三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

26日から28日、中国の北京と天津に出張してきました。

2016.06.30

26日から28日、中国の北京と天津に出張してきました。

メインは、世界のあらゆる分野のトップリーダーが集結する「ダボス会議」を主催する世界経済フォーラムが毎年夏に開く、いわゆる「サマーダボス」が天津市で開かれるということで、伊勢志摩サミット開催自治体の首長として招待をされましたので、それに参加するためです。併せて、様々なトップセールスやネットワークづくりを行ってきました。

初日は、北京・天津の三重県人会の皆さんとの会食の後、日本旅行の北京代表の方と意見交換。中国からのインバウンドを更に増やすために、単なる個人旅行だけではなく、食関連産業の視察旅行や教育旅行、ゴルフツーリズム等が人気なので、それを狙うとよいとアドバイスをいただきました。その後、横井駐中国日本国大使に面談し、今年、三重県が友好提携30周年を迎える河南省との記念事業への協力や、中国での日本PRにあたって三重県の事例を紹介するなどの協力依頼をしました。夜は、元駐日中国大使館の商務担当公使であった方や、機械設備団体や富裕層向け商品提供をしている団体の皆さんと会食でした。会食の場所は、三重県...松阪市出身の若者が、本物の和食と日本酒を楽しんでほしいとチャレンジしたお店で、とってもおいしかったです。

2日目はサマーダボス。今回サマーダボスが10周年の節目なので、これまでより多い、90か国2000名が参加。公式セッションに依頼を受けて参加。伊勢志摩サミットが美しい海に面した場所で開かれたことや、海洋資源の管理に三重県などが取り組んでいることから、「海洋再生」のセッションで意見発表を行いました。私から、サミット開催地の海の美しさ、海女という文化とその現状、志摩市の里海構想、海岸漂着物対策と今年10月に行う「海ごみサミット」の紹介。終了後、コーディネータのモーリシャスの国家海洋委員会の方と意見交換し、今後も海洋再生の取組について意見交換するとともに、こういう分野での国際会議や視察などをやる場合はぜひ三重県でという依頼をしました。

そのあとは、オープニングセレモニーで、中国の李克強首相の基調講演がありました。これが迫力ありました。経済成長のための古いドライバーを新しいドライバーにすること、産業構造のトランスフォーメーションが必要であること、中国経済の下振れ圧力があるが自分たちはそれを克服する自信があることなど、高らかに自信たっぷりに基調講演をされていました。リーダーの世界に向けた力強い言葉の重要性を感じました。

その後、天津市副市長を訪問。天津市は四日市市と友好提携を締結し、昨年35周年。先方からは、これまでの四日市との交流をベースに、更に三重県とは産業構造の共通性もあるので、ぜひ更に交流を深めたいとの言葉。私からも、大学間交流や教育旅行などをぜひ深めたいという話と、水産物の輸出を開始し、三重県の食をどんどん売り込むので協力してほしい旨を要請しました。

その後、EJTという、天津にオープンし、市政府も検疫含めて全面協力の輸入スーパーを訪問。中国は検疫が厳しく、輸出できる品目は限られていますが、今回はブリを持っていき、水産物を中心に取引拡大を要請しました。相当手応えもありましたし、今後店舗拡大をしていくそうなので、県産品輸出を拡大していきたいと思います。

翌日は、外交部を訪問し、外務大臣補佐官にあたる孔部長助理と会談。次期エースと言われる方で、以前は日本で公使もお勤めになり、三重県では榊原温泉に行ったことがあり、とても素晴らしい温泉だと絶賛されていました。

今回日本での報道と比べて、現地の皆さんの経済に対する実感値はそれほど悪くなく、やはり、現地の状況にしっかり触れて見極めておくことが、様々な判断に役立つと改めて感じました。今後、対中国では、観光誘客や県産品輸出拡大などに更に力を入れて取り組んでいきたいと思います。

日本ハムの工場視察、桜木記念病院での講演会にお邪魔しました

2016.06.28

三重県では、様々な日本一の製品がつくられています。

6月25日は、日本ハム桑名プラント様と、日本ハムの100%出資でコンビニ食材などを製造しているプレミアムキッチン中部工場様にお邪魔しました。今年初めの企業誘致セミナーにご出席いただいた際に、ぜひお越しくださいとのご要請を受け、実現しました。投資などで県の補助金もご活用いただいています。

