三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

障がい者雇用に取り組む特例子会社にお邪魔しました

2012.03.29

今日は、障がい者雇用のモデル例視察ということで、愛知県のある特例子会社にお邪魔しました。
 
特例子会社とは、障がい者雇用を目的にした会社で厚生労働大臣の認可を受けたもの。認可をうければ、雇用した障がい者数は、親会社の雇用率に算入することができるというものです。
 
その会社は、全従業員70名のうち、障がい者が50名、うち身体障がい者18名、知的障がい者30名、精神障がい者2名です。障がい者雇用が進まない中、軽度の身体障がいの方は比較的働く場があるケースがあるのですが、知的障がいや精神障がいの方々の雇用が進んでいない中、この会社は、積極的に知的障がい者の方を雇用しているということでお邪魔しました。
 
業種は、印刷、園芸、ノベルティ商品の販売・箱詰・包装、WEBショップです。印刷に携わる方は全て聴覚障がいの方であり、トラブルが機械に発生してもわかりやすいようにランプをとりつけたり、災害の非常口を示す掲示板の横にはフラッシュライトを設置し、館内放送などが流れて聞こえなくても、目で見て避難できるようにしてあったりなどの配慮が随所になされています。
 
三重県は、障がい者雇用率が全国的に見ても低位にあることから、24年度予算では、この特例子会社を支援する予算も組みました。人材育成、赤字が出ても親会社が理解すること、日々のケア、抵抗感の払しょくなど様々な課題も聞かれましたが、本当に生き生きと皆さんが働いている姿を見て、なんとか県内でも普及させていきたいと改めて感じました。
 
また、施設内の案内を、知的障がいの方にやってもらったのですが、大変分かりやすい説明で、大変感動しました。お聞きしたら、1ヶ月間にわたり、仕事の合間を縫って、朝7時からと昼休み時を活用して徹底的に練習をし、台本を覚えたそうです。
 
その姿を見て、純粋に一つの仕事に懸命になる姿に感動しましたし、私たちが日々忘れてしまいそうな大切なことを思い出させてくれたような気がしました。また、「ずっと働きたいですか」と尋ねたら、19歳の女性が「定年まで絶対働きたい」と笑顔で答えてくれたのが印象的でした。
 
純粋な思いや志に触れた時、人の心に訪れるこの爽快感や希望。
改めてその素晴らしさを教えてもらう機会となりました。本当にありがとうございました。
知事として、三重県の障がい者の方々の思いを遂げることができる、
そんな働く場づくりのため、一生懸命頑張りたいと思います。

三重県農林水産業復興フェア

2012.03.25

昨日、津市のメッセウイングみえにおいて、三重県農林水産業復興フェアを開催しました。

東日本大震災で、三重県漁業は約40億円の被害。
昨年9月の台風12号による紀伊半島大水害では、農林水産業で約200億円の被害。

そんな中を、生産者のみなさんをはじめ、関係者の方々が一致団結して頑張ってきて、
なんとか復活に向かっているぞ、という元気な姿を見ていただきたいと思い、開催しました。

75事業者112ブースを出していただき、土曜の朝にもかかわらず、
なんと1万人を超える方々にお越しいただきました!!

会場では、
「まごの店」で人気の相可高校の「鯛づくし弁当」は、開始40分で完売。
先日、水産庁長官賞をとった外湾漁協阿曽浦地区の「スタミナたいそうめん」も行列行列。
子どもたちが魚を触れたり、水産高校の生徒が子どもたちを指導しての真珠でのペンダントづくり、
などなど、本当にもりだくさんの内容でした!!
もちろん、東北応援ブースも設置しました。

こういう生産者の方々と、県民のみなさんの心が一つになって、
三重県の美味しくて安心安全な食が守られていくのだと思います。

これからもみんなで頑張りましょう!!

紀勢自動車道(海山IC〜尾鷲北IC)が開通しました!

2012.03.20

今日、紀勢自動車道の海山IC〜尾鷲北ICが開通しました。

地元の方はよくご存じですが、
この地域が多雨地域であり、「命の道」である国道42号線が、
台風などの災害で被害を受け、通行止めになることが多いことから、
その代替路として、また救急搬送時間の短縮、つまり、「新たな命の道」として、
併せて、東紀州への誘客などを目的として事業化されており、今回その一部が開通しました!!

