三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

「海女サミットin輪島」に参加しました

2013.10.29

 石川県輪島市で「海女サミット2013in輪島」に参加。
国内の10県11地区と韓国・済州島の総勢160名の海女さんが集結。海女文化をユネスコ世界無形文化遺産に登録するべく一致協力して前進させようというアピールを採択。会場には約1200名の方に来ていただきました。次回は三重県志摩市で開催。
 
パネルディスカッションに参加した海女さんたちは、
「後世に伝えていかねばならない」「命ある限り潜り続けたい」「魅力的で豊かな海にしていかねばならない」との声がありました。輪島で先日海女デ...ビューした18歳の方も来られていました。
 
サミット後に開いた、谷本石川県知事、梶輪島市長、私、木田鳥羽市長、大口志摩市長による懇談会で、日本で一番たくさん海女がいる三重県と2番目に海女がいる石川県で、海女に関して、文化財保護と漁業振興で連携することを合意。先に発表した8県の知事で構成する「全国海女文化保存・振興会議」をベースに全国的な機運の盛り上げや国への働きかけを行うことに加えて、三重県・石川県の2県で、例えば、
・文化財保護の成果を共有するために合同で展示会や報告会を開催する
・海女が獲ったものの加工品販売や商品開発のための情報交換や協力
・藻場保全などの研究に関する情報交換
などを先行的に行っていこうということになりました。
 
ユネスコ世界無形文化遺産になるには、国の文化財、県の文化財にならねばなりません。三重県では、今年度中には文化財保護審議会の結論がでる予定で、そうすれば、日本初で海女が文化財として認められます。
 
今日も笑顔いっぱいで、キラキラしていた海女さんたち。
これからもみんなで応援しましょう。
海女サミットin輪島

台湾訪問

2013.10.22

昨日は台湾へ。就任して2年半で3回目の訪問です。

今回は、「三重区」を有する台湾最大の都市である新北市との観光交流協力協定締結ことが主目的。新北市は人口約390万人、台北市を囲むように位置しています。
協定の内容は、双方で、
・観光目的地としての相互訪問の奨励
・互いの観光情報の発信・共有...
・互いの観光ルートや旅行商品を広めることを奨励
・観光宣伝活動で協力し互いが開催するイベントや展覧会などに積極的に参加
などの極めて実務的で具体的なものとなりました。

市長の朱立倫氏は、現在52歳。37歳で立法委員(日本の国会議員)、40歳で隣の桃園県知事(人口約200万人、2期)、50歳で副首相。現在の馬英九総統に続く、与党である国民党の次のリーダーと言われています。国民からの期待や人気も高い方です。とても親しく懇談することができ、トップ同士の人間関係も構築できました。

また、新北市は、シャープとの提携で話題になったホンファイ工業などのエレクトロニクス産業が集積していたり、お茶が名産品(品評会で台湾一を獲得)であったり、三井不動産グループによるアウトレット開設(長島ジャズドリームと同様)であったり、様々な点で三重県との接点があったので、朱市長からも、今後は観光にとどまらず、多方面で連携したいとの言葉もありました。ぜひ台湾からのお客さんの持続的な増加のためにこれからも連携を深めたいと思います。また、新北市の木が山桜とのことでしたので、伊勢の横輪桜(ソメイヨシノの2〜3倍の大きさの花が咲く)の贈呈植樹なども提案しました。
朱市長との会談

夕方は、台湾一のシェアを誇る中華航空の孫会長との懇談。
現在、中部国際空港と台北間を週11便(1つは毎日(7日)、1つは週4日)飛んでいるところを、来年夏のダイヤ変更時を目標に、週14便(両方を毎日に)に増便してほしいとのお願いを伊藤中部国際空港副社長と行いました。孫会長からは、まだ決定ではないものの、非常に可能性は高いということで極めて好感触を得ました。
中華航空孫会長との面談

もう一つの写真は、台湾最大の4日間で30万人近くの入場者がある国際旅行博(ITF)。三重県ブースで、忍者手裏剣投げゲームをやってもらい、その参加賞配りをやりましたが、ご覧のように大変人気でした。月曜日の午前中にもかかわらず、最終日でもあり、会場はすごい熱気。日本ではないスタイルでの旅行商品販売で、その場で消費者と業者が直接交渉。しかし、売り方やPRにおいて、韓国やマレーシアなど他国に比べて日本はまだまだ負けているなと感じました。業者との連携や具体的な商品提示、インパクトのあるパフォーマンス、国を挙げての一体感など、全然足りません。これからもっともっとみんなで力を結集して、知恵だししていく必要があります。観光庁にも提案したいと思います。
ITF

