三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

鳥羽港改修工事に関して

2012.09.02

既に報道されているので、ご存じの方も多いかと思いますが、
8月31日、両副知事をトップとする鳥羽港改修工事にかかる調査チームから調査結果を発表させていただきました。

まず、今回判明した調査結果は、県民の皆様からの県政全体に対する信頼を大きく損なう重大な問題であります。
県民の皆様に深く深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。

このような事態を招いた組織運営や職員に対する管理・監督の責任を私自身も極めて重く感じております。
しかし、これで終わりではありません。
今後私自身も、県民の皆様からの早期信頼回復のために、職員とともに真正面から取り組む覚悟です。一丸となって取り組んでまいります。 

今回は、虚偽の事故繰越資料の作成、一部未竣工であった工事の検査についての完成認定などの不適正な工事手続きが判明したほか、それらについて問われることを避けるため、情報公開請求に対して公文書の書換えがあったことが判明しました。

公の文書に偽装があるということは、県民の皆様からすれば到底想定し得ない、ありえないことです。
また、それらが幹部職員も関与した組織的かつ計画的な行為であり、断じて許されないことであります。県民の皆様からの血税で行政を行っているということに対する緊張感が欠如していることの表れでもあると考えます。 

今後の対応については、強い決意で臨みます。

@今回の事案のみならず、情報公開・文書管理・事故繰越について、全庁的な調査及び再発防止策の立案をするよう、その骨子について来週中にまとめるよう両副知事に指示をしました。

A断腸の思いではありますが、調査を踏まえて責任を明確にした上で、特に管理職には、厳正な処分を検討いたします。

B当時の担当管理職であった港湾・海岸室長であった者を、9月1日付けで鈴鹿建設事務所長から県土整備部付とする人事異動を行いました。

いずれにしましても、一刻も早く県行政への信頼を回復できるように全組織をあげて取り組んでまいります。


ページのトップへ戻る