三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

答志島を舞台にしたドラマ

2012.05.19

NHK津放送局が、
BSプレミアムドラマ「ヤアになる日〜鳥羽・答志島パラダイス〜」を制作し、
今年9月30日(日)午後10時〜午後11時にBSチャンネルで放送することを先日発表していただきました!
「ヤア」というのは、答志島の言葉で「嫁」という意味です。

鳥羽市無形民俗文化財に指定されている日本で唯一残る
「寝屋子制度」(戸籍上の兄弟ではない者同士が、終生、兄弟以上の付き合いをする制度)や、
隣近所との付き合いなど、特有の風習を題材に、答志島が古くからの文化や慣習を今でも大切にしている島として紹介される予定。

収録は、初夏にオールロケで鳥羽市ほかで行われるそうです。
また、三重県在住者を対象に、一般公募による出演者オーディションが開催されるそうです。

出演者は、主演に倉科カナさん、そして近藤正臣さんも出演されるそうです。

これまでも映画では、
三重の観光大使もやっていただいている瀬木監督が
菰野や四日市を題材にした「グッドラック」や
現在撮影中の三重県南部を舞台にした「R42」、
若松監督、高良健吾さんや寺島しのぶさんが出演の
尾鷲の須賀利で撮影した「千年の愉楽」、
NHK大河ドラマ「平清盛」のオープニングのタイトルバックで七里御浜など、
数々の映画やドラマが撮影されており、とてもうれしく思います。

また、まだ公表されていない案件ですごいのもあります。乞うご期待。

という具合に、たくさんの方々のおかげで、
こういう三重県の発信につながるのはとてもうれしいことです。

過去には、
ゴジラの最初のシーンは鳥羽市石鏡で撮影されましたし、
神島を舞台に、吉永小百合さん、山口百恵さんなどがヒロインとなり一世を風靡し5回にわたり映画化された「潮騒」、
などなどたくさんありました。

中国や韓国や台湾などでも、日本の映画やテレビドラマの発信力が、
認知度向上に有効なことは証明されているので、
ぜひこれからも営業活動を進めていきたいと思います!


ページのトップへ戻る