夜は、旧知であり、台湾観光のキーパーソンである、台湾政府観光局の謝局長、台湾観光協会の頼会長などと大変楽しく会食。今年5月の三重県で開催した日台観光サミットや台湾との交流の取組について、議会や地元のみなさんの対応も含めて高評価をいただき、ますます交流していこうと約束しました。台湾の方々はとても義理人情に厚い方が多く、会えば会うほど絆が深まるのを実感します。これは安濃津よさこいのみなさんの草の根交流も大きい役割を果たしてくれています。

昨年夏から台湾からの誘客に特に注力して取り組んだ結果として、今年前半の台湾から三重県への観光客は、対前年比95%増、つまり倍増。日本全体が対前年比50%増であることに比べて伸びが極めて大きいです。おそらく今年は台湾から三重県への観光客数が過去最高になると思います。

余談ですが、私が以前安倍総理のスタッフをやっていたことも話すと、朱市長や孫会長をはじめ、多くの方が安倍総理を大変評価しており、とても人気が高かったです。日台観光サミット時に、サプライズで安倍総理からのビデオメッセージをいただきましたので、そのことも改めて大変喜んでいただきました。

これからも三重県への誘客に向けてしっかり頑張ります。

御遷宮奉祝 海と愛に育まれた鳥羽の祝祭〜鳥羽のあまちゃん100人上京!食と祝の祭典〜

2013.10.14

 じぇじぇじぇ!!

今日は、鳥羽市から、海女さん100人が、六本木ヒルズに乗り込みました!
鳥羽市の観光PRの一環で、海女着のまま鳥羽から近鉄、新幹線、地下鉄を乗り継ぎ、六本木ヒルズへ。林農林水産大臣などたくさんのご来賓の方々もお越しいただき、盛大に行われました。

海女さんは全国17県に存在し、約2000名。うち三重県で約1000名、うち鳥羽市が約550名で最大です。
その場で、私から、「全国海女文化保存・振興会議」の設立を発表しました。今は、海女さんが注目を浴びていますが、資源の問題、価格の低迷、後継者問題など、海女さんたちは、本当に大変な中、頑張ってくれています。

そこで、海女さんが注目を浴びているこのチャンスを活かし、文化財保護と漁業振興の観点から、海女さんを守ろう、応援しようという会議で、三重県、石川県、岩手県、静岡県、福井県、徳島県の6県の知事で構成されています。これから更に仲間が増える予定です。
大きな大きな夢ですが、何年後かには、海女文化を、ユネスコ世界無形文化遺産に登録させたいというのが願いです。

また、鳥羽市は、御木本幸吉の生誕、真珠養殖発祥の地です。そこで、結婚30周年を「真珠婚」と言いますが、全国から応募いただいた結婚30周年のご夫婦のお祝いとして「真珠婚式」も行いました。ゲストには、今年結婚30周年の、大和田獏さん・岡江久美子さんご夫妻にお越しいただきました。

もう一枚の写真は、鳥羽の海女さんをPRしてくれている「3世代海女」の中川さん親子です。今日も頑張ってくれていました!!

みんなで海女さんを応援しましょう!!

海と会いに育まれた鳥羽の祝祭(あまちゃん100人)

海と愛に育まれた鳥羽の祝祭(大和田獏夫妻)

海と愛に育まれた鳥羽の祝祭(中川親子)

亀山ラーメンをご存じですか

2013.10.09

  皆さんは、亀山ラーメンをご存じでしょうか?
 
 全国各地には、広く知られたご当地ラーメンがありますが、残念ながら三重県にはご当地ラーメンと言えるものが無いと言われていました。ぐるなび調べでは、三重県、福井県、山梨県の3つだけがご当地ラーメンがないそうです。
 
 そこで、今回、亀山地域の事業者の皆さんと県産物を使った新しいご当地ラーメンづくりに取り組むことになり、7月からスタートしました。

 今回、開発してきたラーメンは、全国でも珍しい牛骨味噌仕立とし、基本コンセプトは三重県ということで、麺、味噌、具材の三つに拘りました。
 
 県産小麦を使用したオリジナル麺、味噌もオリジナルブレンド、具材は県産の3種のきのこ「はたけしめじ、はなびらたけ、ひらたけ」を使い、まさに他の地域には無い新しいラーメンを目指してきました。
 
 連携事業者の皆さんのお店で、新しいご当地ラーメン「亀山ラーメン」が完成し、現在、11店舗で発売されていますが、県内外から亀山ラーメンを食べにきていただくなど、今、まさに熱いラーメンとなっています。
 
