三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

桑名市の伝統行事「上げ馬神事」に参加しました

2014.05.05

今日は、桑名市の多度大社の伝統行事である「上げ馬神事」に参加してきました。
 
このお祭りは、南北朝時代の暦応年間(1338〜1341)に武家の乗馬訓練から始まったもので、織田信長による兵火で一時期中断しましたが、江戸時代、本多忠勝公が復活し、現在に至っています。毎年20万人近くの方が県内外からお越しいただきます。
 
神事は、選ばれた少年騎士が武者姿で約2メートルある絶壁を人馬一体となって駆け上がる神事です。古くから農作物の豊凶が占われるもので、たくさん上がれば豊作となるものです。
 
本日もたくさんの方が来られていました。私も、今年は午年でもありますから、ぜひともと思い、お邪魔しました。最初の3頭がうまくあがれず、この写真の馬は、最後みんなの協力でなんとか上がれました。ですので、縁起がいいですよ。
 
県の文化財に指定させていただいていますが、これも地域のみなさんの世代という縦糸をつむいでいただいて続いています。本当に勇壮な素晴らしいお祭りでした。まだお越しでないみなさんはぜひ来年、お越しください。

上げ馬神事


ページのトップへ戻る