三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

紀和町へのIターン学生

2012.02.28

この度の報道により知事就任前のことでご心配をおかけし、県民の皆様に対して心苦しく思っております。
今後とも、県民の皆様のため、三重県のため、より一層一生懸命取り組んでまいりますので、宜しくお願い申し上げます。
 
さて、先日、第2回雇用創造懇話会を開催しました。
その際、ゲストとして、紀和町ふるさと公社にIターンしてくれた松尾さんに来ていただきました。

松尾さんは、佐賀県武雄市出身、
名古屋大学法学部に在学中、紀宝町のミカン農家に3ヶ月半の長期インターンシップ。
それがきっかけで、昨年4月から熊野市の財団法人紀和町ふるさと公社に就職。
特産品販促などに取り組んでくれています。

インターンシップ中には、情報発信を担当し、300万円の売上アップも実現したとか。

若者がどんどん流出してしまっているまちの現状を見て、
「何か自分にもできることがあるかもしれない」
「やっぱり、東紀州が好き」
「一緒に頑張りたいと思える人たちがたくさんいる」
との思いから、就職を決めたそうです。

現在は、「熊野ならでは」の地域性を「よそ者視点」で情報発信することに力を入れているそうです。
実際に働いてみて、地域にはたくさん魅力があるので、それをどう発信できるか、どう見せるかで結果が決まることを痛感しつつ、地域の皆さんの期待の大きさも感じているそうです。
 
とても素晴らしい話をお聞きできました。

「自己肯定感」を感じにくいと言われている若者たちが
「自分たちも期待されている、信頼されている」と実感できる場所。

地域の現状は厳しいけど、今だからこそ、そういう地域において、
こういう思いを持った若者を受け入れることができる雰囲気ができ、
チャンスなのではないかと、松尾さんの言葉に思いました。

また、インターンシップも、大学生レベルであれば、
短期ではなく、成功体験も失敗体験も両方ちゃんとできる長期インターンシップが、
学生にとっても、受け入れ企業にとってもいいということも改めて実感することができました。
 
今後の雇用政策を考えるにあたっての大きな参考となりました。
とともに、地域のみなさんと一緒になって、
Iターンしたいと思える若者を増やしていくような取り組みもしっかり検討していきたいと思います。

第5回美し国三重市町対抗駅伝大会

2012.02.19

本日は、標記大会を開催しました!
素晴らしいお天気のもと、県庁前から伊勢市の県営総合競技場までの
10区間42.195キロを、市町代表の29チームが走り、熱戦を繰り広げてくださいました!

優勝したのは、市の部は四日市市、町の部は川越町、いずれも初優勝です!!
選手のみなさんの日頃の成果とチームワークの成果だと思います。
おめでとうございます!!

この駅伝は、小学生から社会人まで、区間ごとに年齢枠を設け、また男女も半々です。
世代の絆、地域の絆をタスキでつなぐ、素晴らしい大会でした。

特別ゲストで参加していただいた三重県出身の瀬古利彦さんも終了後、
「三重県人でよかったなと思える、あったかい大会でした」
とおっしゃってくださいました。

またゴールとなった県営総合競技場では、県内のご当地グルメが大集合し、
昨年25ブースからの2倍となる50ブースが出展し、盛り上げてくださいました。

市町村合併を踏まえた交流をという目的からスタートしたこの大会ですが、
目的については、年数がたち、時代を経て少し見直しが必要かと思いますが、
手法について、競技力向上や三重県の一体感醸成のためにもっともっと活用できるよう改善しながら、もっともっとみなさんに楽しんでいただけるように努力していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

三重県は、瀬古利彦さん、野口みずきさんなど、
日本の一流ランナーを輩出しています。
この駅伝に参加した選手の中から、
将来のオリンピックなどで活躍する選手や
平成33年に三重県で開催する国体で活躍する選手が
どんどん出てくることを期待しています。

改めて、各市町、三重陸上競技協会、特別協賛のJAバンク三重様、中日新聞様、三重テレビ様、三重FM放送様、また支えてくださったたくさんのボランティアの方々など、関係者の皆様に感謝申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

