三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

フジテレビ「新報道2001」に出演しました

2016.05.31

伊勢志摩サミット閉幕から2日後。フジテレビ「新報道2001」にお邪魔しました。配偶者プログラムや伊勢型紙の特集、加えて三重県の少子化対策も取り上げて頂きました。出演者のみなさんもそうですし、その後参列した結婚披露宴にご出席の政官財界のみなさんも、また電車で出会うみなさんも、本当にたくさんの方々が、「伊勢志摩サミット本当に良かったですね」と言って頂き、充実感と嬉しさが改めて込み上げ、噛みしめています。

また、一部報道にもありますとおり、首脳のディナーの乾杯等で使用された三重県の日本酒が、一日で一年分出荷したなどとあるように、私にも各方面から三重県の日本酒に対する問い合わせも相次いでますし、データは整理中ですが、東京の三重テラスも、伊勢志摩サミット閉幕後、おかげさまで大繁盛しています。この機を逃さず、三重県酒全体の販路開拓頑張ります。

その結婚披露宴の主賓であられた菅官房長官からも、お声がけ頂くみなさんからも、首脳の神宮訪問の評価が極めて高いです。菅官房長官は、主賓の挨拶で、神宮を訪れた首脳から、「聖なる場所の訪問は感動を伴うものであった」「日本文化を学べた」「伝統の継続性と悠久の歴史を感じた」などの声があったことが紹介されました。また、ご正宮から戻った首脳たちが記帳した中で、ドイツのメルケル首相が、「ここ伊勢神宮に象徴される日本国民の豊かな自然との結びつきに深い敬意を表します。」と書いたことに触れ、そのあとに「シンゾウ、ありがとう」と述べたエピソードを紹介されました。記帳では、先日オバマ大統領は紹介しましたが、フランスのオランド大統領は「日本の源であり、調和、尊重、そして平和という価値観をもたらす、精神の崇高なる場所にて」、カナダのトルドー首相は「伊勢神宮の調和に、繁栄と平和の未来を創るといった我々の願いが映しだされますように」などの言葉がありました。

私たち三重県民には、伊勢神宮は、あまりにも身近でありますが、改めて、世界のトップリーダーたちの心を打つ素晴らしい場所であり、平和を祈り、日本文化の中心であることを改めて強く思い、次世代に引き継いでいかねばなりません。

伊勢志摩サミット特別派遣部隊離県式、竹明かりイベントに出席しました

2016.05.30

5月28日は、テロなどの厳しい情勢や、サイバーなどの新たな脅威のある中、過去最大規模の約2万3千人で、警備任務を無事完遂してくださった、全国警察からの特別派遣部隊の離県式に出席しました。熊本地震やオバマ大統領広島訪問などで寸前に警備計画の変更もありながらも、任務を完遂してくれたみなさんの仕事は、日本の警察の能力の高さを世界中に示したものであり、日本の誇りであり、歴史に残る偉業だと思います。そして、それだけでなく、皆さんは、とても優しかった。話しかけられても笑顔で受け答えし、宿泊していた旅館の皆さんにも感動を与えてくれました。慣れない地で多大な負担もあったと思いますが、心から尊敬します。また、ご家族で三重県に遊びに来て頂きたいです。ありがとう!

また、同日夕方には、配偶者プログラムや配偶者ディナーを盛り上げてくれた竹明かりメンバーのイベントにお礼を兼ねてお邪魔しました。彼らの中心メンバーは、熊本出身で、地震で大変な中、頑張ってくれました。伊勢志摩サミットを通じた世界平和、熊本復興、この地域の発展の3つの願いを込めて点灯しました。


伊勢志摩サミットが閉幕しました

2016.05.28

伊勢志摩サミットが閉幕し、一夜があけました。何より大きな混乱や事故なく、そして奇跡的な天気で、大成功となったこと安堵にしています。

とにもかくにも感謝感謝。どれだけお礼を言っても言い尽くせません。私も立ち会わせていただいた最後の安倍総理の議長国会見では「今回のサミット開催にあたって、大変なご協力をいただいた、伊勢志摩の地元の皆さん、三重県の皆さんに、心から感謝申し上げたいと思います」と締めくくっていただきました。この言葉を聞いたとき、グッときました。

