三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

平成28年度「夢追人 吉田沙保里大賞」表彰式を開催しました

2017.01.30

今年で3回目となる「吉田沙保里大賞」の表彰式を開催しました。三重県出身の吉田沙保里選手の偉業を讃え、「世界」「連覇」をキーワードにジュニア選手と指導者を表彰するものです。

これまで、県外枠は、体操の白井健三さん、バドミントンの山口茜さんを表彰し、今年は、リオ五輪で卓球銅メダルを獲得した伊藤美誠選手を表彰しました。県内枠は、国体三連覇をした亀山高校の柳川くんをはじめ13選手を表彰させていただきました。また、今年は、レスリングで金メダルを獲得した三重県松阪市出身の土性沙羅選手に特別賞を贈りました。

来年は三重県でインターハイが開催されます。2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2021年の三重とこわか国体と全国障害者スポーツ大会に向けて、アスリート育成にますます頑張ります。

鳥羽市、志摩市の海女漁が国の重要無形民俗文化財に指定されることになりました!

2017.01.28

鳥羽市、志摩市の海女漁が国の重要無形民俗文化財に指定されることになりました!

ユネスコ(国連教育科学文化機関)無形文化遺産登録に向けた大きなステップとなり、心から喜んでいます。日本で一番たくさん海女のいる三重県として悲願でした!保存会や地元の皆様のこれまでのご努力に心から感謝と敬意を表します。

これから、日本の宝として守っていく責任を改めて自覚しつつ、海女さんたちの笑顔や獲ったものの魅力などをしっかり発信していきたいと思います。

県民の皆様のますますの応援をよろしくお願いします!
 

熊野古道センターが10周年を迎えました

2017.01.21

熊野古道が世界遺産となり、熊野古道や周辺地域の情報発信や人々の交流のために、平成19年に開設しました熊野古道センターが10周年を迎えました。平成25年には皇太子殿下にもお越しいただきました。おかげさまで、一昨年12月には来館100万人を突破しました。
写真のように、三重県が誇る尾鷲ヒノキや熊野杉をふんだんに使った建築物です。
これからも熊野古道や東紀州の活性化につながる施設にしていきたいと思います。
写真のゆるキャラは、尾鷲市の新しい観光大使「や〜やにゃん」です。
 

今話題の俳優である星野源さんがツイッターで投稿していただいています

2017.01.21

今話題の俳優である星野源さんが、21日から三重県総合博物館MieMuで始まる企画展「植木等と昭和の時代」について、ツイッターで投稿していただいています。展示でも寄稿文を出していただいています。
昭和の大スター植木等さんは、昨年生誕90年、今年は没後10年の節目にあたります。少年時代に伊勢市や大台町などで過ごしました。
ぜひ皆さんもお出かけください。
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/88903000001_00004.htm

なばなの里へ行ってきました

2017.01.20

先日、三重県桑名市にある、イルミネーションで大人気の「なばなの里」のベゴニアガーデンにお邪魔しました。

キレイでですよね。国内最大級で、数百種約12000株の花が飾られ、一年中楽しめます。

昨年のG7ジュニアサミットで通訳ボランティアをしていただいた皆さんと「すごいやんかトーク」で意見交換させていただきました。

ぜひ皆さんキレイな花々を見に来てください。

 

三重県警察の年頭視閲式に出席しました

2017.01.19

昨年は、厳しい国際テロ情勢やサイバーテロの懸念などもある中で、日本警察の威信をかけて、伊勢志摩サミットの警備を完遂してくれました。一方、日々の交通事故や県民の暮らしに起こる様々なことに、昼夜を問わず、対応してくれています。感謝に堪えません。

今年一年も県民の安全安心のために全力を尽くすという決意みなぎる凛々しい姿でした。

女性白バイ隊先頭の東浦さんは、昨年女性白バイ隊の全国大会で優勝された方です。
 

阪神淡路大震災から22年

2017.01.17

阪神淡路大震災から22年。6434名の亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げます。私たちも風化させることなく、備えを怠りなく行っていかねばなりません。

昨日(16日)は、某テレビ番組の中で、私の妻に焦点を当てたドキュメンタリーの部分があり、たくさんの方からメッセージをいただきましたが、これからも皆様への感謝を忘れず頑張ってまいります。

高橋北海道知事が来県されました。来年北海道が150年を迎えるにあたり、北海道の名付け親である、三重県松阪市出身の松浦武四郎さんの生家や記念館を訪問されました。来年北海道で、150周年事業をやられる際、松浦武四郎さんをキーパーソンと位置付け、道内の博物館で企画展示をやられるとのことで、三重県立総合博物館でも、その巡回展をやらせていただくことで合意しました。

また、高橋知事には、サミット決定後、前回が北海道洞爺湖サミットであったので、様々な貴重なアドバイスをいただいた、そのお礼も言わせていただき、今回の伊勢志摩サミットの記念誌を贈呈させていただきました。

