三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

「全国障がい者馬術大会」で入賞した皆さんが県庁に報告に来てくださいました

2017.03.28

本日お越しいただいたみなさんは、身体・知的などの障がいをお持ちの方々ですが、3〜4歳から乗馬をはじめて、乗馬が大好きで、インストラクターの皆さんやご家族の皆さんと一生懸命頑張り、今回の大会で素晴らしい成果を残してくれました。一度馬に乗れば、馬と一対一の関係となる種目もあり、その場合は馬に指示を出しながら頑張らないといけないので、本当に大変なこともあったと思います。また、インストラクターの方によれば、例えば身体障がいをお持ちの方だと、左右のバランスをとりにくいケースもあるなど、大変な部分もあるけど、それを乗り越えながら頑張ってくれているとのことでした。

三重県菰野町に「湯の山乗馬クラブ」があり、50名の会員のうち、障がいをお持ちの方が15名も登録されており、みんなで頑張ってくれています。このクラブは、全国組織である「日本障がい者乗馬協会」の設立に尽力され、県内の特別支援学校にも出前講座をしていただくなど、障がい者の乗馬の普及啓発にとても貢献していただいているクラブです。

三重県では、東京オリンピックパラリンピックの翌年である2021年に、国体と全国障害者スポーツ大会が開催されます。これから、障がいの有無にかかわらず、一人でも多くの方々にスポーツを楽しんでいただける機会を創り、またそれらを支える方々を増やしたり、練習環境を整えるなど、努力していきたいと思います。


ページのトップへ戻る