交通や生活面などでご不便をかけながらも、最後まで開催成功に向けてご協力頂きました県民の皆さん、沿道で各国首脳を大歓迎してくれた県民の皆さん、配偶者への食事や植樹や伊勢音頭で頑張ってくれた子どもたち、各国首脳から高い評価を得たおもてなしをしていただいたホテルや料理人のみなさん、今回極めて好評だった食材などを提供してくださった皆さん、贈呈品やテーブルなどを製作していただいた皆さん、警備の皆さんをもてなしてくれた旅館の皆さん、応援ソングを作っていただいた平井堅さんなどなど、あげればキリがありません。このオール三重での、一人一人の力を積み重ね、三重県の底力を発揮できたこと、嬉しく思います。

そして、総理や昭恵夫人はじめ官邸の皆さん、相当地元に配慮していただいた外務省の皆さん、過去最大規模の警備を完遂していただいた全国警察の皆さん、海上保安庁や自衛隊の皆さん、全国から精鋭が集っていただいた消防関係の皆さん、こちらもあげればキリがないですが、本当にありがとうございました。

閉幕までは「三重県に新たな歴史が刻まれた」という過去形の気持ちでしたが、閉幕した直後から「三重県が新たなスタート地点に立った」という気持ちです。

オバマ米国大統領は、伊勢神宮でこのように記帳されました。
「幾世にもわたり、癒しと安寧をもたらしてきた神聖なこの地を訪れることができ、非常に光栄に思います。世界中の人々が平和に、理解しあって共生できるようお祈りいたします。」

安倍総理は、議長国会見冒頭で、
「神宮は、五穀豊穣を祈り、平和を祈り、人々の幸せを祈りながら、2000年もの悠久の歴史を紡いできました。今日の平和と繁栄は、そうした人々の祈りの上に築かれたものであります。その神宮から、今年のG7サミットはスタートしました。」

私たち三重県の思い。本質。このサミットをきっかけに、改めて気づき胸に刻みました。いま、ここからスタートしたいと思います。

改めて感謝申し上げます。



いよいよ伊勢志摩サミット2日目です

2016.05.27

今日は、配偶者プログラムで三重情報館をご案内、最後の総理の議長総括記者会見に同席などのお役目です。その他、G7以外に参加しているアウトリーチ国首脳が会議以外に三重県内の場所を訪問する可能性があり、その際ご案内します。

昨日は、奇跡的な天気の改善で全ての行事を予定どおり完遂できたこと、警備などに関して大きな混乱や事案がなかったことで、とにかく地元としては安堵しました。神宮前で各国首脳を大歓迎していただいたことも含めて、県民の皆さんの多大なご協力に感謝申し上げます。

あと、個人的には、4回の英語での挨拶はじめ、国家行事での役割を無事に果たせて良かったと安堵しています。

加えて、今回千載一遇のチャンスと位置付けていた三重県の魅力の発信についても手応えがある初日でした。

伊勢神宮のご正宮前での各国首脳の記念写真は、全世界に配信され、伊勢神宮の魅力が伝わりました。

食事においては、首脳の食事も、配偶者の食事も、ふんだんに、大半が三重県食材が使われました。松阪牛や伊賀牛、伊勢海老などメインの食材だけでなく、茶菓子、ジュース、野菜や醤油などに至るまで、官邸や外務省のご配慮を頂きました。なお、注目の首脳の食事の乾杯酒は、昼は鈴鹿の「作」、夜は伊賀の「半蔵」。夜の乾杯酒の器も萬古焼。

国際メディアセンターに設置した三重情報館は、三日間で約一万人のご来場。8年前の洞爺湖サミットの時は六日間で約4900とのことですから、大盛況です。また、メディアセンター内の食事は9割以上が三重県食材が使われています。国内外のサミットをこれまで何度も取材された皆さんからも、今までのサミットで一番だと何人にもおっしゃって頂きました。