<第5回結果>
http://mierk.jp/pref_ekiden/index.htm

第5回美し国三重市町対抗駅伝

天皇陛下の無事をお祈りして

2012.02.19

昨日、天皇陛下が冠動脈のバイパス手術を無事終えられました。
安堵いたしましたとともに、無事にご退院されることを心からお祈り申し上げます。

さて、天皇陛下にお見舞いの記帳をされたいという県民の皆様にご活用いただけるよう、
県庁に、天皇陛下がご退院されるまでご記帳台を設けます。

場所は、平日は県庁本庁舎正面玄関、土曜日及び日曜日は県庁本庁舎東玄関です。

受付時間は、午前9時から午後5時までです。

既に、土曜日に約80名、本日も既に約130名の方々がご記帳に来ていただいています。
一人でも多くの県民の皆様と天皇陛下のご無事をお祈りしたいと思います。

ナイトスクール

2012.02.17

一昨日、津市の一身田中学校が取り組む「ナイトスクール」にお伺いしました。
 
「ナイトスクール」とは、部活動のために放課後学習に参加できない子ども、クラスで授業カリキュラムについていけない子ども、様々な理由で自宅では学習できない子どもたちを対象に、地域のみなさんで構成する「サポーターいっちゅう」の皆さんが運営しています。
 
毎学期週2回19時から21時まで、数学・英語を教えます。70名を超える生徒が参加しています。
スタッフの方は、地域の教員OB、大学生などなど20名くらいの方々が、自習する子どもたちの質問に答えたり、プリントを添削したり、受付や運営業務をするなど助け合っています。
 
子どもたちからは、
「授業についていけなくなった部分を学校では恥ずかしくて聞けない」
「(家庭の事情などで)家では全く勉強できない」
「塾になじめない」「クラス以外の友達と一緒に勉強できる」「担任と違う先生に教えてもらえる」
「ゆっくり自分のペースで勉強できる」「受講料負担が小さい(月2000円)」
との動機で利用し、
「オール1がオール3になった」「高校に進学できた」
などの効果があがっているそうです。
 
また、「サポーターいっちゅう」のみなさんは運営費をかせぐため、23年度、県下初の取組である飲料用自販機を校内に設置しました。これらのみなさんの取組は、平成23年度「地域による学校支援活動」として文部科学大臣表彰を受けられました。
 
大変素晴らしい取組でした。
地域の方々のおかげです。こういうキーマンを探して、全県にも展開していきたいと思います。
僕も親が共働きで、地域の方に支えてもらって、今があります。
どんな家庭に生まれても、どんな地域に育っても、どんな学校に通っても、
すべての子どもたちが、学力と規範意識を身につける機会を保障しなければなりません。
その環境整備につながる取組と感じました。
 
そして何より子どもたちがとっても楽しそうに勉強していたことがうれしかったです。
そんな子どもたちの笑顔をもっと広げたいと思います。

一身田中学ナイトスクール

今日から議会がはじまりました

2012.02.15

今日から県議会がスタートしました。
会期は6月27日までの134日間です。しっかり頑張ります!
 
冒頭、今回提出している議案に関する説明として知事提案説明を行いました。
今回提出している議案の中で最も重要な案件は、やはり24年度当初予算です。
一般会計6693億円、私が昨年就任して肉付けした予算の前年6月補正後と比較して2.0%減。
規模としては、平成6年以降、約19年で一番小さい規模です。
現在の経済状況、行政関与を減らす、そういうものも踏まえ、なるべく小さいものとしました。
 
しかし、やるべき対策にはしっかり予算を投入する必要があります。
特に、防災対策や災害復旧関連では、過去に比べても相当大きな予算としました。

特にメリハリをつけて経営資源を投入する「選択・集中プログラム」は、
昨年までの「重点的な取組」と比較すると、
取組本数は33本から16本へ絞り込みましたし、
防災対策の割合は、14%から31%に大幅にアップさせました。
その他、厳しい財政状況の中ですが、観光、経済、教育、スポーツなど、
三重県をパワーアップさせていくための取組についても計上させていただきました。
詳しくはこちら:http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/201202016220.pdf
 
