三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

野口みずき選手と尾西美咲選手が、県庁に来られました。

2013.06.28

昨日は、8月10日からモスクワで開催される世界陸上に日本代表として参加する、野口みずき選手と尾西美咲選手が、県庁に来ていただきました。二人とも三重県出身。

みなさんご存じのとおり、野口みずき選手は、2004年のアテネオリンピックで金メダル。
その後、紆余曲折もありましたが、今回の世界陸上に「完全復活」を期して臨みます。

紆余曲折あった後に臨む大会で、めちゃめちゃ注目されているから、ちょっとプレッシャーなどで、鬼気迫る、切羽詰まった感じの表情かなあと思っていたのですが、ところがどっこい、とってもとってもキラキラしていて、とても調整がうまくいっているような、めちゃめちゃ充実している表情で、言葉の節々にも根拠ある自信がみなぎっているような感じでした。とっても頼もしく思いましたし、とても期待できると思いました。

尾西美咲選手は、野口さんと同じく、伊勢市の宇治山田商業出身で、アテネで野口さんが金メダルをとって、高校に凱旋報告した際、生徒を代表して花束を贈呈したのが尾西さんだそうで、憧れの先輩と今回一緒に世界陸上に出れる幸せを感じておられるようでした。

ぜひ三重県あげて応援しましょう!!
本番は8月10日!!

日本記者クラブで少子化対策をテーマに講演しました

2013.06.20

 今日は、日本記者クラブで講演をさせていただきました。
 日本記者クラブでの講演といえば、昨日は甘利大臣でしたし、4月には安倍首相やミャンマーのアウンサン・スー・チーさんなど、そうそうたる方々が講演する場ですので、大変光栄でした。

 テーマは少子化対策でとのことでしたので、三重県の取組や内閣府の少子化危機突破タスクフォースに参加しての実感などを述べました。

 三重県の取組では、全国で2つしかない児童精神科医療施設である「あすなろ学園」の取組、歯科健診から児童虐待を発見するMIESの取組、不妊治療に関する実態や諸外国との制度比較、妊娠・出産に関するライフプラン教育などについて紹介しました。

 また、例えば、不妊の原因の半分は男性にありますし、各種調査にあるように日本は世界の中で妊娠・出産に関する知識が最も普及していない国であります。知っているのと知らないのとでは、人生の選択が変わってきますので、男女ともに、そういう知識の普及も大切だということも述べました。

 全体としては、「地方目線」と子育てに携わる「当事者目線」というコンセプトで話しました。

 特に、地方毎に実情は様々なのだから、地方で創意工夫できる財源としての「少子化危機突破基金」の創設について述べました。これは地方分権の流れにも合致するものです。
 また、作られては消え、作られては消えという具合に報告書をまとめたら終わりというのがずっと続いている少子化に対する有識者会議の継続により、政府における少子化対対策の具現化を推進する必要があるということも述べました。

 三重県庁でも、近々、少子化対策推進本部を立ち上げ、26年度予算では主要政策として取り組んでいくことを発表しました。

 価値観の押しつけはいけないし、産めよ増やせよもダメです。
 しかし、私たちのふるさとを維持し、次世代につないでいくために、危機的な状況にあるという認識を共有しつつ、産みたい人が産める、理想と現実のギャップを埋めていく、希望が叶うという観点で具体的施策を今後展開していきたいと思います。

日本記者クラブでの講演

 

皇太子殿下のスペイン訪問

2013.06.19

 皇太子殿下が、スペインご訪問を終え、ご感想が宮内庁を通じて発表されました。

 その中に、先月、三重県ご訪問の際にお歩きいただいた熊野古道について触れていただいております。
熊野古道は道としての世界遺産では2つ目であり、1つ目が、ここに書かれているスペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」です。

 このような光栄な機会を得ましたので、来年の熊野古道世界遺産登録10周年も控え、益々地元のみなさんとともに、熊野古道の魅力PRや保全に力を入れていきたいと思います。

<皇太子殿下のスペインご訪問ご感想(抜粋)>
 また、先月の熊野古道に引き続き、熊野古道と姉妹道の関係にあり、共に世界遺産であるサンティアゴ巡礼道を歩く機会を得、大自然の中で己を見つめて歩いた多くの方々の気持ちを少し感じることができたのではないかと思います。熊野でもサンティアゴでもそれぞれの古道に関わる方々から保存への取組とお互いから学びたいとの期待についてお聞きしました。日西両国は文化的魅力を持つ国であり、今後、両国間の文化交流がさらに進展することを期待したいと思います。

「みえのソフトクリーム」発売開始です!

2013.06.17

 土曜日は、関ドライブインで、「みえのソフトクリーム」の発売セレモニーをしてきました。
4月からスタートしている観光キャンペーンにちなんで、「観光地で食べるものの定番と言えば、老若男女、ソフトクリーム!!」とのアイデアが職員からあり、あのソフトクリーム国内トップメーカーの日世株式会社様のご協力のもと、今回3種類のソフトクリームを発売しました!

 3種類とは、ひじき、伊勢エビ、セミノールです。
ひじきとか伊勢エビのソフトクリームって、どんな味やねんと突っ込みが聞こえてきそうですが、これが本当においしいんです。
 日世さんのすごい技術で商品化が可能となりました!
 一度お試しください。

 今後も「みえの○○シリーズ」を売り出し、たくさんの方に三重県のいいものを食べてもらいたいと思います。
「みえのソフトクリーム」発売記念セレモニー

49年ぶりに吉永小百合さんが神島に!

2013.06.07

 6月2日、鳥羽市神島に、49年ぶりに吉永小百合さんにお越しいただきました。

 神島は、三島由紀夫原作「潮騒」の舞台で、これまで5回映画化されています。
 そのうち、2回目(1964年上映)のヒロインが吉永小百合さんでした。
 今回、神島に潮騒公園を整備し、映画の有名シーンの撮影場所となった監的哨の耐震補強が完了しましたので、そのセレモニーにお越しいただきました。
 人口約400名の神島に約2000名の方が来たので、すごいことになっていました。
 昨年5月、私が神島を訪問した際、島民のみなさんから、
 「知事、なんとかお願い!」とのお話をいただき、夢のような話だが、みんなでトライしてみようということで、たくさんの関係者の方々にお世話になって実現しました。

 夢は叶う。そういう思いをさせていただき、万感の思いです。
 何より島民のみなさんの熱い熱い思いが通じたのです。

 吉永さんからは、「神島のみなさんの笑顔を 私はいつまでも 忘れません」というメッセージもいただき、「また来ます」とご挨拶でも言っていただきました。
 今後実現するかどうかは別として、吉永さんがそういう気持ちになっていただいたことがとても嬉しく、光栄です。

 私たちは、吉永さんから、今回を契機に、三重県、鳥羽市、神島のみんなが一丸となって、未来に向かって頑張るという、次なる「夢」をいただいたと思います。

あれだけの県民のみなさんの笑顔を見ることができて、本当に嬉しかったですし、吉永さんはじめ、関係者のみなさんに心から感謝申し上げます。
吉永小百合さん神島へ

1歳の誕生日!

2013.06.05

サッカー日本代表、五大会連続でのワールドカップ出場、おめでとう!!
そして、我が家では、息子の結大の一歳の誕生日でした!
たくさんの方からお祝いのメッセージやプレゼントをいただき、心から感謝感謝です。
日々の成長を、かわいく、そしてどんな風に育つのだろうかと希望を持ちながら毎日過ごしています。
写真は、結大の大好きなアンパンマンの飾りがついたケーキです。


ページのトップへ戻る