あと1日頑張ります!なお、いろんなこぼれ話は随時出していきます。



サミット午後からのお役目

2016.05.26

今日午後からのお役目は、配偶者プログラムへの随行です。

ランチは、伊勢市で、「まごの店」でお馴染みの県立相可高校の生徒が料理をふるまうにあたり、冒頭挨拶をしました。

次に、ミキモト真珠島で、出迎え時に説明と挨拶。約90名の海女さんとの対話、九鬼水軍太鼓、伊勢音頭など、大盛り上がりでした。お別れのとき、伊勢音頭を踊ってくれた子ども達が、淋しさと達成感から泣いた姿にグッときました。

こちらも天気予報をくつがえし、写真のような晴天でした。



サミット二つ目のお役目

2016.05.26

二つ目のお役目は、植樹の説明でした。私は一番左端です。

天気予報をくつがえし、写真のような晴れ間。
首脳が並んだご正宮前での記念写真が一番晴れていたそうです。

安倍総理が、伊勢神宮について、ご正宮に向かう前に各国首脳にご説明していただいています。皆さん立って聞いていただいています。




 

いよいよ伊勢志摩サミット当日です

2016.05.26

いよいよ伊勢志摩サミット当日です。

緊張感と高揚感が増していますが、笑顔を絶やさず全力投球したいと思います。

とにもかくにも、安全でスムーズな開催となるよう、地元もしっかり頑張ります。みなさんのご協力何卒よろしくお願い致します。

本日最初のお役目は、各国首脳を伊勢神宮の控室でのお出迎えです

 

いよいよ明日は伊勢志摩サミットです

2016.05.25

いよいよ明日は伊勢志摩サミットです。
関係した全ての人々の努力が結実する二日間になるよう、全力を尽くします。

三重県入りされた、安倍総理ご夫妻のお出迎えをさせて頂きました。
三重県の新たな歴史のページが開かれる一瞬一瞬。

しっかり三重県の未来につなげるべく頑張ります。

伊勢志摩サミットまで、あと2日

2016.05.24

伊勢志摩サミットまで、あと2日。いやいや、あと1時間以内に、あと1日を迎えます。かなり緊張感が増してきました。とにかく、この1年弱、県民の皆さんとともに、全力投球で頑張ってきたことを出しきりたいと思います。

今日は、今回のサミットで、伊勢湾に展開していただく海上自衛隊の最大かつ最新の護衛艦「いずも」に乗り、海上保安庁のみなさんはじめ、海にまつわる関係者の調整会議を行いました。堂下総監以下、極めて士気の高いメンバーでしたし、万全の作戦と体制でした。さすが自衛隊です。

その後、全国から精鋭が集り結成された消防特別警戒部隊の結団式に参加しました。洞爺湖サミットを超える過去最大規模で、火災発生時の迅速対応と被害の最小限化、火災の未然防止に全力をあげます。

安全が最大のおもてなし。万全にも万全を期していきます。
 
 

「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」が開催されています

2016.05.23

昨日から伊勢市にて、伊勢志摩サミットにあわせ、「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」が開催されています。私もオープニング式典に参加させて頂きました。お忙しい中、松井広島市長、田上長崎市長もご来県いただきました。両市長は、このあと、伊勢神宮にもおまいりいただきました。

八年前の洞爺湖サミットの際にも開催されました。しかし、今回は、古来より「平和への祈り」の場所である伊勢神宮のある伊勢市で開催されること、オバマ大統領の広島訪問という歴史的タイミングであることなど、極めて意義深いと思います。

田上長崎市長が、ご挨拶で、「広島と長崎が核兵器廃絶を言っている状態にある種ジレンマを感じるときがあります」とおっしゃられました。つまり、広島と長崎だけが主張している状態では、「広島と長崎の特殊事情」と受けとめられてしまうので、ひとつでも多くの他の自治体も声をあげてほしいという趣旨でした。三重県も、平成九年に非核に関する宣言を出して、来年で20年の節目になりますし、何より今回の伊勢志摩サミット開催地の責任としても、広島や長崎と連携しながら、平和の種をまき続けていきたいと思います。

伊勢神宮は、「世界平和への祈り」が日々のお祭りの目的のひとつです。また、遷宮行事にみられるように、「永遠」「恒久」の象徴的存在です。今回の伊勢志摩サミットを機に、「恒久平和」、そういう発信と、私たち住民一人一人が改めて意識を持つことに力を入れていきたいと思います。

