三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

内宮の「遷御の儀」に参列しました

2013.10.03

10月2日、第62回神宮式年遷宮のクライマックス、「遷御の儀」が内宮で執り行われました。
20年に1度、新しい社殿にご神体がお遷りになる行事です。

今回は、黒田清子様が祭主をお務めなられ、秋篠宮殿下、安倍総理他8名の閣僚の方々など約3000名がご参列になられました。総理が遷御の儀に参列されるのは、昭和4年の浜口雄幸首相以来84年ぶりのことです。

私も閣僚の方々とともに参列させていただきました。
暗闇の中、ご神体が遷られるのをお見送りし、私たちもその後に続いて、新しいご正殿に移動しました。足を踏み入れた時、言葉では言い表せない、なんというか、快適に鳥肌が立つような、今まで感じたことのない、「新しい空気」が体に入ってくる、そんな感覚を味わいました。新しいご正殿は、お白石持ち行事の際に間近まで行かせていただいていましたが、そのとき感じた清々しさとまた全然違う「何か」を感じる、貴重な経験をさせていただきました。

この瞬間に立ち会えたことの喜びと、この瞬間にご当地の県知事を仰せつかっていることの重責を改めて感じました。



写真は、ちょっとわかりにくいですが、参列の場所に総理以下皆様と向かう様子で、左側の田村厚労大臣と下村文科大臣との間からのぞいている少し大きい顔が私です。


ページのトップへ戻る