日本ハム桑名プラントでは、日本で一番売れている冷凍食品のピザやハンバーグを製造しています。プレミアムキッチンでは、日本で一番売れているコンビニおにぎりの東海3県分を製造しています。徹底した衛生管理と、高度な温度管理、またシェフを和洋中で専属で雇い、味も徹底的に追究していて、感動のものづくりでした。

三重県では、これからも日本で誇れるものづくりを応援していきたいと思います。

なお、日本ハム様にはサミットで応援商品販売で、プレミアムキッチン様には弁当供給業務で、それぞれ多大なご協力をいただきました。

また、同日、日頃大変お世話になっている松阪の桜木記念病院様の創立125年を記念した職員様向けの講演会では、地域医療や少子化対策、サミットの話などをさせて頂きました。

丸川環境大臣に要望しました

2016.06.22

伊勢志摩国立公園を「ナショナルパーク」に指定いただけるよう丸川珠代環境大臣にお願いにあがりました。

現在、政府では、日本の国立公園のうち数ヶ所を指定して、外国人観光客も楽しめて世界にほこれる「ナショナルパーク」にしていこうと検討しています。
そこで、今回、伊勢志摩サミットが開催され、戦後初めて国立公園に指定されて今年70周年を迎える伊勢志摩国立公園を、ぜひナショナルパークに指定して頂きたいと要望しました。

伊勢神宮があり、日本文化と自然と人の日々の営みが融合した世界でも珍しい国立公園。神に唯一選ばれし場所ですから、ぜひ実現するよう、これからも働きかけます。


女子ラグビーチーム「PEARLS」の設立記念パーティに出席しました

2016.06.18

女子ラグビーチーム「PEARLS」の設立記念パーティにお邪魔しました。

女子ラグビー7人制が今年の岩手国体から正式競技になります。三重県出身の伊藤絵美キャプテンはじめ、日本代表経験者6名を擁する強豪チームです。ぜひロケットスタートで結果を残して欲しいと思います。私も最高顧問のお役を頂きましたので、しっかり応援したいと思います!


三重県自治会連合会会長へサミットの御礼にうかがいました

2016.06.18

伊勢志摩サミットに多大なご尽力をいただいた御礼をお伝えするため、三重県自治会連合会の山崎会長を訪問しました。

山崎会長の地域で北海道警察や広島県警察のみなさんに、炊き出しをしたり、子ども達からの感謝の手紙を送ったところ、北海道警察から立派な感謝状が贈呈され、そのご報告も頂きました。県民の方お一人お一人の心のこもったおもてなしなくして、今回の伊勢志摩サミットの成功はありませんでした。

 

柴犬まる大使の観光PR動画を公開しています

2016.06.14

大人気の「柴犬まる」。なんと三重県の観光大使をやってくれてます。
犬の観光大使は都道府県初。今やインスタグラムで240万フォロワーの人気者。その9割が海外とのことです。
まるが三重県のおすすめスポットをまわる動画、ぜひ御覧ください!

【三重県観光PR動画「柴犬まる大使の♯三重県の観光大使ですから」】
https://youtu.be/4A0md4nR2R8
 

外国語案内ボランティアの解散式に出席しました

2016.06.12

昨日は、伊勢志摩サミットで大活躍してくださった外国語案内ボランティアの解散式でした。1000名を超える応募の中から、339名の方に活躍して頂きました。海外メディアやサミット関係来県者など、約7500名の方の案内をしていただきました。

案内所の仲間でチームプレーで対応した話や、一般の観光客のために郵便局を探しに行ったエピソードなど、たくさん聞かせて頂きました。

このようなみなさんが出てきてくれたことが、三重県の財産です。

これからも外国人観光客や国際会議の誘致に積極的に取り組みますので、この方々のお力をお借りしたいと思います。

写真は、私が挨拶で、「ボランティアに参加して良かったと思う方、手をあげて!」と突然言って、みなさんが元気いっぱい手をあげていただいた様子です。


野口みずきさんに三重県スポーツ特別功労大賞を授与させていただきました

2016.06.10

6月9日に女子マラソンアテネオリンピック金メダリストの、三重県伊勢市出身の、野口みずきさんに、三重県スポーツ特別功労大賞を授与させていただきました。この賞は、女子レスリングの吉田沙保里さんに次いで二人目です。