一人でも多くの方に足を運んで頂きたいと思います。

伊勢志摩サミットまで、あと3日となりました

2016.05.23

伊勢志摩サミットまで、あと3日となりました。細かい部分も含め、準備に遺漏がないよう、そして何より県民の皆様も各国首脳も安全なサミットとなるよう、抜かりなく準備を進めます。

昨日は、国内外から来られるメディアが取材拠点となる国際メディアセンターの完成式を行いました。大変公務ご多忙の中、伊勢志摩サミット開催決定やこれまでの準備に多大にご尽力いただいた菅官房長官にご出席いただきました。菅官房長官からは、「この伊勢志摩から、世界へメッセージを発信していく」と力強いご挨拶と激励をいただきました。

現在、メディアセンター利用登録の申請が6000名となっているそうで、三重県としては、三重県の魅力を発信する千載一遇のチャンスです。センター内に、メディアのみなさんが、食事をとったあと、必ず通る動線上に「三重情報館」を設置しました。大型スクリーンに伊勢神宮や三重の食や自然などの魅力を映したり、スマホで三重県の情報を持ち帰っていただく機器も準備しました。写真は、菅官房長官に桑名の折鶴を説明しているシーンです。また、メディアセンターで、24時間提供される食事の8割以上が三重県産ですし、木材も三重県産をたくさん使っています。

そして、完成記念祝典には、三重県出身で、伊勢志摩サミット公認サポーターの平井堅さんに、伊勢志摩サミット応援ソング「TIME」を披露していただきました。


伊勢志摩サミットまで一週間をきり、あと6日となりました

2016.05.20

伊勢志摩サミットまで一週間をきり、あと6日となりました。開催直前、サミット成功に向けて、県民の皆様の様々な課題に対するご理解ご協力のもと、しっかり取り組んでまいります。

昨日は、三重県にとって、これまでも、サミット後も、観光面で重要な関西方面へのPRのため、阪神甲子園球場で、始球式にチャレンジしてきました。

しかし、残念ながら、サミットに向けた緊張感からか、ど真ん中ストライクとは行かず、バウンドしてしまい、悔しさが残る投球でした。この悔しさをバネにサミット準備頑張ります。

最後に、投球を受けた原口捕手からボールを頂きましたが、その原口捕手がサヨナラヒットを打たれたとのことで、なんとなく縁起が良かったかなと思っています。

 

 

伊勢志摩サミットまであと8日

2016.05.18

伊勢志摩サミットまであと8日。日々の動きが日増しにダイナミックに。一瞬一瞬が勝負。緊張感を持ちながらしっかり頑張ります。

昨日は、萬古焼の酔月陶苑様が、酒盃1000個を協賛して頂きました。萬古焼は、日本の土鍋のシェア80%と言われており、三重ブランド認定商品でもあり、三重県を代表する工芸品です。土鍋だけでなく、急須や今回の酒盃なども素晴らしく、盛り絵なども極めて美しいです。ぜひ伊勢志摩サミット本番の何らかの場面で活用されることを期待してます。

本日は、障がい者雇用の事例発表会でした。その席上、障がい者のみなさんも地域も多様性に向けてステップアップしていこうという思いで、一昨年12月に設置したカフェ「Cotti菜」で頑張った篠木さんが、この3月から新たな店舗の店長にステップアップしたので、記念品を三重県経営者協会と連合三重から贈呈して頂きました。三重県では、東急ハンズ様のご協力で、障がい者のみなさんが作った製品を統一ブランド「M.I.E」として売り出しています。このような障がい者の皆さんの力作も、伊勢志摩サミットで何らか活用されることを強く希望して...います。

今日は、大村愛知県知事に津までお越し頂き、伊勢湾と三河湾の未来を考える、西日本閉鎖性海域サミットを行いました。

外国語ボランティアの結団式

2016.05.16

伊勢志摩サミットまで、いよいよあと10日。ラストスパートです。

伊勢志摩サミットで三重に来られる海外メディアの方を対応していただく、外国語ボランティアの結団式を行いました。
1000名を超える応募者の中から選ばれた300名の方々。10代から80代まで。なんと18言語に対応しています。