ケネディ駐日米国大使から離任されるにあたり、御手紙をいただきました

2017.01.13

お手紙には、オバマ大統領とともに折り鶴を折っている写真もありました。

ケネディ大使には、伊勢志摩サミットでお越しいただいたのはもちろん、その2年前に、日米の友好の証としてハナミズキを伊勢神宮に植樹していただきました。その際、ご夫妻と昼食をご一緒させていただき、若者への激励をたくさんいただきました。また、犬がお好きとのことをお聞きしたので、大使館に、三重県の観光大使をやってくれている「柴犬まる」のグッズをお届けし、大変喜んでいただきました。

犬といいますと、今年5月に三重県動物愛護推進センターをリニューアルオープンします。動物も飼い主も幸せなコミュニケーションについて、鈴鹿大学の山越先生と対談してきました。

 
 

広島県知事との二県知事懇談会を県内で開催しました

2017.01.12

今回で4回目となる広島県知事との懇談会を県内で開催しました。昨年は、伊勢志摩サミットのあと、オバマ大統領の広島訪問。三重から広島の流れ。そして、1月11日で100日前を迎えた菓子博の前回開催は広島。広島から三重への流れ。

懇談会では、湯崎知事と、働き方改革や地方創生での連携を確認しました。

視察で訪問した相可高校では、生徒さんの一人が新たな進路にアマングループが決まったと聞き、大変驚きました。また、懇談会と同時に開催した菓子博100日前イベントでは、菓子博開催を機に、赤福さんから300年ぶりの新商品となる白餡の赤福餅と復刻版赤福餅を限定販売いただくことを発表していただきました。

「常若婚(とこわかこん)」発表会を開催しました

2017.01.10

新たな旅のご提案、その名も「常若婚(とこわかこん)」です。

三重県とJALは平成27年12月に、「食と観光に関する協定」を締結し、これまで、機内食での三重県食材の提供や、機内誌や機内ビデオでの三重県観光の紹介、空港ラウンジでの三重県酒の提供などで様々ご協力いただいてまいりました。「常若婚」は、その協定に基づき、JAL様、伊勢市と協力して、今年4月から販売する新プロジェクトです。

そもそも「常若(とこわか)」とは、常に若々しいさまを表しますが、伊勢神宮の20年に1度に行われる式年遷宮において、神様にお遷りいただき、常に瑞々しい状態でいていただくことに象徴される思想です。そこで、パートナーの方と、時を過ごしていく中で、節目節目で、三重県を訪れていただき、パートナーに感謝し、また新しい、瑞々しい気持ちで、パートナーとの人生の歩みを再スタートさせる、そんなコンセプトでの旅行を提案するプログラムです。今年4月から、月2回程度、3組限定で、2泊3日を基本に、三重県内の素晴らしい旅館にお泊りいただき、伊勢神宮や、夫婦円満の象徴の夫婦岩のある二見興玉神社、道開きの神様である猿田彦神社などをまわっていただきます。伊勢志摩地域では、鳥羽市が「恋する鳥羽」、志摩市は「真珠婚」を頑張っていただいていますので、それらと連携しても面白いと思っています。

このプロジェクトを発表した、1月9日はイギリス王室のウィリアム王子の奥様キャサリン妃のお誕生日でもあり、またキャサリン妃のご両親は、JALと同じワンワールドグループのブリティッシュエアウェイズで勤務されていたこともあり、そのお誕生日に発表したプログラムですから、ウィリアム王子やキャサリン妃にご注目いただくくらいのプロジェクトに育てていきたいと思います。昨年の伊勢志摩サミットの前日には、カナダのトルドー首相ご夫妻が、結婚記念日を祝い、鳥羽にお泊りいただきましたから、そういうブームを作っていければと思います。

消防出初式に出席しました

2017.01.10

各地で成人式や消防出初式がたくさん開かれました。新成人の皆さんには改めておめでとうございます。三重県の新成人は1万8223人。そして、今日まで育ててこられた親御さんのご労苦に敬意を表します。

私は四日市市の消防出初式にお邪魔しました!最後のアトラクションでは、四日市消防の目玉、はしご登りを披露してくださいました。普段のお仕事をやりながら、消防団に従事するだけでなく、このようなアトラクションのための鍛練をしていただいていることに、心から感謝です。

北海道日本ハムファイターズ谷元投手にお越しいただきました

2017.01.07

昨年のプロ野球日本シリーズの胴上げ投手、谷元圭介さんが県庁に来てくれました。

三重県鈴鹿市にある県立稲生高校出身。2008年の入団テストに合格してドラフト7位。最初の年俸は500万円。身長は167cmと僕よりも小柄ですが、3年連続50試合以上登板し、昨シーズンは58試合に登板。契約更改では堂々の1億円プレイヤーに。

コツコツ努力を重ねてきたとおっしゃっていました。子ども達にメッセージをと申し上げたところ、「絶対にあきらめずに、小さいことでもコツコツと努力することが大事」と、ご自身のプロ野球人生そのものを話してくれました。まず当面の夢は連覇とのこと。

今年の3月22日、伊勢市の倉田山野球場にて、三重県が生んだレジェンド沢村栄治の生誕100年を記念して、オープン戦で巨人vs日本ハムが開催されます。私も誘致に取り組んできたので、本当に嬉しいのですが、その試合で、谷元投手が連覇に向けて「凱旋登板」をしてくれることも、ちょっぴり期待しています。

三重県は、国体開催を5年後、インターハイを翌年に控え、これから5年間に向けて、今年は「スポーツイヤー元年」です。2月には、市町対抗駅伝「美し国駅伝」が第10回の記念大会を迎えますので、三重県伊勢市出身の野口みずきさんをゲストにお迎えします。

ぜひ三重県のスポーツにご支援ご協力をよろしくお願いします!!

