三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

即位礼正殿の儀が厳粛に挙行され、私も県民の皆様を代表して参列させていただきました

2019.10.25

国内各界の代表、各国元首などの参列を得て、即位礼正殿の儀が厳粛に挙行され、私も県民の皆様を代表して参列させていただきました。始まるまで、強い雨と暗い曇天でしたが、始まる直前、雨が弱まり、太陽の光がどんどん射しはじめ、更に感動を深めました。そして、儀式終了時には雨が上がっていました。  
  
 高御座の御帳が開かれ、束帯装束をお召しになられた天皇陛下がお姿を表すと、辺りは厳かで凜とした空気に包まれました。そして、即位を内外に宣明されたお言葉を聞き、脈々と受け継がれてきた日本の歴史の一場面に立ち会うことができ、感動を覚えるとともに、令和の時代の始まりに思いを新たにいたしました。

世紀の式典に参列することができ、身に余る光栄を感じるとともに、御即位に伴う一連の儀式として、いよいよ来月には神宮に御親謁になられることから、御来県にあたり三重県民を代表してお出迎えさせていただく者として、身が引き締まる思いがいたしました。

 天皇陛下におかれましては、昨年、全国高等学校総合体育大会において行啓いただき(写真)、県内各地を御視察いただきました。終始優しい笑顔で、県民一人ひとりに分け隔てなく気さくに接していただいた陛下のお姿が今も胸に残っております。

陛下に三重県にお越しいただくのは、今回が19回目、伊勢神宮への御参拝は14回目となります。今回の御来県が天皇皇后両陛下にとって素晴らしい思い出となりますよう、県民の皆様と共に心から歓迎して、万全の体制でお待ち申し上げたいと思います。
pic001 pic002
 


ページのトップへ戻る