三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

「饗宴の儀」に参列させていただきました

2019.10.30

「饗宴の儀」に参列させていただき、参列者一同でご即位をお祝いしました。両陛下は、台風19号の被災地の知事などに丁寧にお声がけいただきました。来月21日、22日、23日、県民の皆様と心から歓迎申し上げたいと思います。

「即位礼及び大嘗祭後神宮に親謁の儀」を執り行うため、天皇皇后両陛下が御来県されます

2019.10.29

天皇皇后両陛下におかれましては、「即位礼及び大嘗祭後神宮に親謁の儀」を執り行うため、来る11月21日(木)から11月23日(土)の3日間の御予定で御来県され、22日に外宮に、23日に内宮にそれぞれご親謁されることが、宮内庁から発表されました。10月22日(火)に挙行された「即位の礼」と11月14日(木)、15日(金)に挙行される「大嘗祭」後、天皇皇后両陛下が神宮にその旨を御奉告される儀式のため、天皇陛下の御即位後初めての御来県となります。

10月22日、皇居にて行われました「即位礼正殿の儀」には、私も県民の皆様を代表して参列させていただきました。始まるまで、強い雨と暗い曇天でしたが、式典の直前には雨が弱まり、太陽の光がどんどん射しこみ、期待感で胸が熱くなる中、天皇陛下は古式ゆかしい黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)を、皇后陛下は十二単をお召しになり、大変尊いお姿で天皇陛下が御即位を公に宣明される御様子を拝見し、令和の時代の始まりに思いを新たにいたしました。

「即位礼及び大嘗祭後神宮に親謁の儀」においても、天皇陛下は黄櫨染御袍、皇后陛下は十二単のお召し物に身を包まれ、天皇陛下は御馬車により神宮内を進まれると伺っています。県民の皆様とともに、このような歴史的な儀式が三重県内で執り行われることの感激と新しい時代を迎える高揚感を共有させていただくことは、このうえない喜びであり、御来県にあたり県民の皆様を代表してお出迎えさせていただく者として身が引き締まる思いです。

県民の皆様と共に心から歓迎して、万全の態勢でお待ち申し上げたいと思います。

 

 

 

 

 

「三重県スポーツ特別奨励賞」を授与させていただきます

2019.10.26

三重県鈴鹿市を拠点とする「ホンダヒート」所属のラグビー日本代表、具選手とレメキ選手に対して、ラグビーW杯での大活躍を讃え、「三重県スポーツ特別奨励賞」を授与させていただきます。

即位礼正殿の儀が厳粛に挙行され、私も県民の皆様を代表して参列させていただきました

2019.10.25

国内各界の代表、各国元首などの参列を得て、即位礼正殿の儀が厳粛に挙行され、私も県民の皆様を代表して参列させていただきました。始まるまで、強い雨と暗い曇天でしたが、始まる直前、雨が弱まり、太陽の光がどんどん射しはじめ、更に感動を深めました。そして、儀式終了時には雨が上がっていました。  
  
 高御座の御帳が開かれ、束帯装束をお召しになられた天皇陛下がお姿を表すと、辺りは厳かで凜とした空気に包まれました。そして、即位を内外に宣明されたお言葉を聞き、脈々と受け継がれてきた日本の歴史の一場面に立ち会うことができ、感動を覚えるとともに、令和の時代の始まりに思いを新たにいたしました。

世紀の式典に参列することができ、身に余る光栄を感じるとともに、御即位に伴う一連の儀式として、いよいよ来月には神宮に御親謁になられることから、御来県にあたり三重県民を代表してお出迎えさせていただく者として、身が引き締まる思いがいたしました。

 天皇陛下におかれましては、昨年、全国高等学校総合体育大会において行啓いただき(写真)、県内各地を御視察いただきました。終始優しい笑顔で、県民一人ひとりに分け隔てなく気さくに接していただいた陛下のお姿が今も胸に残っております。

陛下に三重県にお越しいただくのは、今回が19回目、伊勢神宮への御参拝は14回目となります。今回の御来県が天皇皇后両陛下にとって素晴らしい思い出となりますよう、県民の皆様と共に心から歓迎して、万全の体制でお待ち申し上げたいと思います。
pic001 pic002
 

日本赤十字社三重県支部創立130周年記念式典にお邪魔しました

2019.10.19

災害支援や地域医療、献血、奉仕活動などにご尽力いただいている、日本赤十字社三重県支部創立130周年記念式典にお邪魔しました。

あわせて、記念事業として三重県総合博物館で展示をしていただいていますので見させていただきました。そこで見たエピソードを紹介します。

今から遡ること約100年。ロシア革命が起こり、日本は、シベリアに残されたポーランド人孤児達の救援を打診され、日本軍と日本赤十字が協力して、日本に孤児達を迎え入れました。元気を取り戻した孤児達は、神戸港などから帰国することになりましたが、その際、孤児達は赤十字はじめ愛情込めて養護してくれた日本から離れることを泣きながら拒みながらも、船上から「アリガトウ」と何度も言い、「君が代」とポーランド国歌を歌い、別れを惜しんだそうです。赤十字や日本の献身的な活動を象徴する出来事です。