24年度予算は、社会保障関係経費と過去の借金返済である公債費が増加する一方、
災害関係経費や法人2税の落ち込みなどで相当厳しい財政状況の中で編成しました。
社会保障関係経費と公債費は、これから直近4年間でも、毎年約100億円ずつ増える計算です。
徹底した事業の見直しでは、三重県版事業仕分けの結果、
事業費ベースで239億円(県費ベースでは42億円)を削減しました。
 
そのような中、どうしても足りない財源について、
三重県では初めてのこれまでに前例のない一般職員の給与削減(32億円)を実施します。
財政や経済の厳しい状況について、県民の皆様への影響を最小限にしようと、
職員のみんなも協力してくれることとなった結果であります。
その結果、人件費は、3.2%減の2211億円です。
 
県債発行は、退職手当債で32億円、緊急防災・減災事業債で20億円、災害復旧事業債で15億円など、前年度より100億円増加しました。県債残高についても、24年度末で1兆2929億円。
私は、将来世代にツケを回さないため、県債のうち、発行にあたって県の裁量のない臨時財政対策債(国が決める)や災害復旧事業債などを除いた部分について、平成23年度末の残高(8175億円)より、平成26年度の残高を減らし、県債残高を減少傾向に持っていきたいと考えています。
 
そこで、今回「三重県行財政改革取組(最終案)」の中で、
中期財政見通しとして、
何も歳出削減をせず自然体でやっていくケース、
上記県債残高を減少傾向に持っていくケース(2つ)、
収支均衡を目指すケース
の4つを示しました。
 
その結果、公共事業を毎年3%減少、施策別財源配分経費を毎年10%減少、という厳しい歳出削減を行うと、県の発行裁量余地のある県債残高を26年度末には減少傾向に持っていけるという試算となりました。これは実際の景気変動などで変化しますし、これで財政を拘束するものではありませんが、今後の財政再建に取り組むにあたっての一定の目安となります。
 
しかし、予算編成プロセスでは、
モグラたたきのように1つ1つ査定をして、削減していきましたが、
もっと根本的に、歳出が増えないような仕組み、無駄が削られていく仕組み、
こういうものを考えていかねばならないと痛感しています。
国内外の事例を参考にしたり、専門家などの意見も聞いて、
そういうプロセスの見直しも進めていきたいと考えています。
 
いずれにしても、将来の三重県民の皆さんにツケをなるべく回さず、
そして、現役の県民の皆さんにも、幸福を実感していただけるような財政となるよう、
県庁一丸となって取り組んでまいります。

三重県観光記者発表会及び交流会

2012.02.13

今日は、三重県観光記者発表会及び交流会を大阪で開催してきました。
先日2月1日は東京で開催しました。

この会は、
毎年、その年の観光トピックの紹介やポスター発表を行います。
対象者は、東京や関西のメディアの方、旅行業者、旅行雑誌などの方々です。
つまり、情報発信を職業とされている方々が対象です。

その方々に、三重の取組を知ってもらったり、
交流会では、県内の自治体、ホテル、観光施設、飲食店などが出展し、
三重の素晴らしい食などを提供していますので、
それらを味わってもらって、三重の魅力を「予感」していただくという趣旨のものです。

東京会場は、41事業者が出展、昨年より多い約330名のメディア等の方が参加、
大阪会場は、45事業者が出展、約200名のメディア等の方が参加してくださいました。

まだまだ三重の物産や食は、いいものであっても知名度が低いので、
こういう機会をとらまえて、「共感者」を増やしていこうと思っています。

薄く広く砂漠に水をやるような取組を行うより、
こういう形で、コアの「共感者」をつくることに主眼をおいています。
人間は共感すると、
@誰かに伝えたくなる
Aその共感したものをもっと良くしようと行動したくなる
と思います。
ですので、「共感者」を大切にしていきたいと思います。

24年は三重県観光にとって大変重要な年です。
25年の伊勢神宮式年遷宮、26年の熊野古道世界遺産登録10周年などの
ビッグチャンスを前に、いかに知名度をあげるか。
その情報発信にとって大切な年なので、上記のような戦略でしっかり頑張っていきたいと思います。

お忙しい中、お越しいただいたメディア等の皆様、
そして出展していただいた県内の方々、
駆けつけていただいた観光大使、県人会、みえパートナーズフォーラムの方々など、
本当にありがとうございましたm(__)m