あわせて、野口みずきさんが大のマグロ好きであることから、伊勢マグロ30キロを贈呈いたしました。
野口みずきさんは、やりきったオーラ満載で、本当に清清しい様子で嬉しかったです。これからゆっくりされつつ、ふるさと三重県に力も貸して欲しいと思います。

そして、なんと、野口みずきさんが、最後のレース、名古屋ウイメンズマラソンの練習で使用していたシューズを御寄贈いただきました。ありがとうございました!

野口みずきさん、これからも応援しています!感動をありがとう!


2016年度ベストファーザー イエローリボン賞(政治部門)を頂きました

2016.06.09

この度、2016年度ベストファーザー イエローリボン賞(政治部門)を頂きました。第35回を数える伝統ある賞を頂き、光栄に思います。スポーツ部門の上原浩治さん(ボストンレッドソックス)、タレント部門のユージさんなどとともに授賞となりました。これまでの政治部門ではおそらく最年少であり、まだまだ父親歴の浅い僕ですから、これからしっかり頑張りなさいという趣旨でいただいたんだと思います。

とにもかくにも、ご理解ご協力いただいている県民の皆さんに感謝申し上げますとともに、僕が父親をやれるのは、妻、息子、娘のおかげなので、心からの感謝です。

僕は知事という職をさせていただいていますから、自分のことだけでなく、県内でベストファーザーがたくさん増えるように頑張っていきたいと授賞を機に改めて感じております。

あわせて、日本ネクタイ組合の皆様から、ベスト・ネクタイストも頂きました。勝負ネクタイで赤をつけることが多いのですが、この日は、ベストファーザー賞も頂きましたので、息子が一番好きな色である青色のネクタイをつけていきました。




ちょうど一年前の今日(6月5日)、サミット開催が三重県に決まりました

2016.06.06

6月5日。ちょうど一年前の今日、サミット開催が三重県に決まりました。この日から三重県の歴史が変わりました。絶対に忘れることができない日です。ご協力いただいた皆様に改めて心から感謝申し上げます。

今日は、伊勢志摩サミットで使用された国際メディアセンターの一般開放で、一日ナビゲーターをサプライズで務めました。今までのサミットで初めてこのような対応となり、県民の皆さんに少しでもサミットの雰囲気を感じていただけたのではないかと思います。

午前中は、今回のサミットの成果を次世代につなげるため、県内高校生、ジュニアサミット参加者が集って、未来を議論する「三重の高校生サミット」を開催しました。



伊勢えび祭の式典に参加しました

2016.06.06

6月4日は、長男の四歳の誕生日。たくさんの方々にお祝いメッセージやプレゼントを頂き、本当に感謝申し上げます。夕方一緒にパパとママからのプレゼントを買いに行きました。ジュウオウジャーの合体ロボットでした(笑)。夜は家族で食事をしてお祝いでした。幼稚園で覚えてきた歌やお遊戯を披露しながらご機嫌でした。

日中は、志摩市の伊勢えび祭の式典。名物じゃこっぺ踊りへの参加はできませんでしたが、伊勢志摩サミットの成功の熱が冷めやらぬ中、大盛り上がりだったそうです。噂の巨大伊勢えびは見れて良かったです。

午前中は、今年八月に三重県で開催される国際地学オリンピックの役員、インド、フランス、イスラエルの方々がおみえでした。今回は、日本初開催、更に過去最大の30ヵ国の参加。伊勢志摩サミット直後にこのような世界的イベントの開催に感謝です。

その後は、名古屋のタイフェスティバル名古屋でご挨拶。ヤマモリの三林社長が、タイと日本の架け橋にと全力で頑張ってくださっています。ブンナーク大使ご夫妻からも、伊勢志摩サミット成功と娘の誕生のお祝いの言葉を頂きました。



