三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

「cotti菜」(こっちな)がオープンしました!

2014.12.25

 昨日、障害者のみなさんが生き生きと働く場を県民みんなで応援する発信拠点をオープンしました。
 
 その名も「cotti菜(こっちな)」。
 三重弁で「こっちに来て」という意味と、メインメニューが新鮮な野菜によるスムージーやサラダバーなので、この名前です。
 
 障害者のみなさんが身近で働いていることが当たり前の社会。働きたいと思う障害者の方が働ける場所がある社会。
 
 障害のない方も、得意なことや不得意なことがある。障害を持っている方も、得意なことや不得意なことがあるということで、その得意なことを頑張ってもらい、不得意なことはみんなで補えばいい。
 
 変わるべきは私たち社会全体。障害者の方のステップアップだけでなく、私たち全体の意識や行動をステップアップできる場にしていきたいと思います。
 
 皆さん、ぜひ、何度もお立ち寄りください

三重県における特別養子縁組にかかる育休について

2014.12.20

特別養子縁組にあたり、六歳未満の子どもの場合、民法で、事前に6ヶ月の監護期間を必要とされています。つまり、 きちんと養育できるか試験的な期間を必要とするということです。
 三重県では、全国で初めて、現在認められていないその監護期間中の育休を県職員に対して認めることにしました。
 
 家庭的環境で育つ子どもたちが一人でも増えてほしい。
 そのためには、共働き家庭でも可能にしなければ。
 実の子でないからこそ、家族としての愛着形成のための期間をしっかり作って、自信を持って歩んでいけるようにしてほしい。
 そんな様々な強い思いから、実行を決めました。
 きっかけは、県内の教職員が、不妊で悩んだ末、特別養子縁組を選択肢をとろうとしたけど、制度の壁に阻まれたという話があったことでした。
 こういう親の思いにも答えてあげたい。
 
 三重県内には、児童養護施設などに通う子どもたちが540人います。うち乳児院に通う0歳児が31人います。
 
 今回の取り組みが、全国に広がることを期待しています。県内の子どもたちだけでなく、日本中の子どもたちの養育環境の選択肢が広がって欲しいと思います。
 

第34回全日本実業団対抗女子駅伝 デンソー大会新記録で2連覇達成!

2014.12.14

 三重県代表のデンソーが、大会新記録で連覇!
 すごすぎる
 私も選手の皆さんへの激励メッセージに連覇と書かせていただいたので、実現して、本当に嬉しいです。
 選手、監督、部長の皆さん、本当にありがとう!

県内一斉特別警戒日激(督)励巡視を行いました

2014.12.13

 昨日、三重県の繁華街である、四日市駅前を、年末特別警戒ということで、県警本部長、四日市市長、県議会議長のみなさんと巡回させていただきました。
 
 とても寒く、小雨も降る中、地域の防犯ボランティアや少年指導員のみなさんにご協力いただきました。
 
 これから更に年末に向けて、忘年会なども増えるでしょうから、みなさん、気をつけてください。特に、飲酒運転は絶対にダメ。自ら律するとともに、周りの方も当然に注意をお願いいたします。一瞬の緩みが自らだけでなく、多くの方の人生を壊してしまう可能性もあります。

巡視1
巡視2


ページのトップへ戻る