三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

阪神淡路大震災から25年経ちました

2020.01.17

阪神淡路大震災から25年。6434名の失われた尊い命、心から哀悼の意を表します。発生時刻の5時46分に黙祷をしました。

あの日、僕は大学一年生で東京にいました。テニスサークルの朝練に行こうと思って起きようと思ったら、サークルの友人から電話。「お前の実家あたりがえらいことになってる!」と。驚いてテレビをつけ、信じられない光景。母に電話するもつながらず。

知人も亡くなりました。折れた高速道路は当時の実家から自転車で10分ほど。1年前の浪人時代に1期生として過ごした真新しかった予備校の校舎は倒壊。母校の体育館はご遺体を置く場所に…………。地震の脅威をまざまざと見せつけられました。

三重県も、南海トラフ巨大地震などへの備えを進めていますが、大規模なプレート型地震と前後して直下型地震も起きることが多いので、ともに備えを進めていきたいと思います。

私たちは、いつか起こる災害と災害の間、いわば「災間(さいかん)」を生きています。防災への取組を特別のものとせず、日常から取り組む「防災の日常化」を、自助、共助、公助のあらゆる側面で進めていきたいと思います。

今年のお正月三が日の観光入込客数が、過去最高となりました‼️

2020.01.09

三が日の観光入込客数は、1,281,075人で、昨年比で74,177人の増加(前年1,206,898人、対前年比106.1%)。

各観光施設で、令和最初のお正月のチャンスをつかもうと創意工夫され、様々な新春取組が実施されたことに加え、冷え込みも少なく天候に恵まれたことから、お正月三が日について、14施設で昨年を上回る人出がありました。

「2019ナビタイム スポット検索ランキング」で全国1位となった伊勢神宮では、令和になって初めての初詣として、三が日ではピークであった平成26年以降で最多の参拝客が訪れました。

この勢いを更に加速させる1年にしたいと思います‼️

令和最初の初競りにお邪魔しました‼️

2020.01.04

日曜日で、やや品薄ではあったものの、新鮮な魚の数々で、市場関係者の元気いっぱいの声が響くいていました。知事が初競りに行くのはこれまでなかったようですが、市場のみなさんも、厳しい環境の中、頑張ってくださっているので、令和の節目にあたり、ともに頑張っていきたいとの思いでお邪魔しました。

今年は東京オリパラもありますし、三重県の食をしっかり売り込んでいきたいと思います‼️


横浜DeNAベイスターズ伊藤裕季也選手の後援会発足式にお邪魔しました‼️

2020.01.04

三重県四日市出身で、昨シーズンにドラフト2位で、横浜DeNAベイスターズに入団した、伊藤裕季也選手の後援会発足式にお邪魔しました‼️
 
筒香さんも大リーグに行くので、うまくチャンスをつかんで、令和の時代を代表するバッターになって欲しいと思います‼️


あけましておめでとうございます

2020.01.01

皆様におかれましては、令和最初のお正月を健やかにお迎えのことと思います。
 
今年も、妻とともに、皇居にて新年祝賀の儀に参列させていただきました。天皇皇后両陛下になられての最初の新年祝賀の儀でしたので、より気持ちの改まる、そして清々しい気持ちとなりました。今年の歌会始には、全国から10首選ばれた歌の中に、三重県四日市の方も選ばれ、大変喜ばしく、幸先のよい新年となりました。
 
また、正確な数字は追って発表となりますが、昨年の伊勢神宮参拝客数は、当初の900万人予想のみならず、年の途中で上方修正したものも更に上回り、970万人に達する見込みです。台風などによる市内の浸水被害もありましたが、関係者の皆さんの日頃のたゆまぬ努力、令和の幕開け、せんぐう館リニューアルなど重なり、遷宮のあった平成25年、その翌年の平成26年に次ぐ、過去3番目に多い数となりました。三重県としては、これらのチャンスを県内周遊につなげていきたいと思います。令和最初の初詣には、ぜひ伊勢神宮にお越しください。
 
では、皆様にとって、今年が輝かしい年になりますことを祈念申し上げ、また今年も多くの皆様からご指導ご鞭撻を賜ることをお願い申し上げます。



ページのトップへ戻る