三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

「常若婚(とこわかこん)」のプロモーション動画撮影に夫婦で参加しました

2017.04.24

「常若婚(とこわかこん)」のプロモーション動画撮影に夫婦で参加し、JALの大西会長ご夫妻、伊勢市の鈴木市長ご夫妻とご一緒させていただきました。

「常若婚」とは、三重県、伊勢市、JAL様で企画した新たな観光プログラムで、伊勢の地で永年にわたり育まれている伊勢神宮の「常若」の精神をパートナーとの絆を深める旅のカタチに変え、日本国内をはじめ世界中の方々に体現いただこうというものです。
人生の節目に「常に若く瑞々しいままで永遠に」という「常若」を伝承する伊勢の地へパートナーとともに訪れていただき、普段はなかなか言えないようなパートナーへの感謝の気持ちやいつまでも変わらない相手への想いを、新たに誓い合っていただければという企画です。

具体的には、
・夫婦岩のある二見興玉神社にて常若婚のご朱印帳へパートナーへの想いを綴る
・こだわりの伊勢の宿で三重の旬の食を愛でながらパートナーとお互いの想いを伝えあう
・せんぐう館で「常若の精神」を学ぶ
・伊勢神宮に正装で参拝しパートナーとともに「ありがとう、これからもよろしく」を想う
・道開きの神「猿田彦神社」にて二人の新たな一歩を神前に誓う
などです。

ぜひ多くの方に、三重県や伊勢の魅力を感じていただきたいと思います!

「お伊勢さん菓子博2017」初の週末、お天気にも恵まれ、大賑わいでした!!

2017.04.24

初日の2倍にあたる約22400人の方が来ていただきました。また、開場前には約3000人の方がお待ちでしたので、10分開門を前倒しにしました。全国47都道府県のお菓子か買える「夢の市」は特にたくさんの方が来ていただいたようでした。

三重テレビさんの会場からの生番組にお邪魔しました。

写真は、今回の工芸菓子の目玉で、三重県菓子工業組合が頑張って作った「伊勢参宮宮川の渡し」の一部に登場する私(?)です。

これらも含めて楽しさ満載ですので、皆様ぜひお越しください!!


4月21日から「お伊勢さん菓子博2017」が開幕しました!!

2017.04.24

初日は、開会前に各ゲートに約2000人の方が、いまかいまかと会場入りを待っていただき、合計で約11600人の方にご来場いただき、大賑わいでした。
最終的に約80万人の来場となった前回の「ひろしま菓子博2013」の初日が約12500人の来場だったようですので、良い滑り出しだと思います。

天気予報も前日まで雨でしたが、関係者みんなの願いが通じて、雨も降りませんでした。
ぜひ皆様菓子博にお越しください!!

いよいよ今日から「お伊勢さん菓子博2017」が開幕です!!

2017.04.21

昨日は菓子博の名誉総裁であられる彬子女王殿下に、4月26日にオープン3周年を迎える三重県総合博物館をご視察いただきました。
観音寺保育園の子ども達が出迎えてくれました。
「カモシカ・パラダイス」という企画展示をしていたのですが、女王殿下はカモシカが実は「ウシ科」であったことに驚かれる(私も初めて知りました)など、リラックスされた様子でご覧になられました。
大変光栄な機会をいただき、感謝感謝です。

菓子博は、内覧会があり約4000人の方が来ていただき、赤福復刻版など人気でした。

ぜひみなさんお越しください!!

いよいよ明日から「お伊勢さん菓子博2017」の開幕です!!

2017.04.20

明日から始まる「お伊勢さん菓子博2017」のPRも兼ねて、JRタカシマヤ名古屋の「三重うまいもんフェア」にお邪魔しました。

ナゴヤゲートタワーのオープン直後かつ菓子博直前の絶妙のタイミングです。
松阪牛カレーパンなど、三重の食材を使った料理が80アイテムあります。
写真は両口屋是清さんの伊勢茶を使った御菓子です。

ぜひ菓子博と三重うまいもんフェアの両方にドシドシお越しください!!

陸上自衛隊久居駐屯地開設65周年記念式典に出席しました

2017.04.17

陸上自衛隊久居駐屯地開設65周年式典にお邪魔しました。ほぼ毎年お邪魔していますが、特に今年は、北朝鮮による核実験やミサイル発射の可能性がささやかれ、緊張感の高い中で実施された式典でした。

この久居駐屯地は第33普通科連隊の皆さんが駐屯していますが、本県を襲った平成23年の紀伊半島大水害でも、昼夜を分かたず道路啓開、救助活動、給水活動などを行っていただきました。また、昨年は、一部隊員の皆さんが南スーダンの国際貢献活動にも従事されました。

厳しさを増す我が国の安全保障環境において、志高く、緊張感を持って、真に国民のための自衛隊として、訓練や任務にあたれるよう、地域としても、しっかり理解や協力をしていきたいと思います。

すごいやんかトークで「けいわっこカレー食堂」にお邪魔しました

2017.04.16

津市の敬和地区で行われている「けいわっこカレー食堂」にお邪魔しました。

今、全国で「子ども食堂」が注目されていますが、このカレー食堂は、児童養護施設「みどり自由学園」を開放して行うという全国的にも珍しい取り組みをしています。また、目的も、子どもの貧困対策というよりは、希薄化した地域のつながりを取り戻そうという点を重視しています。

更に、ミエライス様から、三重県で開発し私が命名したお米「結びの神」を提供していただき、地元の人気スーパー「ぎゅ〜とら」様から、野菜などの具材を提供していただくという民間企業もしっかりコミットするという仕組みになっています。

地域の皆様から見て、少し距離やハードルのあった児童養護施設に地域のたくさんの大人が関与してくれることは本当に素晴らしいことです。施設の職員さんも手一杯で頑張っておられますし、施設の子ども達も施設の職員など特定の大人との接触になりがちなので、さまざまな気づきにつながると思います。また、たくさんの大人や子どもが、児童養護施設に関わることで、ときどきある児童養護施設に対する偏見などの解消にもつながると思います。

辻口博啓さんが「伊勢茶サブレ」を作ってくれました!

