三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

台風12号の被害復旧状況を視察

2012.03.17

今日は、雨の中でしたが、昨年の台風12号で被害を受けた地域において、改めて、復旧工事の進捗状況と今後の工事方法やスケジュールの確認のため、熊野市飛鳥地区、五郷地区、井戸地区、紀宝町井田地区、鮒田地区、浅里地区、高岡地区など、約20か所を現場視察してきました。

 

地元のボランティアの皆さんのおかげで流木などがきれいになっているところや、事業者の皆さんの昼夜を徹した作業のおかげで完成間近の堰堤など、進捗が見られるところもありますし、応急作業ということでは一定進んでいますが、復旧・復興という点では、全般としてはまだまだ道半ばであると改めて感じました。

 

人家に近い箇所を中心に作業を進めています。

しかし、実際に工事に入るには、査定→設計→発注→契約など、準備作業に一定の時間がかかるため、やっと最近工事に着手というところがたくさんあります。

したがって、住民の皆様からみれば、全然復旧が進んでいないではないか、と不安感やイライラ感を募らせてしまう状況でもあると感じました。

そこで、現場でも、市町と一緒になって、住民の皆様にしっかり丁寧に今後の作業方法やスケジュールを説明していくことを改めて指示しました。

仮に完成するのは1年後であったとしても、それが放置されているのではなく、1年後に完成するということを知っていただくことで少しでも安心感を持っていただきたいと。

 

また個人所有の土地だから、なかなかがれきなどの撤去ができないとの事務方からの説明がありましたが、それは個人の方も個人で撤去するのは大変なのだから、むしろ我々が積極的に工事に関連させて、撤去させていただくほうがいいのではないかと、一生懸命頑張ってくれているものの、杓子定規な対応はしないように改めて意識統一をしておきました。

 

まだ着手できていないところは、半年前とそのままの風景のところもありましたので、改めてスピード感を持って対応しなければと思いました。

また、東北の被災地の方々も、こういう思いをされている方がたくさんおみえなんだろうな、と改めて思い、被災地支援にもしっかり力を入れていこうと思いを強くしました。

 

不安な思いの住民の皆様には大変申し訳なく思いますが、しっかり情報を公開し、皆様のご意見を踏まえて、しっかり進めていきますので、今後ともご理解とご協力をお願いします。


ページのトップへ戻る