三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

岩手県で開催された全国知事会議に出席しました

2017.07.29

「全国知事会議 in 岩手」に出席するため岩手県へ。東日本大震災後、初めての被災地での開催。

会議冒頭、全員で黙とうを捧げました。その後、全国知事会の東日本大震災復興本部副本部長として、「岩手宣言〜千年国家の創造」を示させていただきました。「岩手宣言」は、被災地の復興までしっかり寄り添い、次世代につなぎ、この教訓を生かして日本全体の防災力を向上させ、持続可能な千年国家を創造しようという内容です。

また、危機管理・防災特別委員長として、北朝鮮のミサイル発射や核実験などの緊迫した情勢への対応に関する国への緊急提言、防災対策の「入口」とも言える住宅の耐震化促進のための提言を示させていただきました。併せて、先日の九州北部豪雨に関する松本防災担当大臣への緊急要望の報告を行いました。

翌日は、全国知事会議の政策勉強会に参加し、釜石市と大槌町を訪問。

私は、震災後にこの地を訪問した際、「釜石の奇跡」と言われた、鵜住居小学校と釜石東中学校の学校内も入り、児童生徒が必死で避難した経路も実際に歩きました。大人でも途中であきらめてしまいそうな道のり。そのときの子ども達の「生きる」ための行動は本当に凄まじいものがありました。

その小中学校の跡地は、現在、2019年のラグビーワールドカップの会場建設予定地となっています。また、小中学校は、今年4月に高台に移転し、立派な新校舎で開校していました。

大槌町では、震災の2週間前に新事業所をオープンしたにもかかわらず津波で完全破壊され、そこから這い上がり、現在は水産加工の通販で頑張っておられる小野食品さんを訪問しました。






ページのトップへ戻る