2017.04.15

いよいよ「お伊勢さん菓子博2017」まで1週間をきりました!

人気パティシエの辻口博啓さんが、伊勢茶(三重県はお茶の生産量全国3位)と、三重県の「大内山バター」や三重県産小麦を使った新製品「伊勢茶サブレ」を発売していただくということで、県庁に来ていただきました!

大内山バターの甘味と伊勢茶のビター感がマッチし、とっても美味しく仕上がっています。

近鉄沿線の駅売店や高速道路SAなどで販売していますので皆さんぜひどうぞ!




 

首相官邸で開催された中央防災会議に出席しました

2017.04.12

首相官邸で開催された中央防災会議に出席しました。安倍総理以下全閣僚と日銀総裁やNHK会長などがメンバーです。私は、全国知事会の危機管理・防災特別委員長を拝命しておりますので、現場を預かる自治体の立場で出席させていただきました。

今回は、もうすぐ発生から1年となる熊本地震を教訓とした、物資輸送の円滑化や災害対応でのICT活用に関する内容を盛り込んだ防災基本計画修正案を決定しました。

前日には、熊本地震を教訓として、官民で災害情報を共有し、災害対策に役立てるための「災害情報ハブ」構築のための検討会にも、同様に全国知事会を代表して出席しました。

三重県も南海トラフ対策はじめ、防災・減災対策待ったなしですから、引き続き全力をあげるとともに、全国の仲間と情報共有しながら、災害に強い地域づくりのために貢献していきたいと思います。

 

カゴメ様とのコラボで全国発売です!「野菜生活100早摘みセミノールミックス」

2017.04.07

カゴメ様とのコラボで全国発売です!「野菜生活100早摘みセミノールミックス」。4月11日から6月下旬までの期間限定かつ数量限定で全国発売です。

昨年、伊勢志摩サミットにあわせて、東海地域限定で発売したところ、約54万本売れるというヒットとなったので、更に味を改良し、全国発売と決めていただきました。

三重県産「セミノール」を使用したジュースで、セミノールは昭和46年に国内で初めて三重県において栽培が始まった柑橘類で酸味と甘味のバランスが絶妙!

パッケージには、伊勢志摩サミットも開催された伊勢志摩国立公園の英虞湾をバックにしていただき、側面では4月21日から開催される日本最大級のお菓子の祭典「お伊勢さん菓子博2017」や「みえ食旅パスポート」のPRもしていただきます!

ぜひみなさんご賞味ください!!

 

第62回神宮奉納大相撲に出席しました

2017.04.03

第62回神宮奉納大相撲が開催されました。私も大会役員としてお邪魔しました。残念ながら、先日の春場所で感動的な優勝を果たした稀勢の里関はおみえでなかったですが、この日を楽しみにしていた地元ファンで会場は満員御礼。

稀勢の里関に代わり優勝を期待された、同じ田子の浦部屋の高安関が準決勝で負けたときは、会場から大きな残念の声がありましたが、決勝は、横綱鶴竜と貴ノ岩の対戦。貴ノ岩関が優勝トーナメント戦に先立ち、神宮の内宮の神苑(G7伊勢志摩サミットで各国首脳も植樹した場所)で横綱の奉納土俵入りもありました。また、外国人の観戦者も年々増えています。

昨年のこの大会は稀勢の里関が優勝されましたので、ぜひお越しいただき、たくさんの地元ファンを魅了していただければ幸いです。


石垣副知事が退任されました

2017.04.01

「日本一愛された副知事」と称しても過言ではないほど活躍してくれ、5年間私の一番近くで支えてくれた石垣副知事が退任されました。

私利私欲や損得勘定が全くなく、とにかくみんなのために頑張る人。だから、県庁内外から愛され、石垣副知事が何かを頼みに行っても、「石やんが言うで、しゃあないわのぉ」と言って協力していただきました。5年前、副知事に着任した当日、私の部屋に来て、「知事を絶対一人にしませんからな」と言ってくれて、それを完璧に貫徹してくださいました。

最後の県庁玄関前には300名を超える職員が見送りに来ました。そこでも、「自信を持って、前に進むんだ」と職員を激励し、「いいね」をみんなでやりました。

本当に改めて心の底から感謝申し上げます。

31日は、定年等による退職者の方々に辞令と感謝状を渡しました。今年の退職者は172名。石垣さんだけでなく、本当にたくさんの皆さんとエピソードがあります。退職される皆さんの最後の6年は自分の息子くらいの世代の私が知事になり、いろいろ無理も言ったり、困らせたりもしたと思いますが、本当によく支えてくださり、心から感謝しています。これからも、ご健康に注意され、自然体で人生を楽しみつつ、三重県庁を、後輩たちを見守っていて欲しいと思います。



ページのトップへ戻る