三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

堀栄丸の衝突事故

2012.09.30

既に報道等でご存じのとおり、
9月24日午前2時49分、宮城県沖約900キロの太平洋上で、
三重県船籍(紀北町)のカツオ一本釣漁船「堀栄丸」とパナマ船籍貨物船が衝突、漁船が沈没しました。
乗組員22名のうち、9名が救助され、現在13名が行方不明となっています。
仲間の船(三重県、宮崎県、高知県)、海上保安庁、海上自衛隊が、天候もすぐれない中、昼夜を徹して懸命の捜索活動を行ってくれていました。
 
昨日朝、救出された9名の方が無事に到着され、けがをされた3名は病院にいきましたが、入院等は必要なしとのことで、出迎えに派遣した当方の農林水産部長から報告を受けました。ご家族とともに、本日朝紀北町に向けて出発されました。
 
時間が経つにつれて、安否が確認できないご家族の皆様の不安や焦りが募ってきます。行方不明の方のご家族が宮城に行かれていたのですが、本日朝紀北町に向けて戻って来られることになりました。現在、気候の影響で捜索が難しい状態ですが、ご家族からは、あらゆる手段で捜索してほしいということや、可能な限り長く捜索をという切なる願いを聞かせていただいております。我々も関係方面への働きかけなど、しっかり対応したいと思います。
 
県は、これまで対策本部を設置し、情報収集と家族支援、関係機関との調整にあたるとともに、
気仙沼と、海上保安庁第2管区本部がある塩竈市に、合計3名の職員を派遣しました。
紀北町職員、三重県外湾漁協の皆さんと連携して対応しています。
また、三重県外湾漁協紀州北支所にも職員を派遣しました。
いずれも、「お客さん」にならず、現地の対策本部の一員として活動するよう指示しています。
 
併せて、お世話になる首長にも協力依頼をしました。
村井宮城県知事、気仙沼市長、塩釜市長、南三陸町長と連絡を取り合いました。
それぞれに東日本大震災からの復興の最中であるにもかかわらず、
何でも協力するので、何かあれば言ってほしいと温かいお言葉をいただきました。
気仙沼市長は、紀北町からのご家族のお出迎えをしていただいた上、
私には、「自分のところの市民のことと思って、真剣に取り組みます」
とおっしゃっていただき、本当に涙がでそうな思いでした。
塩釜市長は早々にお電話をいただき、本当に親身になっていただきました。
県内首長等からも多数お電話をいただいており、本当にありがたいです。
 
とにかくとにかく、全員の無事を祈っています。一刻も早く。
県庁も全力の対応を行っていきます。


ページのトップへ戻る