三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

三重県、映画のロケが熱いんです。

2012.08.06

ロンドンオリンピックも真っ盛り。みなさん寝不足が続いているのではないでしょうか。

いよいよ8月9日には三重県出身のレスリング吉田沙保里選手が登場します。

みんなで応援しましょう!!

さて、今日は映画のお話。今、三重県、映画のロケが熱いんです。

 

8月3日には、若松孝二監督が県庁に「千年の愉楽」の完成ご報告にお越しいただきました。

この作品は、中上健次氏の同名の小説を映画化したもので、三重県尾鷲市須賀利や熊野市の花の窟神社などで撮影をしていただきました。寺島しのぶさん、佐野史郎さんなどが出演しています。

若松監督も昭和の風景が残る素晴らしい景色を絶賛してくださっていました。

しかも、この作品は、3大映画祭の一つであるベネチア映画祭に招待されているそうです。

来年3月から全国上映らしいのですが、それに先立ち年明け早々にでも三重県で先行上映をしてくださるとのことで、本当にうれしく思っています。全力で応援したいと思います。



そして、三重県の観光大使もつとめていただいている四日市出身の瀬木直貴監督が、「ROUTE42」という、東紀州地域を中心に「命の道」と言われる国道42号線沿いを舞台にした映画を先日クランクインしていただきました。今回はそれぞれの地域で地域の有志が実行委員会をつくり、撮影や上映をサポートしてくださいます。エキストラにも地元の方々が結構出ていただくみたいです。

 

また、先日東京六本木で舞台あいさつが行われた「アナザー」。

加藤あいさんなどが出演されるホラー映画(?)ですが、この撮影も伊賀市で行われました。

 

そんなこんなで目白押しです。

銀幕に自分たちの地域の映像が流れると、改めて自分たちの地域に誇りが持てますし、いつもと違う角度で見ることで新たな発見もあると思います。

これからもどんどんロケ誘致、地域のみなさんと頑張っていきます!

 


ページのトップへ戻る