三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

東日本大震災から2年

2013.03.11

今日で東日本大震災から2年が経ちました。

改めて、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、今なお避難を余儀なくされるなど、不自由な生活をされていらっしゃる皆様に心からお見舞いを申し上げます。

また、まだ復興道半ばですが、2年にわたり、復興のために全力を挙げていただいている関係者の皆様にも敬意を表したいと思います
2年という月日の感じ方は、人それぞれだと思います。
「もう2年か」「やっと2年か」。

いずれにしても、大事なことは、
私たち一人ひとりが絶対に忘れないこと、風化させないこと。
今日の天皇陛下のお言葉にあったように、ともに苦難を分かち合う
ずっと寄り添って応援し続ける、そういう思いと行動だと思います

そして、この大震災を「自分自身のこと」として、復興への支援、教訓の継承や防災への備えをしていくこと。私たちは「防災の日常化」と言っていますが、特別なことではなく、日常的に防災対策を一人ひとりがとること。これが、今回お亡くなりになった皆様の「声なき声」に応えることではないかと。

そして、支援から交流へ。片方通行の支援から、ともに学び、ともに成長し合える交流へ進化させていく。

私は東日本大震災の1ヵ月後に知事に就任しました。
この日を迎えるたびに、改めて原点や初心を思い起こさせていただきます。そういう私にとって、とても大切な日。

これからも、被災地の応援もしっかりと取り組みながら、
三重県、三重県民の皆様のために、しっかり頑張ってまいります。改めてそんな思いを強くさせていただいた、3.11から2年の今日でした。

東日本大震災2周年記念式典


ページのトップへ戻る