更に、ここからは井上和彦さんの記事で読んだのですが、孤児達は帰国後、「極東青年会」という親睦団体を結成し、日本との友好親善のために活動していたそうで、その一環で、阪神淡路大震災の被災児童らをポーランドに招待し、高齢となったポーランド孤児らが被災児童らを励ましてくれたのです。「おばあちゃんから『日本に感謝すべきことがある』と言われてきました」とおっしゃったそうです。更に、最近ポーランドにできた「シベリア孤児記念小学校」の校旗には、ポーランド孤児の小さな手を温かく包み込む大きな手をイメージしたデザインと「日の丸」が描かれていたそうです。

本当に心のこもった活動は、世代を超えて引き継がれていき、固い絆につながっていくことを、赤十字の記念日に改めて感じさせていただき、そのようにしてくれた先人達に感謝しつつ、今後の災害支援や国際貢献に臨みたいと思います。


pic01

pic02

4人の三重県ゆかりの選手がドラフトで指名されました‼️

2019.10.18

津田学園高校の前 佑囲斗(まえ ゆいと)選手、オリックス・バファローズ4位指名おめでとう!あのイチロー選手と同じ球団、そして順位ですね!
二期連続の甲子園やU18日本代表での豊富な経験を十分に活かし、最速152キロの速球と多彩な変化球、持ち前の高い制球力、そして何よりもピンチを迎えそうになればなるほどギアが上がる勝負強さを発揮し、オリックスの一員として一日も早くプロで活躍されることを期待しています。

Honda鈴鹿の柘植 世那(つげ せな)選手、埼玉西武ライオンズ5位指名おめでとう!
勝負強い打撃と遠投115メートルの強肩、甲子園や都市対抗野球などでの豊富な経験を十分に活かし、今季パリーグを制した強豪埼玉西武ライオンズの正捕手として、更に持ち前の強肩強打と投手を巧みに操る好リードに磨きをかけて、西武の正捕手の座を奪い取る大活躍を期待しています。

菰野高校の岡林 勇希(おかばやし ゆうき)選手、中日ドラゴンズ5位指名おめでとう!
最速150キロ超えの速球とスライダー、カーブ、フォークなどの多彩な変化球との緩急を武器に、高校の一年先輩である田中法彦(たなか のりひこ)選手(広島カープ)らとともにプロの世界で切磋琢磨しながら進化し、阪神の西 勇輝(にし ゆうき)投手のようにセリーグを代表する投手に成長し、大活躍されることを期待しています。

Honda鈴鹿の瀧中 瞭太(たきなか りょうた)選手、東北楽天ゴールデンイーグルス6位指名おめでとう!
 最速152キロの速球とスライダー、カーブ、フォーク、カットボールなどの多彩な球種を操り、東北楽天ゴールデンイーグルスの日本一奪還に貢献されることを期待しています。

今回指名された選手の皆さん、これからの活躍を、県民の皆さんとともに応援しています。

F1日本グランプリで優勝したフィンランド出身のボッタス選手(メルセデス)にトロフィーを授与しました!

2019.10.15

今年のF1日本グランプリ(場所:鈴鹿サーキット)は、日程を1日短縮し、台風のため予選と決勝を1日でやるなど2日間の日程となりましたが、2日間の延べ観客数は12万2000人で、昨年より約1万人増加しました。ホンダがエンジン供給するレッドブルが好調なこともありました。

 不思議なご縁で、翌日は、日本とフィンランドの外交関係樹立100年を記念し、在日フィンランド大使もご参加いただき、鈴鹿市で「光太夫と2人のラクスマン」の企画展のセレモニーでした。

大使からは、ぜひ上京時に大使館に立ち寄り、サウナを楽しんでくださいとおっしゃっていただきました。

   

NHK「チコちゃんに叱られる」に出演させていただきました

2019.10.14

台風の直前でしたので、私からは告知しませんでしたが、おそらく知事として初出演とのことでした。

そうです、あの「ボーッと生きてんじゃねえよ!」の番組です。

全国のたくさんの方々から「見たよ!」とご連絡いただきました。

ちなみに、叱られる方ではなく、説明する方です。

あまりないことのようですが、番組にご配慮いただき、伊勢神宮、熊野古道、丸山千枚田など三重県のPRもしていただきました。

三重県産の伊勢えびを使った「ポテトチップス 伊勢えび味」が、11月18日から発売されます

2019.10.11

三重県産の伊勢えびを使った「ポテトチップス 伊勢えび味」が、カルビーさんのご協力で、11月18日から発売されます!