平成16年の死者も出た台風21号の際、国道42号線は、まさにこの海山あたりで陥没。3日間通行止め。
昨年の台風12号でも、通行止めが多く発生、熊野市や紀宝町に向かう自衛隊も迂回して時間がかかりました。

また、今回は、この地域が、東海・東南海・南海の3連動地震など巨大地震が発生した場合、
津波に浸水することが予測されることから、
避難場所として活用できるよう、避難用階段なども設置されています。

地元のみなさんの悲願の道です。本当にうれしく思います。
これまで尽力いただいた関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

来年度には、紀勢自動車道全線が開通します。
来年は伊勢神宮の式年遷宮、再来年は熊野古道世界遺産登録10周年という、
三重県観光のビッグチャンスを迎えていますので、
「新たな伊勢熊野路」として大活躍が期待されています。

今回の開通で、名古屋から尾鷲市まで、約2時間で行けるようになります。
これまでの約半分の時間でいけるようになります。近いでしょ!!
ぜひ名古屋をはじめとして中京圏の皆様の東紀州へのお越しをお待ちしております!!


県内避難者の方々との懇談会

2012.03.19

昨日、東日本大震災の被災地から三重県内に避難しておられる方々と懇談会を開催させていただきました。全国で避難されている方々は34万人、現在三重県には約400名の方々が避難されています。
 
今どういうことに不安を感じておられるのか、
今どういうことに困っておられるのか、
私たちができることは何か、
それをみんなで共有して、息の長い支援を、避難者の皆さんに寄り添って対応していくためのきっかけとしようということで開催させていただきました。県や市などの行政機関のみならず、たくさんの支援団体の方々も、日曜日にもかかわらず、たくさんお集まりいただき、本当に感謝しております。
 
避難者の方々からは、

  • 学校給食の放射性物質に関する検査の実施
  • 三重県におけるがれきの広域処理の今後の方針
  • 避難者に対する雇用の確保
  • 県営住宅等の柔軟な対応
  • 甲状腺などの子どもの健康検査
  • 個人情報の管理
  • こういう会合に出てこられない方々に対するケア
  • 今後の避難者に対する情報提供のあり方
  • 避難者の方々や被災地から夏休み等にこれるような保養所の創設
などたくさんのご意見をいただきました。
 
県だけではできないこともたくさんありますが、市町、いろんな団体の方々と力を合わせて、できるものから一つ一つ解決していきたいと思います。
 
避難者の方々も、それぞれにご事情が相当違うという状況も改めて感じました。
行政特有の「一律」に陥ることなく、個々のご事情に可能な限り配慮したきめ細かな対応を心がけて頑張っていきたいと思います。
 
せっかくご縁で三重県に来ていただいたのですから、精一杯支援していきたいと思います。
 
最後に皆さんに三重県に来て感じた、三重県のいいところをお伺いしたところ、
県民の皆さんの温かさ、心の優しさ、親身になってくれる姿、のんびり感などにとても感銘を受けておられ、とてもうれしいと感謝のお言葉もいただきました。
 
一気に解決できなくても、復興を迎えるその日まで、寄り添い続けたいと思います。
県民の皆さんにも力を貸してほしいと思います。


台風12号の被害復旧状況を視察

2012.03.17

今日は、雨の中でしたが、昨年の台風12号で被害を受けた地域において、改めて、復旧工事の進捗状況と今後の工事方法やスケジュールの確認のため、熊野市飛鳥地区、五郷地区、井戸地区、紀宝町井田地区、鮒田地区、浅里地区、高岡地区など、約20か所を現場視察してきました。

 

地元のボランティアの皆さんのおかげで流木などがきれいになっているところや、事業者の皆さんの昼夜を徹した作業のおかげで完成間近の堰堤など、進捗が見られるところもありますし、応急作業ということでは一定進んでいますが、復旧・復興という点では、全般としてはまだまだ道半ばであると改めて感じました。

 

人家に近い箇所を中心に作業を進めています。

しかし、実際に工事に入るには、査定→設計→発注→契約など、準備作業に一定の時間がかかるため、やっと最近工事に着手というところがたくさんあります。

したがって、住民の皆様からみれば、全然復旧が進んでいないではないか、と不安感やイライラ感を募らせてしまう状況でもあると感じました。

そこで、現場でも、市町と一緒になって、住民の皆様にしっかり丁寧に今後の作業方法やスケジュールを説明していくことを改めて指示しました。

仮に完成するのは1年後であったとしても、それが放置されているのではなく、1年後に完成するということを知っていただくことで少しでも安心感を持っていただきたいと。

 