G1サミット@東北

2012.02.12

今日は、G1サミットというイベントに参加させていただきました。

G1サミットは、グロービスの堀義人代表をはじめとした方々の提唱によるもの。
各界で活躍するそうそうたるメンバーの方々が参加されていました。
G1サミット:http://g1summit.com/
(まだ今回のものについてはアップされていないようですが雰囲気だけでも)
 
私は、その最終セッションの全体会というところで、
33歳で史上最年少での東証一部上場を果たした携帯ゲームで有名なGREEの田中良和社長(34才)、
25歳で史上最年少での世界七大陸最高峰を登頂したアルピニストの野口健さん(38才)、
そして、現在全国最年少知事の私(37歳)
という3人でのパネルディスカッションをさせていただく役割でした。

それぞれが今取り組んでいること、そして30代という年代のことなどを幅広く議論しました。
 
私からは、

  • 県庁を県民の方々から、心から「役所」と感じていただける存在に。「役所」とは「役に立つ所」。世間の批判で誤解されている方がいるかもしれないが、公務員は能力が低いのでは決してない。とても優秀。しかし、その組織を支配している価値観やカルチャーが、一部時代にそぐわなくなったり、変化のスピードに追い付いていないということ。職員が頑張れる価値観やカルチャーに変えていくことにチャレンジする。価値観やカルチャーの典型例が人事と予算。この仕組みを見直す。今年には結論を出す。
  • 県民の皆さんの意識改革も重要。県民の皆さんは、行政サービスの顧客であるのは間違いないが、もっと大切なことは三重県づくりの主体であるということ。顧客という意識を強く持っていただき過ぎた面があるのではないか。顧客から主体へ。自分たちの地域、家族、仲間のために、自立し行動する、アクティブシチズンをキーワード。
  • 東日本大震災などの大災害を経て、日本経済が沈んでいても、世界経済は日本が復活するのを待ってはくれない。であれば、東日本と比べて被害が少なかった三重県が日本経済をリードしていく基盤を創っていかねばならない。三重県は一人当たり製造品出荷額が日本一。その可能性が十分にある。
 
議論の中で、「30代は若いのか」ということになり、3人とも共通で、全然若くないと意見が一致しました。
特に、田中さんは、インターネットの世界では、FACEBOOKの社長も、活躍している人はみんな20代だと指摘。
また、田中さんの会社は、世界全体で毎月100人の新規雇用をしているというすさまじい勢いです。
 
パネルディスカッション以外にも、久々の方々との再会やたくさんの新しい方との出会いがあり、大いなる知的刺激と人的刺激を受けてきました。
人は人から共感すると改めて感じてきました。
この刺激をまた明日からの県政に生かしていきたいと思います。
 
場所が青森県八戸市だったのですが、帰りの新幹線は満席でした。
盛岡や仙台でも乗り降りがたくさん。
東北にこうやって多くの方々が訪れることを、うれしく思いました。
そして、B級グルメの研究のため、いつもB1グランプリで上位に来る
「八戸せんべい汁」風味のふりかけを買ってきました。

中勢バイパス開通式&鈴カレーグランプリ

2012.02.05

国道23号線中勢バイパス津松阪工区(3.9km)の開通式典に参加しました。
国土交通省、関係市町、用地を提供してくださった地権者のみなさん、
地元自治会のみなさん、施工業者のみなさん、たくさんの方々のご尽力のおかげ。
改めて感謝申し上げます。

国道23号線の渋滞緩和に威力を発揮するのはもちろんのこと、
23号線は、海抜の低い地域にありますので、
津波、豪雨による冠水などが心配される中、
そういう災害が発生した場合の緊急輸送等の代替路としても期待されます。

また、企業誘致をやっていて実感するのですが、
立地を決めてもらう決め手の一つが道路アクセスです。
知事に就任してからも数社立地決定した久居ニューファクトリーや中勢北部サイエンスシティなど、
付加価値の高い産業や研究施設の立地に向けて好材料ができたことにもなります。

しかし、道路はつながって初めて機能を発揮します。
まだ鈴鹿市内の工区などで目途がついていないところがありますので、
早期の事業展開と供用開始に向けて引き続き頑張ってまいります。

