三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

第5回美し国三重市町対抗駅伝大会

2012.02.19

本日は、標記大会を開催しました!
素晴らしいお天気のもと、県庁前から伊勢市の県営総合競技場までの
10区間42.195キロを、市町代表の29チームが走り、熱戦を繰り広げてくださいました!

優勝したのは、市の部は四日市市、町の部は川越町、いずれも初優勝です!!
選手のみなさんの日頃の成果とチームワークの成果だと思います。
おめでとうございます!!

この駅伝は、小学生から社会人まで、区間ごとに年齢枠を設け、また男女も半々です。
世代の絆、地域の絆をタスキでつなぐ、素晴らしい大会でした。

特別ゲストで参加していただいた三重県出身の瀬古利彦さんも終了後、
「三重県人でよかったなと思える、あったかい大会でした」
とおっしゃってくださいました。

またゴールとなった県営総合競技場では、県内のご当地グルメが大集合し、
昨年25ブースからの2倍となる50ブースが出展し、盛り上げてくださいました。

市町村合併を踏まえた交流をという目的からスタートしたこの大会ですが、
目的については、年数がたち、時代を経て少し見直しが必要かと思いますが、
手法について、競技力向上や三重県の一体感醸成のためにもっともっと活用できるよう改善しながら、もっともっとみなさんに楽しんでいただけるように努力していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

三重県は、瀬古利彦さん、野口みずきさんなど、
日本の一流ランナーを輩出しています。
この駅伝に参加した選手の中から、
将来のオリンピックなどで活躍する選手や
平成33年に三重県で開催する国体で活躍する選手が
どんどん出てくることを期待しています。

改めて、各市町、三重陸上競技協会、特別協賛のJAバンク三重様、中日新聞様、三重テレビ様、三重FM放送様、また支えてくださったたくさんのボランティアの方々など、関係者の皆様に感謝申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

<第5回結果>
http://mierk.jp/pref_ekiden/index.htm

第5回美し国三重市町対抗駅伝

天皇陛下の無事をお祈りして

2012.02.19

昨日、天皇陛下が冠動脈のバイパス手術を無事終えられました。
安堵いたしましたとともに、無事にご退院されることを心からお祈り申し上げます。

さて、天皇陛下にお見舞いの記帳をされたいという県民の皆様にご活用いただけるよう、
県庁に、天皇陛下がご退院されるまでご記帳台を設けます。

場所は、平日は県庁本庁舎正面玄関、土曜日及び日曜日は県庁本庁舎東玄関です。

受付時間は、午前9時から午後5時までです。

既に、土曜日に約80名、本日も既に約130名の方々がご記帳に来ていただいています。
一人でも多くの県民の皆様と天皇陛下のご無事をお祈りしたいと思います。

三重県知事 鈴木英敬

知事

プロフィール

2012年02月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

ページのトップへ戻る