三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

「第24回全国みどりの愛護のつどい」に皇太子殿下のご臨席をたまわります

2013.05.18

 皇太子殿下が、五年ぶりに三重県入りしていただきました。

 18日に行われる「第24回みどりの愛護のつどい」にご臨席いただくにあたり、今回、県内をご視察いただきました。

 尾鷲駅から県立熊野古道センターに移動していただく際をはじめ、駅や沿道に本当にたくさんの数千人に及ぶと思われる県民の皆様が、皇太子殿下の今回のご公務が思い出深いものになられますようにと、熱烈に歓迎の意を示してくださったことに、三重県知事として目頭が熱くなる思いで、本当にうれしくなりました。地元のみなさん、本当に本当にありがとうございました。

 私からは、県のトピックスなどについて20分間ご説明させていただき、紀伊半島大水害からの復旧復興、南海トラフ巨大地震への備え、三重県の農林水産業、獣害対策等についてご説明させていただきました。本当に近い距離で、ほぼ一対一のような状況でしたので、とても緊張いたしましたし、とても光栄な思いでした。

 皇太子殿下は、熱心にメモをとられながらお聞きいただき、記者会見時に侍従の方から発表していただいた皇太子殿下のお言葉にもありましたが、三重県の過去の地震や津波、東日本大震災を教訓に、「防災の日常化」を目指す取組や、「防災ノート」を活用した家族での防災意識向上に向けた取組などはとても重要であるとのご感想をいただきました。

 また、紀伊半島大水害の復旧も現在多くのみなさまのご協力により順調に進めつつある様子もご安心をいただきましたが、しっかりと完了に向けた取組への激励もいただきました。

 今日明日の皇太子殿下のご公務をつつがなく終えていただきますように、しっかりお支えさせていただきたいと思います。また、「みどりの愛護のつどい」の大成功に向けてもしっかり取り組みます.
とてもいい天気なので、晴れ晴れした気持ちで!!


ページのトップへ戻る