また個人所有の土地だから、なかなかがれきなどの撤去ができないとの事務方からの説明がありましたが、それは個人の方も個人で撤去するのは大変なのだから、むしろ我々が積極的に工事に関連させて、撤去させていただくほうがいいのではないかと、一生懸命頑張ってくれているものの、杓子定規な対応はしないように改めて意識統一をしておきました。

 

まだ着手できていないところは、半年前とそのままの風景のところもありましたので、改めてスピード感を持って対応しなければと思いました。

また、東北の被災地の方々も、こういう思いをされている方がたくさんおみえなんだろうな、と改めて思い、被災地支援にもしっかり力を入れていこうと思いを強くしました。

 

不安な思いの住民の皆様には大変申し訳なく思いますが、しっかり情報を公開し、皆様のご意見を踏まえて、しっかり進めていきますので、今後ともご理解とご協力をお願いします。

頑張れ三重高校!!

2012.03.17

一昨日、春の選抜高校野球の組み合わせ抽選会が行われました。
我が三重県代表の三重高校は、
なんと開会式直後の第1試合で鳥取代表の鳥取城北高校との対戦が決まりました。
3月21日です!三重県みんなで応援しましょう!!
 
先日、校長、部長、監督、主将、エース、キャッチャーのみなさんが県庁にお越しいただいた際、過去に甲子園出場経験のある監督が、
「球場についたらすぐにベンチ裏の狭いところでウォーミングアップして、
5分間ベンチ前でキャッチボールして、
試合始まったかと思ったら、気づいたら5回でしたというような感覚です。」
とおっしゃっておられました。
 
つまり、あれよあれよという間に、物事が進んでいってしまい、
ハッと気づいたら、もう試合も終盤、というくらいに独特な雰囲気だそうです。
雰囲気に呑まれてしまいそうな感覚とのことです。
 
そういうことも踏まえて監督が、勝利の秘訣と聞いたら、
「普段どおりの力をだすこと」
とおっしゃっていました。
 
開会式直後という、すごい雰囲気の中だと思いますが、
実力は十分優勝を狙えるくらいにありますので、
ぜひみんなで応援して、選手のみんなが平常心で戦い、
まず一勝をつかみとれるよう祈りましょう!!
 
頑張れ三重高校!!

3.11

2012.03.11

あの東日本大震災から1年。
今日、三重県の皆様もそれぞれの3月11日を過ごされたと思います。
「もう1年」「まだ1年」、受け止めは様々だと思います。
しかし、復興はまだ道半ばという現実。
そして、被災された方々の心はまだまだ癒えないという現実。
 
今日は午前中、みえ災害ボランティア支援センター主催のフォーラムに参加し、
参加者の皆さんと、息の長い、個々の状況に合わせた支援をしていくことを誓い合いました。
いろんな形で支援を続けてくださっている皆さんが支援団体連絡会を発足してくれました。
行政として、支援を続けてくださる皆さんが、息長く活動していただけるサポートをしていきます。
 
午後は、第63回三重県消防大会。
第2部として、政府主催の追悼式典を映像でつなぎ、天皇皇后両陛下とともに、
14時46分に黙とうをさせていただきました。
東京国立劇場の会場でも、三重県とつながっていることをご紹介いただきました。
そして、先日手術を終えられたばかりの天皇陛下のお言葉を賜りました。
「国民皆が被災者に心を寄せ、被災地の状況が改善されていくようたゆみなく努力を」
「この大震災の記憶を忘れることなく、子孫に伝え、防災に対する心掛けを育み、安全な国土を目指して進んでいくことが大切」
と全国民に呼びかけてくださいました。
天皇陛下のお言葉を聞き、改めて、復興を迎えるその日まで、
しっかりと支援をしていかねばならないと思いを強くしました。
 
支援の中には、難しい課題を抱えているものもあります。
この1年という日を迎え、改めて被災地の方々の気持ちに思いをはせ、
難しい課題であっても、決して逃げることなく、しっかりと向き合い、
みんなで知恵を出し、結論を出していかねばなりません。
そのために、私自身も、たゆまぬ努力を、しっかりと続けていきたいと思います。
 