2017年の「伊賀の國 忍者流干し肉と梅味」、2018年の「あおさの味噌汁味」に続く第3弾です。

17回も試作を繰り返していただいたこともあり、香りも味も素晴らしい!!ぜひお試しあれ!!

pic001

pic002

pic003

東京オリンピックのマラソン代表に内定した、中村匠吾選手が県庁に来てくれました

2019.10.09

中村選手は、三重県四日市市出身で、三重県伊賀市にある上野工業高校(現在の伊賀白鳳高校)で実力を磨き、駒澤大学、富士通へ。

9月に行われた、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で、激しい競り合いを制し、見事優勝しました。

「暑さに強い中村」ですので、その強みを活かし、東京オリンピックでは、野口みすきさん以来の三重県出身者のマラソンでのメダル獲得を見たいですね❗️みんなで応援しましょう!



カナダ・レスリングチームを歓迎するレセプション

2019.10.07

東京オリンピックに向けて、三重県津市で事前キャンプを実施する、カナダ・レスリングチームを歓迎するレセプション!

スペシャルな応援団の三重県津市出身の吉田沙保里さんも駆けつけていただきました!しかも、前日が吉田沙保里さんの誕生日でしたのでプレゼント贈呈。

今回のカナダ代表のヘッドコーチである、トーニャ・バービークさんは、吉田沙保里さんとオリンピックで三度戦った方です。そのうち二回は決勝。滞在中には、三重県の子ども達とも交流してくれます。

 2年前の秋、事前キャンプ地誘致のため、カナダを訪問し、レスリング、アーティスティックスイミングなどが決まり、この日を迎えたこととても嬉しく思います。しっかりおもてなしをしたいと思います。





日本代表、サモアに大勝利

2019.10.05

開幕3連勝!グループ首位に!初めてのベスト8へ王手!

ラグビーW杯を見に行きました!めちゃくちゃ感動!すごい迫力‼️約四万人の大観衆が一体となり、大声援を送り、選手達はバッチリ答えてくれました。特に、試合終了間際、スクラムで押しまくり、絶対にトライを決めて、ボーナスポイントを獲得するんだという執念を感じる試合でした!長男にもとても良い経験になり、大興奮でした!

しかも、play of the matchは、三重県鈴鹿市が本拠地のホンダヒートに所属する、レメキロマノ ラヴァ選手!13日、いざスコットランド戦!みんなで応援しましょう!



 

三重県にたくさんの方がおみえです。ありがとうございます

2019.10.05

1つは、三重県津市の白山ビレッジGCで、日本女子オープンが開催されており、全英オープンを制した渋野日向子さん、いわゆるシブコ効果ですごいことに。

そして、約2000名が参加する法人会全国大会があり、宮崎由至三重県連会長のもと、星野国税庁長官もお越しになり、盛大に開催されました。

天皇陛下が令和元年11月22日と23日、神宮を御参拝されることが発表されました

2019.10.03

宮内庁より、「即位礼及び大嘗祭後神宮に親謁の儀」を執り行うため、天皇陛下が令和元年(2019年)11月22日と23日、神宮を御参拝されることが発表されました。天皇陛下におかれましては、皇太子殿下時代も合わせると、19回目の御来県となります。

平成26年7月、皇后陛下並びに愛子内親王殿下とともに遷宮後の神宮を御参拝されました。御家族お揃いで初めて御来県され、県民の皆様とともに、御一家の仲睦まじいお姿を拝見し、明るく和やかな空気に包まれたことが思い出されます。

昨年7月には、三重県で開催された平成30年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)「2018彩る感動東海総体」に御臨席賜り、猛暑の中、終始優しい笑顔で、私たち県民一人ひとりに分け隔てなく気さくに接していただいたそのお姿が今も心に残っており、県民の皆様とともに、即位後の御来県を心待ちにしておりました。

 令和元年の幕開けとなった5月1日には、新天皇に御即位され、「即位後朝見の儀」におけるお言葉では、「この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします。」とお気持ちを述べられた後に、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望されることを力強く述べられたことに大変感銘を受け、恒久の平和が期待される輝かしい令和の時代の象徴のように感じました。

先日9月28日に開催された「いきいき茨城ゆめ国体」の開会式に、天皇皇后両陛下は茨城国体のイメージカラーであるブルーを基調とした装いでお越しになり、地域へのお心遣いに感動するとともに、大変爽やかなお姿を間近で拝見し、今回の御来県が今から楽しみで心待ちにしております。

10月22日に「即位礼正殿の儀」が行われることを、県民を代表して心からお祝い申し上げるとともに、天皇陛下として初めての御来県となりますので、県民の皆様とともに心から歓迎し、万全の体制でお待ち申し上げたいと思います。

pic01 

pic02

pic03


ページのトップへ戻る