日本や三重の第一印象を決める方々ですので、おもてなしの心で頑張って欲しいです。

世界の王さんに野球教室にお越しいただきました

2016.05.16

JA全農の特別協賛で野球教室が名張市で開かれ、そこに、あの世界の、世界の王貞治氏に来て頂きました。伊勢志摩サミットで、世界から注目を浴びるこのときに、世界の王さんにお越し頂いたことは、大変光栄です。

三重県は、王さんにご恩があります。

五年前の紀伊半島大水害、三重県・奈良県・和歌山県で60名を超える死者が出ました。その翌年、被災地を元気にしたいと王さんからご提案頂き、世界少年野球大会を熊野市をメインとして開いていただきました。そのときは、一週間近く現地に滞在して頂き、市民のみなさんと交流し、元気づけていただきました。そんな王さんに再びお越し頂き、本当に嬉しく、こどもたちも、元気いっぱい楽しんでくれていました。

王さん、ありがとうございました!

 

日本橋三越本店の中元商戦スタートイベント

2016.05.16

日本橋三越本店でのお中元商戦スタートイベントにお招きいただきました。サミット開催で注目の集まる三重県とコラボレーションをという趣旨。

三越の創業は、三重県松阪出身の三井高利、江戸時代の伊勢まいりの出発点は日本橋。そんなご縁もございます。
三重県は、伊勢志摩サミット開催を記念して、三重県監修による、県内ホテルなどの料理人が、選りすぐりの三重県食材を活用して作った商品をお中元セット「まごころギフト」を開発しました。アサヒビール様のご協力で実現しました。

松阪牛のハンバーグ、三重県産豚のハム、かきの佃煮、うなぎの蒲焼きなど。ぜひお世話になった方への贈り物にご活用くださいませ。

その際、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」の取材も受けました。

伊勢志摩サミットまであと16日!

2016.05.11

オバマ大統領が伊勢志摩サミットにあわせて広島を訪問することが、安倍総理から発表されました。歴史に残るサミットになること、開催地として本当に誇りに思います。平和への祈りや感謝の場所である伊勢神宮にもぜひ訪問いただいて、安倍総理のリーダーシップのもと、平和へのメッセージが強く出るサミットとなることを強く期待しています。

5月10日は、日テレNEWS24の「デイリープラネット」に生出演させて頂きました。

その直前には、EU大使からお招きいただいたヨーロッパ・デーの催しに、竹上松阪市長とともに出席させていただき、サミット直前の意見交換をしてきました。

サミットまであと16日、頑張ります!


中川静香さんの結婚披露宴に出席&三重県真珠振興協議会の企画展示を視察しました

2016.05.09

5月8日、三世代海女として、三重県や鳥羽市の観光PRなどで大活躍してくれている中川静香さんの結婚披露宴に出席しました。幸せ爆発の披露宴で、とても盛り上がりましたし、ご両親への手紙では、僕も静香さんのこれまでの頑張りや、家族の支えを見てきたので、感情移入して、涙をポロポロ流してしまいました。お幸せに!

同日午前中は、三重県総合博物館で開かれていた三重県真珠振興協議会の皆さんの企画展示にお邪魔しました。今まで、真珠関連では、生産、加工、販売などの業者がバラバラに活動していましたが、サミットを機に、オール三重で真珠の協議会を作っていただきました。三重県が誇る真珠養殖技術を世界へ。

みなさん、三重県の真珠をよろしくお願いします!

サミット特番で生出演しました

2016.05.05

昨晩は、CBCイッポウのサミット特番で、志摩地中海村で生出演でした。

「今でしょ」の林修先生による解説、サミットを日本一取材経験のある外交ジャーナリストの手嶋龍一氏、以前から大変お世話になり日本の99%の地域の現場訪問経験のある「里山資本主義」でお馴染みの藻谷浩介氏とご一緒させて頂きました。

志摩地中海村も賑わっていましたが、いずれにしても、サミットはあくまでチャンスですから、それを一過性にしないために、県民の皆さんと知恵を出しあって頑張っていきたいと思います。

サミットまであと21日。万全の準備のため、全力投球で頑張ります。


ページのトップへ戻る