三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

子育て同盟サミットin鳥取

2013.07.30

 28日、若手知事10人で結成した「子育て同盟」の第1回サミットを鳥取県米子市で開催しました。

 子育て同盟は、少子化を国家的課題としてとらえ、しかし、国に提言はするものの、何より自分たちが実践することを第一にという集団です。
 また、子育てや母子保健の中心である市町村も応援していこうというものです。

 そのような趣旨を踏まえ、各県が取り組みを紹介。
 
 三重県からは、

・不妊治療や相談に関する現場からみえる実態
・「知らなかった」ということを防ぐための、中学・高校におけるライフプラン教育
 (→この取組もあり、三重県の10代の人工妊娠中絶率は低下傾向。全国は増加傾向。)
・三重大学病院における「院内学童」の取組
 (三重県は産科医について、50歳以上が68%、50歳以下の半分が女性。女性医師や看護師の子育てしながら働ける環境が、県民全体の出産の場の確保につながる)
・四日市市の父親たちによる「子育てマイスター講座」修了者による「よかパパスイッチ」

などを紹介しました。

同盟全体としては、
・子育て支援サイトの構築(各県の事例など)
・合同調査チームの結成(海外事例などを研究)
・婚活のなど一斉の取組
・子育て応援店舗や企業などの応援

などをまず進めていくことを決定しました。

すでにたくさんアイデアが出ているので、これからも進めていきます。

あわせて、三重県がずっと主張している、「少子化危機突破基金」の創設を国に提言することも決まりました。

まだ走り出したばかりですが、みんなで力を合わせて頑張りましょう。


ページのトップへ戻る