しげるさんが育ったところですので、駅からの「水木しげるロード」や「水木しげる記念館」などで盛り上げていました。
 水木しげる記念館までの道のりは、両側の商店街が、ゲゲゲの鬼太郎一色で、一致団結して、このブランドでまちおこしという雰囲気でした。
 水木しげる記念館が今年3月8日にリニューアルオープンしたこともあり、平日午前中にもかかわらず、結構な観光客がおみえでした。
 特に、先般のNHK連続ドラマ「ゲゲゲの女房」の影響もあってか、ご夫婦や女性同士のお客様が多かったように思います。
 水木しげる記念館にて

 記念館は、ゲゲゲの鬼太郎をはじめとした妖怪たちが満載なのですが、水木しげるさんの一生や「ゲゲゲの女房」で人気の出た奥様との食卓などもあり、盛りだくさんで、魅力的な施設でした。
 
印象に残った水木しげるさんの一生の中では、13歳で「天才少年画家あらわる」と大きく報道されながら、社会人になって、印刷会社は2カ月、電器会社は2日でクビになったりして、成功だけではなく、いろんな挫折も経験している点が印象的でした。
 また、奥様とは、お見合い後5日で結婚し、新婚旅行もなく、翌日から東京に戻って原稿づくりだったというエピソードもとても印象的でした。
 
 成功されている方のその瞬間だけ見ると、何か誤解するなといつも思います。
 やはりトータルで、その深い人生の中でどういうことを経験され、どういうことを考えてこられたのか。
 人間って奥深いし、だからこそおもしろいし、だからこそ大好きだなと改めて思いました。
 
 また、地域全体を巻き込んだ取組にも学ぶところが多かったです。
 やはり、あれもこれもではなく、一定のコンテンツで徹底的に勝負するという姿勢の重要性も改めて認識しました。やはり、何事も中途半端では、この観光競争時代を勝ち抜くことはできず、徹底してやりぬくことが大事だと思いました。
 
 いずれにしても、大変勉強になった一日でした。

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2012年05月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ページのトップへ戻る