三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

台風21号に伴う被害と今後の対応について

2017.10.24

台風21号により被害が多く発生しています。

大変残念ながら、県内でも2名の方がお亡くなりになりました。心からご冥福をお祈り申し上げます。また、負傷やその他被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。

県も、市町や関係機関と連携し、被害把握と早期復旧に向けて全力をあげています。25日に、改めて緊急に部長会議を開催し、情報共有と対策確認を行います。また、伊勢市、紀宝町において被害復旧のためのボランティアセンターが設置されますので、これに伴い「みえ災害ボランティア支援センター」を24日付で設置します。

今回の台風は勢力が強いまま上陸し、ピーク時には、県内で372,863世帯857,507名の方を対象に避難指示や避難勧告を出したり、尾鷲市の総雨量が796mmで平年の10月1ヶ月分の2倍になるなど、多くの被害が出ました。被害は、死者・負傷者などの人的被害をはじめ、230軒の床上浸水と260軒の床下浸水などの建物被害、土砂崩れ、法面崩壊などによる道路通行止め、県立高校の浸水、文化財の石垣崩れなど、多方面にわたります。

今後、早期の復旧と、今回の被害を教訓にした同様の被害等の再発防止など、全力をあげてまいります。
 


ページのトップへ戻る