 現在の発売店舗は下記HPリンクとなっていますので、皆さんも是非、亀山ラーメンを味わってみてください。
    http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2013090234.htm
 
 また、現在、亀山ラーメンは、ぐるたびのご当地ラーメングランプリ2013にエントリーし、三重県から日本一を目指しています。
 グランプリでは、皆さんからのWEB上の応援コメントによる獲得ポイントにより優勝が決定されますので、私も亀山ラーメンの特別サポーターに就任させていただき、応援をしています。
 詳しくは、ご当地ラーメングランプリ2013ページ、亀山ラーメン会のフェイスブックをご覧のうえ、是非、三重県や亀山地域、それに亀山ラーメンの応援をよろしくお願いします。
 
 ご当地ラーメングランプリ2013ページ
  http://gurutabi.gnavi.co.jp/special/ramen/ramen.html
 
 亀山ラーメン会フェイスブックページ
  https://www.facebook.com/pages/世界を目指せ亀山ラーメン会/391551114283826

亀山ラーメン

志摩市で婚活イベントが開催されます!

2013.10.05

    最近県内でも、地域の若者たちによる「婚活」イベントが盛んです。行政が直接お金を出して実施するのではなく、地域の民間の皆さんの手で頑張っていただいています。
 
    日本全体で、初婚年齢が30歳を超え、男性の生涯未婚率が20%、女性の生涯未婚率が10%となる中で、各種調査によれば、結婚をしていない理由として「出会いがない」というのが一義的なものとしてあがっています。
 
   こういう活動を通して、地域や家族のこと、自分たちの人生のことを考え、みんなの手でそれらをよくしていく、そんな力になることを願っています。
   添付は、私も仲良くしてもらっている志摩市の若者たちが行う11月2日のイベントです。ご興味ある方はぜひ参加してみてください。
志摩市婚活

内宮の「遷御の儀」に参列しました

2013.10.03

10月2日、第62回神宮式年遷宮のクライマックス、「遷御の儀」が内宮で執り行われました。
20年に1度、新しい社殿にご神体がお遷りになる行事です。

今回は、黒田清子様が祭主をお務めなられ、秋篠宮殿下、安倍総理他8名の閣僚の方々など約3000名がご参列になられました。総理が遷御の儀に参列されるのは、昭和4年の浜口雄幸首相以来84年ぶりのことです。

私も閣僚の方々とともに参列させていただきました。
暗闇の中、ご神体が遷られるのをお見送りし、私たちもその後に続いて、新しいご正殿に移動しました。足を踏み入れた時、言葉では言い表せない、なんというか、快適に鳥肌が立つような、今まで感じたことのない、「新しい空気」が体に入ってくる、そんな感覚を味わいました。新しいご正殿は、お白石持ち行事の際に間近まで行かせていただいていましたが、そのとき感じた清々しさとまた全然違う「何か」を感じる、貴重な経験をさせていただきました。

この瞬間に立ち会えたことの喜びと、この瞬間にご当地の県知事を仰せつかっていることの重責を改めて感じました。



写真は、ちょっとわかりにくいですが、参列の場所に総理以下皆様と向かう様子で、左側の田村厚労大臣と下村文科大臣との間からのぞいている少し大きい顔が私です。

「三重テラス」がオープンしました!

2013.10.03

9月28日、東京・日本橋に、三重県の営業拠点「三重テラス」がオープンしました!
地元の方々や東京在住の三重県ゆかりの方々をはじめ、多くの関係者の皆様のおかげで、無事にオープンし、開店直前には約300名を超える行列ができるなど、順調な滑り出しとなりました。心から感謝申し上げます。

これから首都圏で大いに三重県の「いいとこ」をPRし、三重県にたくさんの方々に来ていただく、三重県のものがたくさん売れるようにして、三重県の元気の源にしたいと思います。

そして、オープニングセレモニーには、お忙しい中、歌舞伎役者の中村福助さん、地元の田村厚労大臣、地元出身のバドミントン元日本代表小椋久美子さん、地元出身の車椅子陸上金メダリスト伊藤智也さんにお越しいただき、中村福助さんのブログでも下記のように取り上げていただいています。



ぜひみなさん、三重県の魅力がいっぱいつまった、三重県の「ショールーム」である「三重テラス」にお越しください!!
三重テラスHP:http://www.mieterrace.jp/

中村福助さんブログ:http://nakamura-fukusuke.com/三重テラスのオープニングイベント/ 


ページのトップへ戻る