三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

レゴを学校の教育現場で活用するための協定をレゴ社と締結しました!

2014.02.28

みなさん、レゴブロック、ご存じですか?
子どもたちが大好き。僕も、僕の息子も大好き。先日ソチ五輪で感動の演技をしてくれた浅田真央選手もレゴが大好き。真央ちゃんの公式HPにも趣味欄にレゴって書かれているくらいです。
このレゴ、会社としては80年以上の歴史があるデンマークの会社で、世界130か国以上の子どもたちに楽しまれています。

さて、三重県では、今回、日本で初めて、レゴを学校の教育現場で活用するための協定をレゴ社と締結しました。今回は、デンマークの本社からも、担当の本部長が来てくださっていました。具体的には、三重県でこれから実施するグローバル教育に関して、
・夏休みに実施する予定の、小中高の児童生徒を対象にした英語漬けの日々を送る英語キャンプでの活用
・英語教育に関するモデル小学校での活用
・英語にかかわる教諭の研修に活用
を今のところは考えています。

例えば、「ストーリースターター」という教材は、例えば、「10年後の三重」というテーマをもとに、手元にあるレゴブロックを使って、チームで英語で会話しながら、一つのシーンを作り、それを後でチームごとに英語でプレゼンをしてもらいます。英語力はもちろん、創造性、チームワーク、コミュニケーション力、プレゼンテーション力を養います。これ、僕もやりましたが、大人がやっても、楽しいし、四苦八苦しますよ。

また、この教材を私がいいなあと思っている一つは、これ、正解がないんです。全部正解なんです。
今、日本の子どもたちは、学校教育において、どうしても一つの答えがでるものへの対応が多いです。また子どもたちもどうしても正解を求めて、チャレンジできず萎縮してしまうことも多いです。大人になったら、正解がないことだらけ。そして、自分の意見を押し付けるのではなく、たくさんの多様な考え方を受け入れることにもなります。一つの正解を求めず、自分たちらしくのびのびと学べる教材です。

我々にとってはこういう効果がある一方、レゴさんにとっては、単発の授業ではなく、三重県をフィールドとして、新たな教材開発や教育手法の研究をできるので、メリットを感じていただいています。

いろいろ書きましたが、とにかく、楽しく学べる、それが一番。
レゴとは、デンマーク語で「よく遊べ」という言葉をアレンジしているそうです。

三重県の子どもたちに明るい未来を届けることが少しでもできればと工夫していきます。
レゴ社との協定


ページのトップへ戻る