三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

フジテレビ「新報道2001」に出演しました

2016.05.31

伊勢志摩サミット閉幕から2日後。フジテレビ「新報道2001」にお邪魔しました。配偶者プログラムや伊勢型紙の特集、加えて三重県の少子化対策も取り上げて頂きました。出演者のみなさんもそうですし、その後参列した結婚披露宴にご出席の政官財界のみなさんも、また電車で出会うみなさんも、本当にたくさんの方々が、「伊勢志摩サミット本当に良かったですね」と言って頂き、充実感と嬉しさが改めて込み上げ、噛みしめています。

また、一部報道にもありますとおり、首脳のディナーの乾杯等で使用された三重県の日本酒が、一日で一年分出荷したなどとあるように、私にも各方面から三重県の日本酒に対する問い合わせも相次いでますし、データは整理中ですが、東京の三重テラスも、伊勢志摩サミット閉幕後、おかげさまで大繁盛しています。この機を逃さず、三重県酒全体の販路開拓頑張ります。

その結婚披露宴の主賓であられた菅官房長官からも、お声がけ頂くみなさんからも、首脳の神宮訪問の評価が極めて高いです。菅官房長官は、主賓の挨拶で、神宮を訪れた首脳から、「聖なる場所の訪問は感動を伴うものであった」「日本文化を学べた」「伝統の継続性と悠久の歴史を感じた」などの声があったことが紹介されました。また、ご正宮から戻った首脳たちが記帳した中で、ドイツのメルケル首相が、「ここ伊勢神宮に象徴される日本国民の豊かな自然との結びつきに深い敬意を表します。」と書いたことに触れ、そのあとに「シンゾウ、ありがとう」と述べたエピソードを紹介されました。記帳では、先日オバマ大統領は紹介しましたが、フランスのオランド大統領は「日本の源であり、調和、尊重、そして平和という価値観をもたらす、精神の崇高なる場所にて」、カナダのトルドー首相は「伊勢神宮の調和に、繁栄と平和の未来を創るといった我々の願いが映しだされますように」などの言葉がありました。

私たち三重県民には、伊勢神宮は、あまりにも身近でありますが、改めて、世界のトップリーダーたちの心を打つ素晴らしい場所であり、平和を祈り、日本文化の中心であることを改めて強く思い、次世代に引き継いでいかねばなりません。


ページのトップへ戻る