三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

天皇、皇后両陛下をお送りして

2014.03.28

 天皇、皇后両陛下におかれましては、神宮参拝のため、12年ぶりに三重県にお越しいただき、先程無事に帰京の途につかれました。4日間のご滞在中、内宮及び外宮を参拝されたほか、せんぐう館、斎宮歴史博物館をご視察なされました。
 今回の行幸啓で、宮内庁、警察庁および皇宮警察本部ほか警察関係者、交通機関各社、伊勢市、明和町、また、両陛下をお迎えするにあたって様々な準備をしていただいた県民の方々など、本当に多くの方々にご協力いただき無事に両陛下をお送りできたことを、まずは感謝申し上げます。
 初日、両陛下に拝謁させていただいた折、天皇陛下より、遷御の儀における県民を挙げた取組に対し、労をねぎらうお言葉を賜り、大変感激致しました。
 2日目、清めの雨の後の凛とした空気に包まれた中での神宮参拝。遷御の儀を経た真新しい御正宮を目の当たりにされ、感慨深い思いをお持ちいただいたのではないかと思います。
 3日目、せんぐう館と斎宮歴史博物館のご視察では、予定していた展示以外も含め、多岐にわたる展示物等にご興味を示していただき、終始熱心にご見学いただきました。そのお姿を拝見させていただくにつけ、私たちの三重県が有する文化や財産が改めて素晴らしいものであると実感させていただきました。同日、天皇陛下からも「中身の濃い良い一日でした」とのお言葉を賜りました。
 昼に御会食させていただいた際には、両陛下より、先日の大雪被害へのお見舞いのお言葉も賜るとともに、三重県の文化、「美し国市町対抗駅伝」はじめとしたスポーツ、ブラジルとの友好関係など幅広く耳を傾けていただき、温かいお人柄と深いご見識に感銘を受けました。また御会食時のメニューに三重県の地図が描かれ産地が紹介されており、大変興味深くご覧になっておられました。
 4日間にわたり沿道等に、老若男女問わず非常に多くの県民の皆様にお集まりいただき、両陛下に対して熱烈な歓迎の気持ちをお示しいただいたことは、特に県知事として心から嬉しく誇りに思う出来事でした。両陛下は、お疲れも見せることなく、終始笑顔でお応えいただき、県民もそのお姿を拝見して更に笑顔になっていました。
 私たち三重県民が両陛下から賜った数々の励ましのお言葉等を心に刻み、県民一人ひとりが健康で幸せに暮らす努力をしていくことが大事であると考えております。
 最後になりますが、国家国民の平和と安寧のため、天皇、皇后両陛下のますますのご健康と皇室の弥栄を心からお祈り申し上げます。


ページのトップへ戻る