三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

「交通信号甲子園(防災版)」にお邪魔しました

2017.06.06

「交通信号甲子園(防災版)」にお邪魔しました。災害発生時の信号復旧の技術の正確さやスピードを競う大会で、全国から関係事業者の皆さんが三重県に集結されました。

三重県は、全国で最初に、三重県警察と全国交通信号工事協会と、災害発生時に信号の被害状況の確認や復旧の協力に関する協定を締結しています。発災直後は、警察は人命救助や行方不明者捜索に全力をあげたいところですが、信号が復旧していない場合、警察官が手信号で交通整理を行わなければならない状態になりますが、こういう協定で、民間事業者の協力で早期復旧をできる態勢を整えておくことで、警察業務の最適配分を可能としています。

東日本大震災でも、発災から半年後のインフラ復旧状況のうち、電気・ガス・水道などは9割以上であったのに対し、信号は12%だったそうです。信号の復旧が遅れると、交通渋滞や混乱により、生活や産業の復興が遅れてしまいますので、こういう早期復旧のための、技術の向上や人材育成のための場は大変有意義です。

 
 


ページのトップへ戻る