三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

第13回美し国三重市町対抗駅伝を開催しました

2020.02.17

令和初の栄冠には、ぶっちぎりで鈴鹿市‼️
 
町の部は、菰野町が王座奪還‼️
 
東京オリンピックのマラソン代表である中村匠吾選手も、第5回大会に出場し、当時の区間新記録をマークしましたが、同様に、今回もジュニア選手の活躍が目立ちました。また、29市町のうち、11市町が自らの市町の過去ベストタイムを記録し、年々レベルアップしていることも嬉しかったです。
 
特別協賛のJAバンク三重はじめ、陸協やボランティアなど大会運営にご尽力いただいた皆さんに感謝申し上げます。
 
この盛り上がりを、聖火リレー、東京オリンピックパラリンピック、三重とこわか国体・三重とこわか大会につなげていきたいと思います。

 

日本創生のための将来世代応援知事同盟

2020.02.10

17県で構成する「日本創生のための将来世代応援知事同盟」で、地方の暮らしの素晴らしさをアピールするフェアを開催しました。


5日で100万回再生超え

2020.02.08

三重県が、インバウンド向けに、1月22日にYoutubeにアップした動画が、アップから5日で100万回再生を超え、公開から約二週間の現在も678万回再生となっています。
ぜひ8K画像で、三重県の美しさを堪能し、三重県にお出かけください。

https://www.youtube.com/watch?v=6E80cy3ZDJk&feature=share&fbclid=IwAR3par_v-EMPcl5c9ZuXVd2z20CJee0VHsszvtk5ufhjJG07yHvMfnASDv8

赤羽国交大臣への要望

2020.02.07

三重県北勢地域のダブルネットワークの中で唯一の未事業化区間である「鈴鹿四日市道路」の新規事業化、四日市港の南海トラフ地震などに備えた耐震岸壁整備を、赤羽国交大臣に要望してきました。末松鈴鹿市長、森四日市市長、川崎先生、吉川先生、公明党中川三重県本部代表にもご支援いただきました。

また、ファザリングジャパンの安藤さんや成澤文京区長など男性育休を進める仲間との緊急フォーラム、東京地区四日市港セミナーにも出席させていただきました。






毎年2月4日は「ワールド キャンサー デー」

2020.02.05

毎年新たに約100万人が患者となる「がん」。「がんと言われても動揺しない社会」というテーマで先日開かれた「cancer X summit」に参加しました。三重県は、がんの死亡率が低い方(良い方)から全国2位、女性は全国1位。これまでオール三重で取り組んできた、三重県のがん対策について発言させていただきました。キャスターの膳場貴子さんの素晴らしいコーディネートで、秋葉賢也内閣総理大臣補佐官はじめパネラーの皆さんと、楽しく、勉強になる時間を過ごさせていただきました。

三重県は、私の1期目、平成26年度から「がん対策推進条例」をスタートさせました。患者の立場や目線を大切にするということを大切にしており、平成28年の改正がん対策基本法に先駆けて、がん教育(三重県で独自教材をつくり、これまで5000名超の子ども達に)、がんの治療と就労の両立、がん治療における医科歯科連携(全国初の連携協定)などを盛り込んでいます。

また、三重県では、三重大学が、全国に先駆けて、小児がんをケアするため、小児トータルケアセンターを立ち上げています。患者への治療・ケアはもちろんのこと、退院後の長期フォローアップや患者の兄弟や家族への支援も行っています。

これからも、がん対策の先進県目指して、様々な患者の方々に寄り添い、取組をすすめてまいります。


ページのトップへ戻る