東日本大震災で失われた尊い命から、私たちは多くの教訓を得ました。
その教訓を、私たち三重県民がしっかりと受け止め、
今後の命を守るための行動につなげていかねばなりません。
その主役は、県民の皆様です。
もちろん私たち行政も全力で取り組みます。
東日本大震災で亡くなられた方々の尊い命に報いるためにも、
災害発生時に一人でも多くの方の命を守るため、ともに努力をしましょう。
何卒宜しくお願い致します。


コミュニティスクール

2012.03.10

報道で、3月11日の政府主催東日本大震災追悼式典に天皇陛下がご出席になられるとのことで、大変うれしく思いますし、安堵しました。三重県も、第63回三重県消防大会を実施予定ですが、内容を変更して、政府主催の追悼式典を映像で流し、14時46分に、天皇陛下や総理とともに黙祷し、その後天皇陛下のお言葉をお聞きできるようにしました。
 
さて、先日、津市立南が丘小学校にお邪魔しました。
南が丘という地域は、大規模な新興住宅地と昔ながらの地域が混在する地域です。その点で、地域の絆づくりなどを大変ご苦労されていた中、平成14年から、「学校づくりは地域づくり」との考え方のもと、地域の皆さんで「南が丘地域教育委員会」を作り、学校と「緊張感ある協働」を行い、県内初のコミュニティスクールとして実践されてきました。
 
私は、県内の小中学校で、コミュニティスクール、学校地域支援本部、学校評価システムなど、手法は地域ごとに一番合うものを選択していただければいいのですが、なんらかの形で、地域が学校に積極的に関与していく形にしていきたいと考えています。学校の先生たちには、先生にしかできない役割がたくさんあるので、その点で子ども達と向き合う時間をたくさん確保し、それ以外のことは地域全体で支えていく。
 
今月中には完成します「みえの子ども白書(仮称)」でも、「自分が大切にされていると感じる」子どもほど、「将来この地域に住み続けたい」という割合が高いので、地域で支える学校が増えることで、子ども達が地域全体から大切にされていると感じることで、今度は将来的に自分たちが地域に住み続け、地域を支えていく存在になっていく、そんな循環を作り出したいと考えています。
 
 南が丘小学校は、熱い思いをお持ちの地域の方々がおみえで、その方々のおかげで大変すばらしい取組となっています。県内で展開していくには、こういう熱い人材の発掘などが大きな課題となりますが、現場の皆さんのご意見も聞きながら、何より子ども達のために進めていきたいと考えています。
 
 また、南が丘小学校は、平成15年にこられた民間人校長の強い思いから、小学校1年生から英語の授業をやっておられ、その授業も参観させてもらいました。私も一緒に英語でのお買い物ゲームに参加しました。子ども達が本当に楽しそうに、文法とかそういう堅苦しいことからではなく、コミュニケーションの中で英語を習得していくという取組で大変参考になりました。
 
 家庭、地域、学校が一体となって進めていかねばなりません。どこかにだけ責任があるのではなく、大人みんなが当事者です。県民の皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

海女文化

2012.03.09

なでしこジャパン、準優勝、頑張りましたね!
試合をテレビで見ていましたが、最後はすさまじい展開でした!!

先日、全国の地方新聞社で構成される「地域再生大賞」実行委員会が主催する「地域再生大賞」の優秀賞を受賞された鳥羽市相差の「はちまんかまど 兵吉屋」の皆さんにお越しいただきました。現役3名の海女の方々もご一緒でした。
この賞は、今年で2回目。昨年は、三重県からは相可高校の「まごの店」が受賞しました。
 
海女文化は、海外の観光客の皆さんにもとても人気です。私が海外の方に三重県のことをプレゼンして、とても反応がいいコンテンツのひとつが海女です。
この兵吉屋さんのところにも、昨年は毎日のようにたくさんの観光バスが何十台と来て、7000名弱の観光客がこられているようです。その中でも、外国人の方もたくさんこられているそうですが、外国人の方が海産物だけではなく、お餅を「ライスケーキ」と喜んで食べられるそうです。
 
三重県としては、海女文化を、まず三重県指定の無形文化財に指定するための取組を進めています。その後は、私の思いとしては、文化庁にお願いして、国の指定をいただき、その後、ユネスコにも申請していきたいと考えております。
 
4月に三重県で開催する紀伊半島知事会議(奈良県、和歌山県、三重県の知事の集まり)においても、海女小屋を体験してもらい、どんどんPRしていきたいと思います。


 


ページのトップへ戻る