午後は、鈴鹿商工会議所創立65周年記念行事の一環での
「鈴カレーグランプリ」にプレゼンテーターとして参加しました。

鈴鹿の市民の方々が、鈴鹿の産品を使ったカレーレシピを公開し、
そこに一般の方が投票するという部門と、
鈴鹿市内の美味しいレストランなどが自慢のカレーメニューを競う部門がありました。
前者は、153のレシピの応募があり、約3500名の方が投票してくれました。
結果、1位になったのは、
「カレーの残りでつくったカレーうどん」。

私は、前日はカレーライスで幸福、翌日は和風テイストを加えてカレーうどんで幸福、
2回も家族が幸せを感じる「幸福倍増カレー」と名付けました。

たくさんの市民の方が来場してくださっており、
会場は歩く隙間もないほどでしたし、すごい熱気でした。
関係者の皆様ご苦労さまでした。

初めての企画でしたが、今後鈴鹿の、いや三重県の名物イベントになる予感(?)も。。。
それくらいすばらしい盛り上がりでした!!

東北支援のお願い(映画「エクレール・お菓子放浪記」)

2012.02.04

今日、映画「エクレール・お菓子放浪記」の特別試写会に参加してきました。
私は、この映画の「三重県上映推進委員会 名誉会長」を務めています。

この映画は、戦争により孤児となった一人の少年が、
様々な人々や出来事と出会い、
たくさんの人から与えてもらった希望を、
これからは自分が与えていかねばならないんだと気づき、
お菓子で人々を元気や幸せにしていく人間に成長するストーリーです。

この映画のロケは、東日本大震災が起きる前、宮城県を中心に行われました。
特に、石巻市でのロケが多く、それに参加したエキストラの方々も犠牲になられました。

昨年、この映画の総合プロデューサーの鳥居社長から
三重県での上映に協力してほしいとの要請があり、
この映画の宮城県上映推進委員会の名誉会長を親交のある村井宮城県知事が務めていたこと、
このチケットについて1枚あたり100円が東北への義援金になること、
そして、何より、私も被災地にお伺いした経験があり、
あの壮絶な姿を見て、まだまだ復興が道半ばであると実感していたので、
なんとしても力になりたいと思い、お引き受けいたしました。

三重県では、東日本大震災から約1年となる3月15日の津市での上映を皮切りに、
県内で上映をしていきたいと思います。
そのために、各市町で上映推進委員会を発足していただき、
地域のみんなで応援していただきたいのです。
既に、四日市、松阪などで動きがあると聞いて、喜んでいます。

ぜひ一人でも多くの方にご覧いただき、一緒に東北を応援しましょう。
昨年の三重県で甚大な被害をもたらした台風12号でも、
東北からもたくさんの方がボランティアに来ていただきました。

みんなつながってるんです。
みんな支え合っているんです。
みんな絆があるんです。

これまでも三重県の方々が、たくさんの東北支援をしていただきました。
三重県知事として誇りに思っているところです。
しかし、年月がたち、あの経験を風化させてはいけません。
三重県にいて応援できる方法です。
支援の輪で、三重県が一つになれるよう私も頑張ります。
みなさん力を貸してください。

<エクレール・お菓子放浪記ホームページ>
http://www.eclair-okashi.com/

ドクターヘリ運航開始

2012.02.03

雪がすごいですね!
県内でも事故などが発生しています。
十分お気を付け下さい。

2月1日、三重県初のドクターヘリの運航開始式を行いました。
三重県は南北に長く、離島や中山間地域も多く、救急医療について厳しい状況です。
また、人口10万人あたりの病院勤務医師数も全国44位と大変深刻な状況です。

その状況を少しでも改善し、県民のみなさんに安心感をもっていただくため、
今回ドクターヘリの導入に至りました。

県内すべての地域に35分以内に到着することができ、
重篤患者の搬送や高度医療を受けるための転院などの役割を担い、
救命率の向上、1人でも多くの命を救う、そういうことに貢献できればと思っています。

現在、各消防本部で訓練を行い、完了した消防本部から運航開始をしています。

命より重いものはない。そう強く信じています。
県民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。



ページのトップへ戻る