三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」RSS配信サービスを利用する

想った事や感じた事、活動などをご報告していきます。(2012年1月スタート!)

令和最初のミシュランガイドは、三重県はじめ東海3県!5月17日発売です!

2019.05.15

ミシュランの基準を満たしたとして628軒のレストランやホテルが掲載される中、愛知302軒、三重209軒、岐阜117軒と、店舗数などの母数を勘案すれば三重県の店舗はたくさん掲載していただきましたし、旅館・ホテルは東海3県で最多掲載となりました!

ぜひ多くの方に掲載されてる店舗をはじめ、この地域に訪れていただきたいですし、私たちも店舗の皆さんと手を携えて頑張っていきたいと思います!

三重県では、私が知事に就任した平成23年度から、観光審議会の委員に日本ミシュランタイヤのデルマス会長に入っていただいていたので、この日が来て、本当に嬉しく思っています。






春の全国交通安全運動がスタートしています

2019.05.12

交通安全対策には、もうこれで良いということはありません。

一瞬の不注意、一瞬の緩みが、尊い命を奪い、多くの人の人生を大きく変えてしまう重大な事態につながることをみんなで改めて認識し、特に子どもと高齢者の交通死亡事故をなくしていくため、県民の皆様としっかり運動を展開していきたいと思います。

皆様のご理解ご協力をよろしくお願い致します。

三重県のゴールデンウィーク期間中の主要観光施設の入込客数が、初めて300万人を超えました!

2019.05.11

対前年比42.4%増の3,002,858人で、1日当たりも対前年比28.2%増となりました。

県内すべての地域で前年を上回り、特に伊勢神宮のある伊勢志摩地域は88.4%増、世界遺産15周年を迎えた熊野古道がある東紀州地域は41.5%増となりました!

改元や10連休などの影響もありましたが、志摩スペイン村25周年など各施設が創意工夫で頑張っていただいたことが功を奏したと思います。

この勢いを持続できるよう、官民一体でこれからも頑張っていきたいと思います!ぜひ夏休みなど三重県にお越しください!!

「令和」時代の幕開けです

2019.05.01

「令和」時代の幕開けです。天皇陛下が、皇位を継承され、御即位されました。県民の皆様とともに心から慶びあい、祝いあいたいと思います。「即位後朝見の儀」における初めてのお言葉では、決意みなぎる大変に力強いお言葉で、心から感銘を受けました。

また、平成から令和への橋渡しとなる節目の年に、三重県知事の職責を担うことができることは光栄の限りであり責任を強く感じ、身の引き締まる思いです。

新たに御即位された陛下におかれましては、これまで18回にわたり御来県賜っています。
平成25年には、今年世界遺産登録15周年を迎える熊野古道の馬越峠をお歩きいただきました。私もお供させていただきました。
 平成30年には、インターハイのため御来県賜り、写真はその際のものです。神宮を参拝される凛々しくお優しいお姿です。

令和の御代の平安と皇室の弥栄を祈りつつ、新たな時代が、平和で夢や希望に満ち溢れ、多様性や包容力を大事にする時代となるよう、皆様とともに取り組んでいきたいと思います。

陛下は、今秋の即位礼及び大嘗祭後に御来県なさる予定です。来る行幸啓が陛下の御心に残るすばらしいものとなるよう祈念し、県民の皆さんとともに御来県の日を心からお待ち申し上げます。




 



天皇陛下が御退位されるにあたり、180万県民を代表して衷心より感謝申し上げます

2019.04.30

天皇陛下が御退位されるにあたり、常に国民に寄り添い歩んでこられた陛下に、180万県民を代表して衷心より感謝申し上げます。陛下の最後のお言葉も、リアルタイムで謹んで拝見させていただきました。国民への感謝をおっしゃっていただき、本当に感謝に堪えません。三重県庁にて、感謝の意を県民の皆様にお示しいただくための記帳所を設け、雨の中でしたが、300名の県民の方にお越しいただきました。私も心を込めて記帳させていただきました。

国際情勢や社会の在り方が刻々と変化した平成の時代にあって、陛下は、常に平和を念願してこられました。私は平成23年に知事に就任して以来、全国戦没者追悼式や新年祝賀の儀に欠かさず参列し、陛下の変わらないお姿を拝見するたびに、我が国の平和と一層の繁栄のために力の限りを尽くす決意を新たにしてきたところです。平成の御代は戦争のない時代として歴史に刻まれることになると思いますが、平成に続く令和の時代が恒久の平和の時代となるよう、陛下のお姿やお言葉を胸に、責任ある行動でしっかりと取り組んでまいります。

天皇皇后両陛下が、幾久しく、お心穏やかで健やかにお過ごしになること、皇室の弥栄を心からお祈り申し上げます。

 


ページのトップへ戻る