三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

「常若婚(とこわかこん)」発表会を開催しました

2017.01.10

新たな旅のご提案、その名も「常若婚(とこわかこん)」です。

三重県とJALは平成27年12月に、「食と観光に関する協定」を締結し、これまで、機内食での三重県食材の提供や、機内誌や機内ビデオでの三重県観光の紹介、空港ラウンジでの三重県酒の提供などで様々ご協力いただいてまいりました。「常若婚」は、その協定に基づき、JAL様、伊勢市と協力して、今年4月から販売する新プロジェクトです。

そもそも「常若(とこわか)」とは、常に若々しいさまを表しますが、伊勢神宮の20年に1度に行われる式年遷宮において、神様にお遷りいただき、常に瑞々しい状態でいていただくことに象徴される思想です。そこで、パートナーの方と、時を過ごしていく中で、節目節目で、三重県を訪れていただき、パートナーに感謝し、また新しい、瑞々しい気持ちで、パートナーとの人生の歩みを再スタートさせる、そんなコンセプトでの旅行を提案するプログラムです。今年4月から、月2回程度、3組限定で、2泊3日を基本に、三重県内の素晴らしい旅館にお泊りいただき、伊勢神宮や、夫婦円満の象徴の夫婦岩のある二見興玉神社、道開きの神様である猿田彦神社などをまわっていただきます。伊勢志摩地域では、鳥羽市が「恋する鳥羽」、志摩市は「真珠婚」を頑張っていただいていますので、それらと連携しても面白いと思っています。

このプロジェクトを発表した、1月9日はイギリス王室のウィリアム王子の奥様キャサリン妃のお誕生日でもあり、またキャサリン妃のご両親は、JALと同じワンワールドグループのブリティッシュエアウェイズで勤務されていたこともあり、そのお誕生日に発表したプログラムですから、ウィリアム王子やキャサリン妃にご注目いただくくらいのプロジェクトに育てていきたいと思います。昨年の伊勢志摩サミットの前日には、カナダのトルドー首相ご夫妻が、結婚記念日を祝い、鳥羽にお泊りいただきましたから、そういうブームを作っていければと思います。

消防出初式に出席しました

2017.01.10

各地で成人式や消防出初式がたくさん開かれました。新成人の皆さんには改めておめでとうございます。三重県の新成人は1万8223人。そして、今日まで育ててこられた親御さんのご労苦に敬意を表します。

私は四日市市の消防出初式にお邪魔しました!最後のアトラクションでは、四日市消防の目玉、はしご登りを披露してくださいました。普段のお仕事をやりながら、消防団に従事するだけでなく、このようなアトラクションのための鍛練をしていただいていることに、心から感謝です。


ページのトップへ戻る