第6回みえ県民意識調査にご協力をお願いします

2017.01.05

今回は、皆様へのお願いです。

今年度も1月から2月にかけて「みえ県民意識調査」を実施します。
この調査は、県民の皆さんの幸福実感をお聞きするため、無作為に選ばせていただいた1万人の県民の皆さんを対象に毎年行っているもので、今回で6回目になります。

これまでの調査から、「家族」や「就労や収入」、さらには「地域や社会とのつながり」などが県民の皆さんの幸福実感と関連があることが分かってきました。これら調査結果は、少子化対策についての議論や「みえ県民力ビジョン・第二次行動計画」の策定を進める際の重要な資料とするなど、県政の運営にしっかりと活用させていただいています。

今回の調査では、幸福実感のほか、ご家族、働き方、情報の入手に関すること、さらに、今年5月の開所をめざして「三重県動物愛護推進センター」(愛称:あすまいる)の整備を進めていることから、この機会に動物愛護に関することもお聞きします。
お寄せいただいた回答は、県民の皆さんの幸福実感に変化は見られるのか、幸福実感向上のための課題は何かといった視点から分析を行うとともに、少子化対策や働き方改革、効果的な県の広報に関する議論に生かすなど、県政の運営に役立てていきます。
 
本日(1月5日)、1万人の方にアンケート用紙を郵送しました。
アンケートは無記名式で、個人のお名前やご意見などが特定されることはありませんので、お手元に届きましたら、是非ともご協力いただきますよう、よろしくお願いします!
また、ご家族やお知り合いの中に、アンケート用紙が送られてきた方がお見えでしたら、回答していただくようお声かけしていただけると幸いです。
 
集計結果は4月頃に公表し、報告書は県庁舎の受付などに配置するとともに、県ホームページにも掲載します。
みえ県民意識調査のホームページはこちらです(↓)
http://www.pref.mie.lg.jp/KIKAKUK/HP/mieishiki/     ( 『みえ意識』で検索! )
 
アンケートをお願いする方には、ご負担をおかけすることになりますが、県政を進めるための貴重な資料として活用させていただきますので、是非、ご協力をお願いします!!

仕事初めです

2017.01.04

仕事初めです。恒例の総理の伊勢神宮参拝への随行をさせて頂きました。今年で6回目の随行ですが、宇治山田駅、沿道や神宮内で激励をしていただける県民の皆様や、県外からおみえの皆様に感謝です。今年1年も改めてしっかりやっていこうと気持ちが改めて引き締まります。

昨年は、通常国会が4日からでしたので、総理の年頭記者会見は東京で行われましたが、今年は平成25年の第二次安倍政権発足時の年頭からと同様、伊勢神宮での記者会見から総理も仕事をスタートしていただきました。

朝一番には、県庁内で年頭挨拶。ポストサミット、スポーツ、防災、人口減少対策など話しました。昼は、伊勢商工会議所、伊勢度会建設関連団体の会合にお邪魔し、新年のご挨拶をさせていただきました。

今年は酉年。式年遷宮の「遷御の儀」は「鶏鳴三声」という鶏の鳴き声からスタートします。天岩戸開きの故事にちなみ、天照大神がお隠れになっているとき、鶏も鳴き声をあげ、その後天照大神が再び出てこられ、世の中に光を取り戻したことに由来します。今年1年が、三重県民の皆様はじめ、それぞれに多くの光を呼び込める年になりますことをお祈りいたしますし、私たちも、そのためにしっかり頑張ります。
 
 
 

新年明けましておめでとうございます

2017.01.01

新年明けましておめでとうございます!

昨年も、伊勢志摩サミットはじめ、ほんとに多くの方に力を貸していただきました。改めて感謝申し上げます。

今年も知事就任以来欠かさず参上している皇居での「新年祝賀の儀」に、妻とともに参列しました。天皇皇后両陛下のお元気なお姿を拝見し、今年1年に向け気持ちが高まりました。
今年もまだまだ至らぬ点の多い私ですが、三重県の発展、三重県民の皆様の幸福のため、全力で頑張りますので、ご指導よろしくお願い致します。

皆様が今年1年、健康でご活躍されることを祈念致します。

写真は、皇居に向かう新幹線からの富士山と、近鉄特急の中から撮影した初日の出です。
 


ページのトップへ戻る