 

リニア中央新幹線建設促進期成同盟会総会に出席しました

2016.06.03

リニア中央新幹線の関係自治体が集まる期成同盟会に参加しました。

1日、総理から、名古屋以西のルートについて、政府支援により、最大8年の開業前倒しを表明していただきました。大歓迎、大前進、大英断。

ご存じのとおり、三重県にも中間駅が設置される予定です。これまで、奈良県などと官民あげて、名古屋以西のルートについて、全線同時開業を含む全線早期整備を、何度も何度も何度も要望してきましたが、ナシのつぶてでした。そんな中、伊勢志摩サミット直後のこの時期に安倍総理から表明いただいたことは、本当に嬉しく思います。三重県には、空港も新幹線もありませんが、地方創生、外国人観光客を含めた交流人口増加などのためにも、アクセス性を高めることは必須です。

とはいえ、支援の具体策、ルートや中間駅の確定など、まだまだ課題山積ですので、県内経済界のみなさんや、奈良・大阪府と連携して、更に働きかけを強めていきます!

伊勢志摩サミットこぼれ話A

2016.06.03

今回はオバマ大統領について。残念ながら今回は直接お話する機会はなかったのですが神宮でお出迎えさせて頂きました。手もとても大きいのかなあと思っていましたが、思ったよりソフトな印象の手でした。

また、光栄にも、アメリカ関係者経由で、オバマ大統領から贈呈品(置時計)を頂きました。オバマ大統領のご出身のハワイの木を使用されたものでした。当面は知事室に置かせて頂きますが、一年以内に設置する伊勢志摩サミット記念館が完成すれば、そちらに移したいと思います。

あと、印象的だったのは、植樹を手伝ってくれた子どもたちに、本当に優しく、「名前は?」など聞いてくださっていて、広島での演説でも、子どもたちのことをたくさん語っておられましたし、本当に次世代に対する思いの強い方なんだなと感じました。

伊勢志摩サミットの御礼まわりをしました

2016.06.03

伊勢志摩サミットの無事故かつ成功裏に終えたお礼に政府関係を回ってきました。

安倍総理、安倍昭恵夫人、菅官房長官、岸田外務大臣、自民党、公明党幹部、塩崎厚労大臣、丸川環境大臣、警察庁長官、国交省、防衛省、総務省、財務省などなど。

みなさんから、何より地元の協力があったからこそと、県民のみなさんのご協力にお褒めいただいたことが一番嬉しかったです。

総理からは、伊勢神宮のご正宮訪問時の各国首脳の様子や、ワーキングディナーでの伊勢海老のクリームスープを飲む各国首脳の様子など、裏話を聞けて良かったです。そして、総理からも、昭恵夫人からも、三重県でやって良かったという趣旨をおっしゃっていただいたとき、県民のみなさんと一緒にやってきた努力が報われたと思います。

伊勢志摩サミットこぼれ話@

2016.06.02

1日目、伊勢神宮の各国首脳の控室。

一番最初に到着されたオランド大統領は、岸田外務大臣とお話される中、「この伊勢神宮は、年間に何人くらいが訪問するのか」とのご質問。私のほうから、「昨年は838万人。一番多かった2013年は1420万人。これは、日本では、東京ディズニーリゾートに次ぐ」とご説明したところ、大変ビックリされてました。

その後、各国首脳はご正宮訪問後、再び控室に戻り、次の会場に順に出発。これは、外交上、「プロトコル」というものの順番で出発されます。まず、次の出迎えのため、安倍総理。日本政府要人の方はみなさん同行。次に、大統領。オバマ氏、オランド氏の順。次に首相の中で在任期間の長い順に出発。メルケル氏、キャメロン氏。

今回初参加のカナダのトルドー首相は、他の首脳より早く三重県入りされて、サミット会場とは別のホテルに宿泊されたり、登山をしていただきましたので、その印象をお聞きしたいと思い、話しかけにいきました。トルドー首相からは「伝統とモダンが融合した、とても美しい場所」とのお言葉をいただきました。ご満足いただけたようで良かったです。

今後、こんなこぼれ話も書きたいと思います。


ページのトップへ戻る